Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由|在宅で副収入を得よう

CXBOTTLE編集部
19

副業フリーランスの市場規模

企業の副業解禁にも相まって、副業フリーランスの市場規模は、年々増えています。2020年に発生したコロナウイルスの発生も相まって、ここ数年で人々の働き方に対する意識が大幅に変化しました。

また、ランサーズによる、フリーランス・副業・複業ワーカーの実態を調査した『フリーランス実態調査 2021』では、フリーランス人口は全ての労働人口の24%を占める1,670万人であると公開されました。

市場の経済規模も昨年よりも約10兆円増加の28兆円となり、フリーランス人口とともに過去最大という結果となりました。

出典:フリーランス白書|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000189092_2.pdf

Webデザイン業務の副業収入目安

Webデザイン業務の副業で得られる収入は、案件の内容や持っているスキルにより大幅に変わります。例として目安を挙げると、簡易的な情報量が少ないサイトのデザインが1案件で5万円前後であり、多いものでは10万円前後であることが多いです。

案件をいくつ取るかによっても収入は変わるため一概には言えませんが、スキルさえ習得してしまえば効率よく在宅で副収入を得られる業務であると言えます。

Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由

Webデザイン業務を副業としている人が多いことからも分かるように、Webデザインが副業におすすめな理由がいくつかあります。しかし、他の副業業務との違いが分からない人もいるでしょう。ここでは、Webデザイン業務がなぜ副業におすすめなのか、8つの理由を紹介します。


1:場所に影響されない

副業で仕事をする場合は、効率的に限られた時間を使える仕事がおすすめです。Webデザイン業務は、パソコン一つで場所に影響されずに仕事ができるため、副業におすすめです。打ち合わせもテレビ電話やメールで完結する案件も多く、フレキシブルに働くことができます。

2:作業環境が揃っていればいつでもできる

作業の環境さえ整っていれば、いつでも仕事ができることもWebデザイン業務が副業におすすめの理由です。

インターネット環境とパソコンさえあれば、時間や場所を選ばずに仕事ができます。初期費用があまりかからないところも、誰にでもすぐに始めやすい副業として人気の高い業務です

3:スケジュールの調整がしやすい

納期や打ち合わせの期日を守れば、いつ作業するかを自由に決められます。本職が忙しいときは作業せず、休日のみや空いた時間に少しずつ作業することも可能です。

このように、スケジュールの調節がしやすいことも副業におすすめの理由です。

4:多種にわたる案件から選べる

Webデザイナーでできる仕事はサイトのデザインだけでなく、バナー制作や、ロゴ・アイコン制作など、多種にわたる案件から選べます。

長期間のプロジェクトもあれば、短期間のタスク形式もあるなど、本業の忙しさに合わせて案件を取り分けられるため副業に向いています。

初心者でも取れる案件もたくさんあり、スキルが上がると獲得報酬が大幅に高くなります。自分のスキルに合わせて報酬が上がることで、モチベーションを保てる業務であるとも言えます。

5:時間を有効活用できる

人と会って仕事をすることが多いコンサル業などとは反対に、作業は基本的に一人ですることが多いです。

作業する時間は自分で選択でき、本業やプライベートの予定に合わせて、時間を有効活用して副業できます。お子さんがいる人は急な用事は免れませんが、Webデザイン業務であれば作業の時間をすぐに変更できるため、柔軟に仕事ができます。

6:Webデザイン分野の需要の高さがある

Webデザイン分野の需要自体が高まっていることも、副業するのにおすすめの理由です。

厚生労働省の統計によると、国内クラウドソーシングの市場規模は、2016年から2020年の4年間で約3倍の急成長を記録しており、その中でのWebデザイン業務の占める割合は高くなっています。今後もますます市場が大きくなると予想されるため、今から始めておくと良いでしょう。

出典:クラウドソーシングの活用の広がりと課題認識|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000189090_2.pdf

7:努力次第で高クオリティのWebデザインが作れる

Webデザイン業務はプログラミングなどと比べると、努力次第で高クオリティのものを比較的早い段階で作ることができます。

他の分野の副業では、実務経験や高いスキルが求められることが多く、努力では賄いきれない部分がありますが、Webデザイン業務は努力でクオリティを上げることができます。

