ただのメモ帳でないEvernoteとは?仕事でのおすすめの活用方法7選

CXBOTTLE編集部
223

Evernoteとは?


皆さんはEvernoteという言葉を聞いたことがあるでしょうか。"Evernote"とは、ノートを取るようにテキストや画像、文書など大切なものを何でも記録しておくことができるツールです。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末で同期することができるので、必要な時にいつでもどこでも作業できます。今回はEvernoteとは何か、詳しい活用方法をご紹介しますので、ご自身にぴったり合う使い方を探してみてください。

Evernoteの料金プランとは?

Evernoteには、無料であるベーシックプランと月額600円のプレミアムプラン、月額1,100円のビジネスプランがあります。基本的な機能はベーシックプランでも問題ありませんが、同期できる台数や月間アップロード容量に差があります。

ベーシックプランの特徴は料金が無料なことと、データを同期できる端末台数が2台までと決められていること、ノート上限サイズは25MBで月間アップロード容量は60MBであることです。

スタンダードな使い方をしたい方にはおすすめですが、動画や音楽など容量の大きいものを保存したい方にはプレミアムプランがいいでしょう。

プレミアムプランは月額600円ですが、その特徴はデータを同期できる台数に制限がないことと、ノートの上限サイズは200MB、月間アップロード容量は10GBであることです。

そしてビジネスプランは法人向けのプランです。共有スペースで共同作業したりチームの作業履歴を確認することもできます。月間1ユーザーあたり1,100円で、データを同期できる台数に制限はなく、月間アップロード容量は20GBに加え1ユーザーあたり2GBが追加されます。

仕事でEvernoteを活用する7つの使い方とは?

Evernoteは活用方法が多彩です。具体的にはどのような活用方法があるのか、仕事においてより便利な使い方とはどのようなものなのかをまとめましたので、参考にしてください。

1:紙の資料を保管する


Evernoteには必要な情報を記録しておくことができます。そして記録しておくことでのメリットとして、時間の節約になることが挙げられます。紙の資料だと、欲しい情報を過去のものから探し出す際、非常に時間がかかります。

しかしEvernoteならば便利な検索機能があり、キーワードを入力するだけで瞬時に情報を探し出すことができます。時間の節約になり余計なストレスも生まれず、より生産性の高い仕事につながるでしょう。

2:名刺情報を管理する


仕事上で名刺交換はつきものですので、膨大な数の名刺を持っており管理しきれなくなってきたという方は多いのではないでしょうか。Evernoteは、名刺管理にも最適です。

プレミアムプランやビジネスプランでは、名刺スキャンという機能があり、氏名・役職・会社名等の情報と名刺の画像を簡単に連絡先ノートに保存することができます。使い方は簡単で、スマートフォンかタブレット等の端末を使用し、名刺をカメラで撮影するだけです。

Evernoteはノートを作成した場所や日時などの情報も記憶するので、名刺交換をしたらできるだけ早く名刺をスキャンすると後からの検索も簡単になります。

3:メールを保存する

Evernoteは、1アカウントごとにEvernote用転送メールアドレスが付与され、このメールアドレスにメールを転送することでその内容がEvernoteのノートとして保存されます。

この機能を使うことで、締め切りが記載された依頼事項やホテルの予約確認書など、重要な内容のメールを後から確認する必要がある時に即座に検索することができるのでとても便利です。

この機能はベーシックプランでも5通までは保存が可能ですので、気軽にお試しいただけます。

4:チェックリストでタスク管理をする

Evernoteはチェック機能があり、ノートにチェックボックスやチェックリストを付けることでタスクを管理することができます。

チェックリストやチェックボックスを付けることで、ToDoリストや持ち物リストなどを自由に作ることができ、またいつでも確認することができるのでやり残すことがありません。

