スマートUPフォームが持つ特徴とは?他ツールとも比較して参考にしよう

CXBOTTLE編集部
35

EFOツール「スマートUPフォーム」とは


スマートUPフォームとは、PCサイト・スマートフォンサイト両方に対応しているフォーム改善ツールのことであり、PC独自の機能だけではなく、スマートフォンならではの入力支援サポートを備えた便利なEFOです。


高い機能性はもちろん、コストも低いスマートツールなため、より利益の高いサイトの作成を実現できます。

スマートUPフォームの料金体系


料金は導入したいフォームの数によって変わってきますが、初期費用のみでランニングコストはかかりません。

料金は、1フォーム600,000円・2フォーム1,000,000円・4フォーム1,400,000円・6フォーム1,800,000円が初期費用でかかってきます。

またフォーム1ページの項目が30を超える場合、これらの料金に60,000円が上乗せされ、1日あたりのサイトアクセス数が1万人を超える場合には見積もりが変わってきます。

出典:価格|スマートUPフォーム
参照:https://suf.jp/price/

スマートUPフォームが持つ特徴4つ


スマートUPツールには、スマートフォンならではの入力サポート機能から分析機能まで、数多くの機能を備えています。

低コストでより便利かつ扱いやすいサイトへと改善を行える他、分析機能を駆使してユーザーがどのような動きをしていたかなどをチェックできます。

  • キーボードアシスト機能が付いている

  • 住所自動入力機能が付いている

  • 導入に必要なサポート体制がある

  • 充実したアクセス解析項目がある

1:キーボードアシスト機能が付いている

スマートUPフォームの機能の1つに、キーボードアシスト機能があります。

例えば、ユーザーが電話番号や郵便番号など、数字のみを入力する際、入力項目をタップすると自動でテンキーの数字入力モードが立ち上がり、入力をしやすくする機能があります。

また、URLやメールアドレスなど英字がメインとなる場合には、それら専用の入力モードが立ち上がるようになり、スムーズに入力ができるようアシストしてくれます。

2:住所自動入力機能が付いている

郵便番号を打ち込むだけで、自動的に住所が入力される機能も備わっています。

住所を最後まで打ち込む手間を省ける機能なので、ユーザーにとって便利に利用できるサイトへ改善できます。

3:導入に必要なサポート体制がある

サーバーのインストールや各種設定、フォームの組み込みなどはスマートUPフォームの職員が行ってくれます。

そのため、カスタマイズなどが必要ないフォームの組み込みであれば、最短3日程度で導入することが可能です。

4:充実したアクセス解析項目がある

スマートUPフォームではアクセス数やユニークユーザー数、直帰数などさまざまなアクセス解析項目があります。

サイトを訪れたユーザーがサイト内でどのような操作をしたのかなどを記録し可視化することで、サイトの改善点を見出すことができ、より集客効果の高いサイトを作成できます。

ユーザーがサイト内でどのような動きをするのか推測し、ユーザーにとって使いやすいサイトへと変えていくことが可能です。

EFOツールを利用するメリット


スマートUPフォームなどEFOツールを導入するメリットは、『サイトの状態を可視化できる』『ユーザー視点でのフォーム確認が可能なためCV率アップにできる』『導入前だけではなく導入後にもサポートを受けられるため成果が見込める』です。

フォーム作成ツールのみだと得られない情報や問題点などもEFOツールならば得られるため、よりよいサイトの改善が期待できます。

EFOツールを利用するデメリット


デメリットは『費用がかかる』『サイトの構造やデザインが大きく変わる』です。

導入するにあたり、どうしても必要となってくるのが費用で、ランニングコストはかからないものの、初期費用はどうしてもかかってきます。

またEFO導入により、集客効果の高いサイトを作成することはできますが、当初にデザインされていたサイトが大きく変わってしまったり、構造自体が変わったりする可能性もあります。