8:クライエントへの提案力や仕事獲得率が向上する

副業する際には仕事を獲得してからクライエントに提案する一連の流れを自分でしなくてはなりません。副業としてのWebデザイン業務の経験を通して、クライエントへの提案力や仕事獲得率は上がり、スキルを高められるでしょう。

Webデザイン業務案件の5つの獲得方法

Webデザインで副業を始めるにあたり、どのように案件を取れば良いのか分からない人や、実績がないと悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、以前は個人での案件獲得は難しかったものの、現在では様々なところで案件を見つけられるようになり、初心者にも難しくない時代になりました。ここでは、Webデザイン業務案件の5つの獲得方法を紹介します。

1:クラウドソーシングサービスで獲得する

副業でWebデザイナー業務案件を獲得するには、クラウドソーシングサービスを使うのが便利です。個人で獲得が難しい仕事の受注も、サービスを通して簡単に行える仕組みになっています。

初心者でもできる仕事もたくさんあるため、実績を積むのにもおすすめです。単価は比較的安い傾向にあるため、しっかり確認して案件を選ぶことが大切です。

2:友人や知人から獲得する

友人や知人から案件をもらえることもあり、安心して働くことができ、人脈づくりにも繋がります。

Webデザイナーを探している際に、その仕事をさせてもらうことで、初心者では獲得できないような案件にも挑戦できます。報酬はあまり気にせず実績を作るという目的で仕事することがおすすめです。

3:スクールの就職・転職サポートを活用する

スクールの就職・転職サポートを活用するのも一つの案件獲得の方法です。

Webデザインを学べるスクールの中には、レッスン修了後も仕事探しをサポートしてくれ、仕事を紹介してくれるところもあります。スクールに通う予定の人は、そのようなサポートがあるのか確認しておきましょう。

4:SNSを活用する

SNSの発達により、今や案件もSNSで獲得する人が増えています。自分のポートフォリオやできることを発信し、クライエントに直接SNSを通して発注してもらうことも少なくありません。

しかし、仲介会社を通さないことで、トラブルが起きることもあります。しっかりと意思疎通をし、信用できるクライエントかどうかを確認することが必要です。その反面、案件に対する報酬は高くなっているため、その点はメリットと言えます。

うまくSNSを活用し、案件獲得に繋げましょう。

5:アルバイト情報サイトから獲得する

アルバイトの情報サイトでWebデザイナーを求人しているところもあります。未経験の募集や時給制のものが多いため、自分の働き方にあっていたら応募してみましょう。

オフィス勤務の場合は、プロのWebデザイナーと一緒に働けるため、教えてもらったり、仕事の流れを把握できたりとメリットも大きいです。在宅だけに限らず実績を積むために色々な求人を見てみましょう。

副業で活用できるWebデザインのスキル9つ

副業でWebデザイン業務には様々な種類の案件があり、業務ごとに必要なスキルは違います。

持っているスキルによって、同じ案件でも報酬が変わることも多いため、余裕がある人はできるだけたくさんのスキルを身につけておくことがおすすめです。ここでは副業で活用できるWebデザインのスキルを9つ紹介します。

1:デザインツールを扱えるスキル

どんなWebデザイン業務にも必ずといって良いほど必要なのが「Photoshop」「Illustlator」といったデザインツールを扱えるスキルです。

「Photoshop」はほとんどのWebデザイン制作会社で標準ソフトとして採用されており、「Illustlator」はロゴ・アイコンなどのイラストのパーツを作成するときに用いられるデザインツールです。頻繁にアップデートされるため、最新機能を使えるようにしておきましょう。

2:基本的なデザイン知識

Webデザイナー業務にあたって、基本的なデザイン知識は欠かせません。デザインは才能や感性と考えられがちですが、実は抽象的なものではなく、知識をつけることでスキルを上げることができるものです。