チェックボックスとはノートのどこにでも入れることのできる単体のボックスのことで、チェックを入れるとボックスにチェックマークまたは「X」マークが表示されます。

チェックリストはタスクを完了するとチェックマークを入れられるボックスが各リストの前にあり、チェックマークを入れると行全体に取り消し線が引かれます。

5:資料を作成・共有する


Evernoteではまとめた情報やアイディアを保存することができますが、他の人とも簡単に共有することができます。仕事で使う資料もEvernoteに作成して保存し、共有することができるのでおすすめです。

共有方法には、ノートの共有かノートブックの共有かの2つの方法があります。ノートの共有は個人で作成した資料を他の人にも見てほしい時に使い、ノートブックの共有は共同作業や継続的な情報共有が必要な時に使います。

共有することでチームの力を発揮することができるのでおすすめです。

6:Web上の情報を保存しておく


Webでお気に入りの情報やサイトを見つけた時、保存する為にブックマークがありますが、ブックマークはページの一部分だけを保存することはできませんし、ページの情報が最新に更新されてしまうこともあり厄介です。

そんな時はEvernoteのwebクリッパーという機能がおすすめです。Webクリッパーとは誰でも簡単に使えるブラウザ拡張機能であり、見つけた記事の全文、画像、メールなどWeb上のコンテンツは何でも保存することができます。

Webページの全体も可能ですが範囲を指定して保存することができるので、必要な情報だけを保存できます。更にWebページのスクリーンショットを注釈することができ、注釈ツールを使ってマーカーを引いたり矢印やコメントを書くことが可能です。

そしてその情報は他の人と共有することができるので、仕事でのチームで利用するのにも適しています。

7:勉強ノートを作成する


Evernoteの効率的な使い方として、勉強ノートがあります。画像、音声、動画、PDFといった機能を簡単にノートに貼り付けることができ、ページ数に上限がない為あらゆる情報を自分の分かりやすいようにまとめることができます。

勉強ノートが増えてきたらノートブックにまとめて整理するとよいでしょう。

Evernoteがおすすめな5つの理由とは?


Evernoteは仕事やプライベートでのタスク管理に有効です。

では何故Evernoteがおすすめなのか、その理由としては「多種多様なものを保存できる」「複数人で共有できる」「検索機能が使える」「検索条件が豊富である」「Googleドライブと連携できる」などが挙げられます。

それでは詳しく見ていきましょう。

1:多種多様なものを保存できる


Evernoteはテキストや画像、音声、PDF、文書などあらゆるものを保存することができます。そしてWebクリッパーを使えばwebコンテンツも保存することができるので、自由な形式で自由に編集し思いのままにノートを作成することができます。

Evernoteをうまく利用することで仕事の効率もよくなり、業務が充実するでしょう。

2:複数人で共有できる


ビジネスシーンでは、複数の人と資料を共有する場面があります。そのような時も、Evernoteなら資料の専用URLを相手に教えるだけで資料の共有をすることができます。この方法の場合、たとえEvernoteのアカウントを持っていない人でも閲覧できるのでとても便利です。

また、アカウントを持っている人同士であれば「閲覧のみ」か「編集可能」か選択することができ、活用の幅も広がります。

3:検索機能が使える


気に入ったWebページを見つけたが見る時間がなかった時はとりあえずEvernoteに保存だけしておき後で見る等の方法を簡単にとれるのも、Evernoteの検索機能があるからです。

Evernoteと同じく人気のあるサービスとしてdropboxなどがありますが、Evernoteの強みはこの検索性能でもあります。

Evernoteでは独自のOCR技術により、ノートに入力されたテキストはもちろんのこと、添付された画像内の文字や手書き文字まで検索可能です。

また、プレミアムプランでは添付のPDFやOffice系ファイルの中までも検索可能ですので、この機能を使うことでさらに時間の節約につながります。

4:検索条件が豊富である


Evernoteの検索機能では、複数のキーワード入力をした場合すべての単語を含む検索結果だけが表示されますので、膨大な数の資料から一発で探し出すことができます。

例えばノートの題名にコーヒーが入った文章を探したい時は「intitle:コーヒー」と入力したり、指定された座標付近で作成されたノートを検索したい時は「latitude:40」と入力するといった、検索構文を使うことで条件を細かく分けて検索することができますので多様な条件での検索が可能です。