EFOツールの選び方4つ


EFOツールにはさまざまな機能が備えられていますが、自身にとってどのような機能が必要なのかを知っておく必要があります。

ツールによって備えられている機能は異なってくるため、どのような機能が必要で、コストはどのぐらいまでかけられるかをあらかじめチェックしておき、必要である機能が備えられているものを選ぶようにしましょう。

  • レポートやログ機能を確認する

  • 本当に必要な機能があるか確認する

  • カスタマイズの自由度を確認する

  • コストに見合っているか確認する

1:レポートやログ機能を確認する

EFOツールを導入するにあたり、特に重要となってくる要素の1つに、細かく原因を分析してくれる分析レポート機能が備わっているかどうかがあります。

離脱率やエラーなどをレポートする際、何が原因で離脱しているのか、どのような条件の際にエラーが起こっているのかなど、より細かな解析を行うことでユーザーにとって利用しやすいサイトへと改善できます。

2:本当に必要な機能があるか確認する

EFOツール実装後に使いで新しい機能を追加することが難しいため、あらかじめ必要な機能が備わったEFOツールを選ぶようにしましょう。

初心者で優先的な機能が分からないという場合は、できるだけ機能の多いEFOツールを選んでおくことをおすすめします。

また近年では、SNSなど外部アカウントと連携ができるEFOツールもあるため、ターゲットにしているユーザーによって備えておきたい機能を決めておくといいでしょう。

3:カスタマイズの自由度を確認する

入力補助機能や入力フォームのデザイン変更など、ツールによって備えられている機能は変わってきます。

機能やオプションを自由にON・OFFできるかなども、EFOツールを選ぶ上で重要となってきます。

機能のカスタマイズが自由なツールほどさまざまなケースに対応しやすいため便利ですが、その分使いこなすのが難しくなってくるため、どの程度のカスタマイズ機能が必要かどうかを決めておくといいでしょう。

4:コストに見合っているか確認する

ツールを利用する際に料金はかかってきますが、それが初期費用のみなのか、月額制なのかなどをあらかじめ確認しておく必要があります。

試しに使用してみて成果が出なければ解約したいという場合には月額制のほうが安く上がることが多く、逆に長い期間使用することが分かっていれば初期費用のみのツールを使用するといいでしょう。

また、フォーム数が増えるほど料金も上がっていくため、追加料金も確認するといいでしょう。

スマートUPフォーム以外の他ツールとの比較7選


スマートUPフォーム以外にもEFOツールは多く存在します。

それぞれどのような機能なのか、料金はどの程度なのかを知っておくと、導入する際に比較でき、より自分に合ったツールを選べます。

また近年では、ユーザーのほとんどがスマートフォンで調べ物をするため、スマートフォンに対応した機能も備わっているかどうかも知っているといいでしょう。

1:Mouseflow

Mouseflowの機能はセッションリプレイやヒーロマップ、ファンネルズなど分析機能が充実しており、料金は月額制となっています。

1番スタンダードなスタータープランで月額3,309円、1番グレードの高いプロプランでは月額45,532円となっています。

スマートUPフォームに比べて費用自体は高くないように感じますが、毎月かかってくるため、長期間の使用には向いていないでしょう。

出典:Mouseflow(マウスフロー)の価格・料金|mouseflow
参照:https://mouseflow-jp.com/price/

2:formy

スマートUPフォーム同様、住所の自動入力や全角を半角に変換など、入力サポート機能がついており、料金は月額制です。

料金はフォームの数に関係なく月額6,600円(税込)です。また、エラー表示数や項目に留まった秒数など解析機能も備わっていますが、離脱率などを収集する機能はありません。

月額費用自体は高くありませんが、ランニングコストがかかるため、スマートUPフォームに比べて長い間の使用は向いていないでしょう。

出典:「formy」(フォーミー)の料金プラン|formy
参照:https://formy.jp/

3:SiTest

レポート機能やヒートマップなどサイト分析機能に加え、ABテストなどのテスト機能も備わっています。

具体的な料金はサイト内に掲載されておらず、自分からPV数やドメイン数を伝えた上で見積もりを請求するという形となります。

最短で当日から始められますが、見積もりが理想と違っていたりするとなかなか開始できないため、あらかじめ料金が決められているスマートUPフォームのほうが始めやすいといえます。