クライエントのニーズに合わせて、コンテンツやターゲット層を考慮したWebデザインができる基本的なデザイン知識は必須です。

3:HTMLを扱えるスキル

Webデザイナーが持っておきたいスキルとしてHTMLが挙げられます。コーディングもできるWebデザイナーを目指す際に、初めに覚えておきたい言語がHTMLです。

デザインだけでなく言語のスキルもあると案件を獲得できる幅も増えるため、ぜひ学習しておきましょう。

4:CSSを扱えるスキル

CSSは、HTMLと同じくコーディングをする際に必要にな言語です。文字の大きさや色など、Webサイトの見える部分を作るために必要です。

CSSも最初に習得しておきたいWeb制作のためのスキルと言えます。デザインのみよりも、コーディングも合わせてできることで報酬が大幅にアップし、効率よく収入を得られるため、苦手な人も学習しておく価値は大いにあるでしょう。

5:Javascriptを扱えるスキル

JavaScriptはWebサイトに動きをつけたり、サイトをより使いやすくするためのweb開発に使われているプログラム言語です。

副業でJavaScriptを扱えるスキルを持っていることは、Webデザイン業務をするにあたって大きな強みになります。Webデザインをしている人の中で、HTML・CSSの学習は推奨されていますが、JavaScriptまで学習している人は少ないのが現状です。

案件獲得を容易にするためにも、基本的な知識をつけておくと良いでしょう。

6:WordPressを扱えるスキル

Webデザイン業務の案件には、WordPressに関することが多いです。獲得できる案件の幅を増やすために、WordPressを扱えるスキルをつけておくことが望ましいです。

WordPressは、コーディングの知識がなくてもホームページを作れるシステムCMSの一つです。Web制作知識がなくても、導入・初期設定ができる知識があれば更新できるため、Word Press特有の知識を知っておきましょう。

7:ドメインやサーバーに関する知識

Webデザイン業務で案件を受ける際には、ドメインやサーバーの設定から任される場合もあります。Webサイト開設の知識を知っておくことで、幅広い案件を受けることができ、報酬も高い傾向にあるため、ぜひ学習しておきましょう。

8:マーケティングに関するスキル

Webデザイン業務では、多くの人に見てもらえるようなデザインを作ることが前提です。マーケティングに関するスキルを持っていることは、大きなアドバンテージになります。

SEOなどアクセス向上の知識や、Webサイトのアクセス解析などの知識が役立ちます。収益アップのためにも余裕のある人はスキルを身につけておくと良いでしょう。

9:UI・UXの知識

Webデザイン業務をする際には、UI・UXデザインといったユーザーの使いやすさを意識したデザイン知識を持っておきましょう。

見栄えだけのデザインを超えたユーザー目線のデザインを実現できれば、より良いWebデザイン作りができます。UI・UXデザインの知識もあるWebデザイナーはそれほど多くないため、案件獲得の際にもアピールできるポイントになります。

副業としてWebデザイン業務をしたいときの学習方法

Webデザイン業務を始めたくても、どのように学習したら良いのか方法に迷っている人も多いです。独学でする方が良いのか、スクールに通った方が良いのかなど、選ぶ基準を迷ってしまいがちです。

今回は自分にあったWebデザインスキルを身につける学習方法をいくつか紹介します。

独学する

Webデザイン業務に必要なスキルは、やる気さえあれば独学でも学ぶことができます。

独学の一番のメリットはお金がかからないことですが、モチベーションを維持できず業務を始めるまでに時間がかかってしまい損をしている人も少なくありません。自分の性格と向き合って、独学でも頑張ることができるのかしっかり考えましょう。

スクールを活用する

スクールを活用することで、お金はかかりますが効率よく確実にWebデザイン業務のスキルを学習できます。パソコン作業が苦手な人は、うまくいかない場合に自分で解決するのが難しかったり、イライラしたりすることも少なくありません。

スクールの良い点は、教えてもらえるだけでなく、講座修了後に案件を紹介してくれるなどのサポートが充実していることです。また、一緒に学習する仲間がいることもモチベーションを高め、人脈も増やすことができ一石二鳥です。