また、よく使う検索条件は素早く参照できるようにショートカットに登録することができます。

5:Googleドライブと連携できる


Googleアカウントをお持ちの方が大変便利に使える機能として、GoogleドライブとEvernoteの連携があります。

Googleドライブに保管中のすべてのファイルに、Evernoteから直接アクセスできるので、Evernoteアプリを離れずにノートにGoogleドライブのあらゆるファイルを入れることが可能です。

Googleドライブのファイルに変更があればEvernote内でも変更が反映されます。GoogleドライブとEvernoteの連携によって、より情報の整理と記録が簡単になります。

Evernoteを活用してみよう


Evernoteとは何か、その活用術についてご紹介してきました。<strong>Evernoteを使いこなせば、業務が効率よく作業できます。

その使い方次第で仕事だけではなくプライベートでも便利な自分だけのオリジナルノートを作成することができるので、是非試してみてください。

記事スコア: 223

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • LPとは?運用のメリットとデメリット・特徴などを細かく解説!

    LPとはLPとは、ランディングページのことを指しています。ランディングページとは、検索結果や広告からの訪問者が最初にアクセスするページのことを言います。ちなみに、着地する(land)という意味からこの名前がついています。LPには、広義の意味合いと狭義の意味合い 続きを読む

  • プロセスマネジメントの意味|導入する利点や結果を出すコツとは?

    プロセスマネジメントの意味「プロセスマネジメント」という言葉をよく耳にすることでしょう。プロセスマネジメントは、結果を最大化させると言われています。このコラムではプロセスマネジメントの基本について解説し、その成功事例を紹介します。プロセスマネジメントが必要な理 続きを読む

  • LPの制作会社おすすめ12選|メリットやデメリット・依頼時の注意点を紹介!

    LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)は、もともと検索や広告経由で最初に見るページで、ホームページに着地するイメージからこのように呼ばれるようになりました。しかし、一般的には、縦長の情報量が多いページのことをLPと呼ぶことが多いです。商品の 続きを読む

  • LPの作り方の8つの手順とは?構成の要素や注意したいポイントも解説

    LPとはどのようなものかLP(ランディングページ)とは、集客を目的とした縦長1枚で完結するWebページのことです。Webページと聞くと、「TOPページ」「会社概要」「商品紹介 」「問い合わせ」等、複数のページから成るホームページを連想する方も多いでしょうが、そ 続きを読む

  • デザインの参考になるギャラリーサイト16選│自社にぴったりなLPの作り方も

    自社にぴったりなLPを作成する4つのコツLPとはランディングページのことです。最初にユーザーがアクセスするため、直訳すると着地ページという意味になります。サイトの顔となるLPは自社商品やサービスの特徴や利点が伝わりやすく、ユーザーの心をつかむデザインにするのが 続きを読む

  • 参考にしたいWebデザインのポートフォリオ22選|作成のポイントも詳しく説明

    WebデザインのポートフォリオとはWebデザインのポートフォリオとは、過去の作品を集めたWebサイト・ファイルのことを指します。自分の感性や個性をアピールすることも可能です。具体的には、クラウドソーシングで受注した案件や企業で残した実績を掲載します。ポートフォ 続きを読む

  • おすすめWebデザインのテンプレート41選|無料と有料のものを幅広く紹介

    Webデザインのテンプレートとは?Webデザインのテンプレートとは、Webサイトのデザインやレイアウトの雛形のことです。サイトの用途や予算に合わせた、様々なテーマやパッケージのものが販売されており、未経験者でも簡単に自分のサイトを作成できます。しかし、ひとくち 続きを読む