4:formrun

フォームテンプレートが準備されているため、簡単に素早くフォームを作成でき、何かあればすぐに問い合わせをすることができます。

サイト分析機能などは備わっていないため、スマートUPフォームに比べてサイトの改善をすることは難しいでしょう。

料金は1番グレードの高いプランで月額25,800円、1番下のグレードは無料となっています。

出典:プラン・価格|formrun
参照:https://form.run/home/pricing

5:EFOcats

リアルタイムアラートやフリガナ自動入力機能など、ユーザーにとって便利な機能からフォームの訪問数や所要時間などを分析する機能があります。

料金は初期費用300,000円でスマートフォンのみだと月額30,000円、スマートフォンとPCで月額50,000円となっており、年払いだと1か月分の料金が無料となります。

初期費用だけではなく月額費用もかかってくるため、スマートUPフォームに比べると料金がかかってきます。

出典:EFOcats の料金プラン|EFOcats
参照:https://www.fcafe.com/efocats/

6:EFO CUBE

入力補助機能が26個あり、外部IDとも連携が取れ、またデータ分析機能も充実しています。

料金は初期費用無料、サポート費用無料、5フォームで月額50,000円です。6フォーム目からは、1フォーム増えるにつれ10,000円必要となってきます。

たくさんフォームを持っている人にとっては月額料金が大幅に値上がりしやすくなるため、大きなサイトを持っている場合には向いていないといえます。

出典:EFO CUBE
参照:https://www.efo-cube.info/price/

7:Butterfly

サイト分析機能だけではなく、ABテストなどのテスト機能も備わっています。

料金は、初期費用50,000円(サポート込み)、月額費用120,000円、契約期間は12か月です。

テスト機能とサイト分析機能により、よりよいサイトの作成は期待できるものの、月額費用が高くなってくるため、スマートUPフォームに比べると個人利用では始めにくいと感じるでしょう。

出典:料金について|Butterfly
参照:https://butterfly.geeen.co.jp/

スマートUPフォームの特徴を把握して利用してみよう


高い分析機能と充実した入力サポート機能、初期費用のみで月額費用が必要ないスマートUPフォームを利用して、より集客効果が高く、ユーザーが利用しやすいサイトへと改善することが可能です。

スマートUPフォームでは、あらゆるフォームに対してユーザーがストレスなく使用できるサイトを作成し、利益へとつながるようにサポートしてくれます。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
https://leango.co.jp/dejam/
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 35

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • sincloを導入する5つの効果|料金プランや充実した主な機能も紹介

    sincloチャットボットツールとはsinclo(シンクロ)チャットボットツールとは、プログラミングなどの作業不要で導入できるチャットボット型のWeb接客ツールです。Webサイトに訪れたユーザーに対して、対面での接客のような最適な顧客コミュニケーションを自動的 続きを読む

  • EFOツールGyro-nとは?主な11の便利機能や導入するメリットも紹介

    EFOとは?EFOとは「Entry Form Optimization」を略した言葉で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。EFOの目的は、Webサイトにある入力フォームを訪問者に対して最適化することで、コンバージョンの改善を行うことです。サ 続きを読む

  • Optimizelyとはどのようなツールか|ABテストの作成方法手順も

    OptimizelyとはどのようなツールかOptimizelyとは、サイト最適化に有効であるABテストが簡単に実施できるツールです。これまでABテストでは多くの部署や人が必要でしたが、Optimizelyは特別なコーディングスキルを要さず、直感的に操作できます 続きを読む