副業でWebデザイン業務を行うときの4つの注意点


副業でWebデザイン業務を行うときには、注意することがいくつかあります。個人で副収入を得ているため、事務手続きなど全て自分で行わなければならず、自己管理能力が必要です。

ここでは、その中でも大切な心に留めておくべき4つの注意点を紹介します。

1:確定申告が必要か確認する

会社で働きながら副業でWebデザイン業務をしている場合は、所得が20万円を超えたら確定申告が必要になります。トラブルにならないように、確定申告が必要かどうかをしっかり確認しましょう。

申告漏れが起こらないように、確定申告についてしっかり調べておくことが大切です。

出典:No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁
参照:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

2:毎月発生する請求業務を忘れない

副業として収入を得る際には、クライエントに対して、自分で請求書を発行するなどの事務手続きが必要となります。請求業務の不備や、遅れてしまうと信用を失うことにも繋がり、仕事にも支障をきたす重要な業務です。

毎月発生する請求業務は慣れなければ忘れてしまうこともあるため、しっかり意識しましょう。

3:本業と両立させる

Webデザイン業は、クリエイティブ業であるため終わりがありません。だからこそ、人によってはもっとよくしたいと作業を長引かせてしまう人もいます。

本業もあるため、しっかり計画を立てて副業することが大切です。本業と両立させることを第一条件として副業をするようにしましょう。

4:トラブルの可能性を考慮する

Webデザイン業務をしている際に、思わぬ病気や交通事故などで働けなくなってしまう場合があります。

そのため、自分で保険加入などの対策をとると良いでしょう。いくつかの、フリーランス向けに新設された保険があります。

副業をする際には、トラブルの可能性を考慮しておくことが大切です。

Webデザイン業務を副業にしよう


Webデザイン業務は初心者でも始めやすく需要も高いため、副業としておすすめです。Webデザイン業務といっても、仕事内容は様々です。習得しているスキルによって獲得できる案件も報酬単価も異なります。

自分の目指す副業収入に合わせてスキルアップを目指すことが大切です。在宅で副収入を得たいと考えている人は、ぜひWebデザイン業務の副業を始めてみましょう。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 19

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • LPとは?運用のメリットとデメリット・特徴などを細かく解説!

    LPとはLPとは、ランディングページのことを指しています。ランディングページとは、検索結果や広告からの訪問者が最初にアクセスするページのことを言います。ちなみに、着地する(land)という意味からこの名前がついています。LPには、広義の意味合いと狭義の意味合い 続きを読む

  • プロセスマネジメントの意味|導入する利点や結果を出すコツとは?

    プロセスマネジメントの意味「プロセスマネジメント」という言葉をよく耳にすることでしょう。プロセスマネジメントは、結果を最大化させると言われています。このコラムではプロセスマネジメントの基本について解説し、その成功事例を紹介します。プロセスマネジメントが必要な理 続きを読む

  • LPの制作会社おすすめ12選|メリットやデメリット・依頼時の注意点を紹介!

    LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)は、もともと検索や広告経由で最初に見るページで、ホームページに着地するイメージからこのように呼ばれるようになりました。しかし、一般的には、縦長の情報量が多いページのことをLPと呼ぶことが多いです。商品の 続きを読む

  • LPの作り方の8つの手順とは?構成の要素や注意したいポイントも解説

    LPとはどのようなものかLP(ランディングページ)とは、集客を目的とした縦長1枚で完結するWebページのことです。Webページと聞くと、「TOPページ」「会社概要」「商品紹介 」「問い合わせ」等、複数のページから成るホームページを連想する方も多いでしょうが、そ 続きを読む

  • デザインの参考になるギャラリーサイト16選│自社にぴったりなLPの作り方も

    自社にぴったりなLPを作成する4つのコツLPとはランディングページのことです。最初にユーザーがアクセスするため、直訳すると着地ページという意味になります。サイトの顔となるLPは自社商品やサービスの特徴や利点が伝わりやすく、ユーザーの心をつかむデザインにするのが 続きを読む