  • 無料で使えるWebデザインツール11選!選ぶ際のチェックリストも紹介

    Webデザインとは?Webデザインは、Web上に存在するホームページを制作することを意味します。他のデザインの仕事とは違い、Webデザインにはデザインだけではなくホームページとして表示するためのコーディングが必要です。Webをデザインするときは、コーディングを 続きを読む

  • Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由|在宅で副収入を得よう

    副業フリーランスの市場規模企業の副業解禁にも相まって、副業フリーランスの市場規模は、年々増えています。2020年に発生したコロナウイルスの発生も相まって、ここ数年で人々の働き方に対する意識が大幅に変化しました。また、ランサーズによる、フリーランス・副業・複業ワ 続きを読む

  • Webデザインの参考になるサイト37選|流行りのデザインの動向についても解説

    Webデザインの幅を広げる方法とはWebサイトを作る上でWebデザインのスキルは大変重要です。デザインによってWebサイトの見やすさ、企業やサービス内容の伝わりやすさ、ユニークさなど、見る人に与える印象が大きく変わります。多種多様なサイトデザインを研究すること 続きを読む

  • LPデザインの参考おすすめ17サイト!成功に導くポイント・見せ方のコツも紹介

    LPデザイン決定までの5つの流れLPとはランディングページの略で、Webサイトにおいてユーザーのアクションを誘導するためのページです。具体的には商品紹介ページやサービス紹介ページなどがLPになります。LPのクオリティはサイト売り上げに大きく影響するため、LPは 続きを読む

  • Webデザインを独学で学ぶには?6つの勉強方法や学習手順を解説

    独学でもWebデザインを学ぶことはできる優秀なWebデザイナーは引く手あまたで、高収入が得られる場合もあります。そのようなWebデザインを学んでみたいという人も少なくありません。しかし、専門のスクールに通わなければ学べないのではと考えている人も多くいるでしょう 続きを読む

  • BPMを導入するメリットを解説|必要な理由や海外との違いとは?

    BPMとはBPMとは「Business Process Management」を略した言葉で、業務管理手法の1つです。BPMは業務の流れをモデル化することで課題の分析を行い、課題解決のための新しい業務プロセスを作ることで、継続的に業務改善を行うというものです。 続きを読む

  • LPを構成する大切な10個の要素をご紹介|基本を押さえよう!

    LP(ランディングページ)の役割LP(ランディングページ)の役割は、webページ上の広告をクリック・タップして誘導された最初のページに対して効果的に商品やサービスの宣伝をする重要なものとなります。来訪してきたユーザーに対して購入意欲・資料請求・問い合わせといっ 続きを読む

  • 2021年Webデザインのトレンド15選|アニメーションを駆使したものも登場

    2021年のWebデザインのトレンドの傾向2021年はコロナウィルス蔓延による影響で、外出自粛やリモートワークが促進され、より長い時間を家で過ごす人が急増しました。必然的に人々がWebサイトを見る時間も長くなり、Webサイトを工夫することによる効果は大きくなっ 続きを読む

  • Webデザイン初心者におすすめの勉強法4選|おすすめの本15選も紹介

    Webデザインとは?ホームページ作成やデザインに興味がある人は、Webデザインを学んでみたいと思う人も多いでしょう。そもそも、Webデザインとはどんなことをするのでしょうか。Webデザインとは、パソコンやスマホなどのネット上に掲載されるホームページの文字や色の 続きを読む

  • Webデザインの勉強におすすめの本総合18選|独学やスキルアップにおすすめ

    WebデザインとはWebデザインとは、PCやスマートフォンなどの画面に表示されるもののデザインを作成することです。具体的には、企業などのホームページや商品紹介のWebサイトなどに、どのようなコンテンツを掲載するのか、配置や見出し、テキストの文字のフォントをどう 続きを読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む