  • formrunが持つ特徴や導入メリットは?使い方もあわせて解説

    フォーム作成ツール「formrun」とはフォーム作成ツール「formrun」は、フォーム作成だけではなく、問い合わせ対応・状況の確認やメール対応まで、フォームに関わる業務をワンストップで管理できるツールです。コードの知識を要さず、多種多様なテンプレートから必要 続きを読む

  • 「BOTCHAN EFO」とは|利用料金や活用シーンについても紹介

    EFOツール「BOTCHAN EFO」とはEFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化を指します。Webサイト上での問い合わせに対して、ユーザーが個人情報などを入力しなければならないときがあります。その際に、手間がかかる 続きを読む

  • EasyEntryの特徴と料金|その他のおすすめEFOツールも紹介

    EFOツールの役割とは今回紹介するEasyEntryは、EFO(entry form optimization)ツールの1種です。EFOツールとは、ホームページのユーザーがスムーズに入力できるよう、入力フォームの最適化をおこなうツールです。たとえば、ユーザーが 続きを読む

  • EFOcatsが持つ特徴や施策の必要性とは?料金体系も確認しておこう

    EFOツール「EFOcats」とは「EFOcats」はユーザー心理を研究して開発された、スマホに最適化した入力フォームを実現するEFOツールです。他社に無い1画面1質問の形式を取っており、唯一、futureshopと連携しているEFOツールでもあります。EFO 続きを読む

  • LPのデザインの参考になるポートフォリオサイト6選といいデザインの見極め方

    LPの制作 まずは、参考にするデザインを見つけるところからあなたがこれからはじめてLP制作に取り組むとしたら、おそらく「どんなLPにしたらよいか」というデザインの壁にぶつかることになるでしょう。慣れていない人は毎回のように頭を悩ませているのではないでしょうか。 続きを読む

  • Form Assistの特徴とは?EFOの重要性や導入の際の注意点も紹介

    Form Assist(フォームアシスト)とは?Form Assist(フォームアシスト)はサービス化されたEFOツールです。EFOはEntry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略称で、入力の手間を省き、短時間で正確に入力できるように 続きを読む

  • f-tra EFOの特徴を紹介!ツールが必要な理由や選び方のポイントも

    EFOツール「f-tra EFO」とはf-tra EFOは、株式会社エフ・コードが提供する入力フォーム最適化が行えるEFOツールです。入力支援機能やレポート機能が備わっており、ユーザーがフォームから離脱するのを防ぐのに役立ちます。料金は、ドメインかつ端末が同一 続きを読む

  • GORILLA EFOの特徴を紹介!ツールを検討する際のポイントも紹介

    GORILLA EFOとは?GORILLA EFOとは、エントリーフォームを最適化するツールのひとつです。ブルースクレイ・ジャパンが開発したGORILLA EFOの「efo」は、Entry Form Optimisationの略です。このGORILLA EFO 続きを読む

  • Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

    Adobe Targetとは?Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe 続きを読む

  • Google Optimizeとは?設定方法や導入するメリットも紹介

    Google OptimizeとはGoogle Optimizeは、Googleが無料で提供しているウェブサイトやアプリのバリエーションをABテストなどでテストできるツールです。optimizeとは「最適化」という意味で、ウェブサイトやアプリを最適化することに 続きを読む

  • EFO CUBEを利用するメリット7選|導入時の注意点も紹介

    EFO CUBEとは?EFO CUBEとは「Entry Form Optimization」の略です。日本語に訳すと「入力フォーム最適化」になります。EFOは、会員登録画面や送付先画面などの入力フォームを、ユーザーが使いやすいように最適化することです。ECサイ 続きを読む

  • LPOツール「DLPO」が持つ特徴とは?料金体系も確認しよう

    LPOツール「DLPO」とは「DLPO」とはDLPO株式会社が販売している、日本国内で実績のあるランディングページ最適化ツールです。ランディングページの他にオウンドサイト、ECサイトなど様々なサイトに対応しており、ABテストや多変量テストなどを用いて、コンバー 続きを読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む