  • 参考にしたいWebデザインのポートフォリオ22選|作成のポイントも詳しく説明

    WebデザインのポートフォリオとはWebデザインのポートフォリオとは、過去の作品を集めたWebサイト・ファイルのことを指します。自分の感性や個性をアピールすることも可能です。具体的には、クラウドソーシングで受注した案件や企業で残した実績を掲載します。ポートフォ 続きを読む

  • おすすめWebデザインのテンプレート41選|無料と有料のものを幅広く紹介

    Webデザインのテンプレートとは?Webデザインのテンプレートとは、Webサイトのデザインやレイアウトの雛形のことです。サイトの用途や予算に合わせた、様々なテーマやパッケージのものが販売されており、未経験者でも簡単に自分のサイトを作成できます。しかし、ひとくち 続きを読む

  • 無料で使えるWebデザインツール11選!選ぶ際のチェックリストも紹介

    Webデザインとは?Webデザインは、Web上に存在するホームページを制作することを意味します。他のデザインの仕事とは違い、Webデザインにはデザインだけではなくホームページとして表示するためのコーディングが必要です。Webをデザインするときは、コーディングを 続きを読む

  • Webデザインの参考になるサイト37選|流行りのデザインの動向についても解説

    Webデザインの幅を広げる方法とはWebサイトを作る上でWebデザインのスキルは大変重要です。デザインによってWebサイトの見やすさ、企業やサービス内容の伝わりやすさ、ユニークさなど、見る人に与える印象が大きく変わります。多種多様なサイトデザインを研究すること 続きを読む

  • LPデザインの参考おすすめ17サイト!成功に導くポイント・見せ方のコツも紹介

    LPデザイン決定までの5つの流れLPとはランディングページの略で、Webサイトにおいてユーザーのアクションを誘導するためのページです。具体的には商品紹介ページやサービス紹介ページなどがLPになります。LPのクオリティはサイト売り上げに大きく影響するため、LPは 続きを読む

  • Webデザインを独学で学ぶには?6つの勉強方法や学習手順を解説

    独学でもWebデザインを学ぶことはできる優秀なWebデザイナーは引く手あまたで、高収入が得られる場合もあります。そのようなWebデザインを学んでみたいという人も少なくありません。しかし、専門のスクールに通わなければ学べないのではと考えている人も多くいるでしょう 続きを読む

  • BPMを導入するメリットを解説|必要な理由や海外との違いとは?

    BPMとはBPMとは「Business Process Management」を略した言葉で、業務管理手法の1つです。BPMは業務の流れをモデル化することで課題の分析を行い、課題解決のための新しい業務プロセスを作ることで、継続的に業務改善を行うというものです。 続きを読む

  • LPを構成する大切な10個の要素をご紹介|基本を押さえよう!

    LP(ランディングページ)の役割LP(ランディングページ)の役割は、webページ上の広告をクリック・タップして誘導された最初のページに対して効果的に商品やサービスの宣伝をする重要なものとなります。来訪してきたユーザーに対して購入意欲・資料請求・問い合わせといっ 続きを読む

  • 2021年Webデザインのトレンド15選|アニメーションを駆使したものも登場

    2021年のWebデザインのトレンドの傾向2021年はコロナウィルス蔓延による影響で、外出自粛やリモートワークが促進され、より長い時間を家で過ごす人が急増しました。必然的に人々がWebサイトを見る時間も長くなり、Webサイトを工夫することによる効果は大きくなっ 続きを読む

  • Webデザイン初心者におすすめの勉強法4選|おすすめの本15選も紹介

    Webデザインとは?ホームページ作成やデザインに興味がある人は、Webデザインを学んでみたいと思う人も多いでしょう。そもそも、Webデザインとはどんなことをするのでしょうか。Webデザインとは、パソコンやスマホなどのネット上に掲載されるホームページの文字や色の 続きを読む

  • Webデザインの勉強におすすめの本総合18選|独学やスキルアップにおすすめ

    WebデザインとはWebデザインとは、PCやスマートフォンなどの画面に表示されるもののデザインを作成することです。具体的には、企業などのホームページや商品紹介のWebサイトなどに、どのようなコンテンツを掲載するのか、配置や見出し、テキストの文字のフォントをどう 続きを読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む