jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

CXBOTTLE編集部
262

この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。

プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。

そして、管理ツールの重要性が増す中、ユーザビリティの面でツイッター上でも話題になっているjootoというプロジェクト管理ツールがあります。

私も実際にjootoを使ってみましたが、確かに使いやすかったです。とはいえ、デメリットもありました。そこで、この記事では他社サービスと比較しつつ、jootoの詳細について触れていきます。jooto導入を判断するために、この記事を参考にしてください。

jootoとは

原悠介氏によって作られたクラウド型のタスク管理ツール

jootoは2014年に、原悠介氏らによってリリースされました。現在は、株式会社PR TIMESを通して提供されています。

チャットウォークをはじめとして、業界は選ばず中小企業を中心に多くの企業から利用されています。

jooto導入におすすめな人

  • jotooは、4人以下の小規模で短期間のプロジェクトを遂行する場合におすすめです。jootoの無料プランは4人いないであれば、すべての機能を無料で使うことができます。導入もとても簡単であるため、小規模のプロジェクトを短期間で処理したい場合はjotooの無料プランを使うといいでしょう。

  • メンバーの中に、ITツールを使うのが苦手な人がいる場合は、jotooが最適です。jootoは、直感的な操作性とシンプルな機能性、ソフトな印象のデザイン性を備えています。ITツールに苦手意識を持っている人でも、楽しんで使えるでしょう。

jootoと主な競合サービスの比較

jootoはすべての機能を無料で使えます。有料でも1カ月あたり数百円で導入できるため、他のプロジェクト管理ツールと比べても比較的に安価だといえるでしょう。

導入する際は、メールアドレスや氏名、会社名を入れるだけですぐに使えます。さらに、シンプルな作りのインターフェイスは直感的で操作性に優れており、誰でも簡単に受け入れられるのではないでしょうか。

他のツールと比べても、全体的に柔らかいデザインが好印象です。カンバンボードやガントチャート、タスク管理などの最低限の機能は残しつつ、シンプルを追求したプロジェクト管理ツールだと言えるでしょう。

jootoの主な機能

jootoは優れたデザイン性とともに、機能性もよく、ITツールが苦手な人でも扱いやすいのが特徴です。

ここでは、jootoで使える機能について分かりやすく解説します。

タスク・課題管理

タスクや課題の管理で期間を指定したり、タスクを分類するためのラベルを貼ったりできます。タスクの中には、さらに複数のチェック項目を設けることができます。

チェック項目の内容は、チェック表として使いミスを予防したり、簡単な下位タスクを付け加えたりすると効果的に利用できます。下位のタスク管理で使う場合は、チェック項目を消すことで上位タスクの進捗率が上昇する仕組みです。

簡単なコメントも送ることができるので、伝達事項を記入するのに使えます。プロジェクト管理ツールとしては、めずらしくメッセージ絵文字を加えることができます。絵文字慣れした若者世代を中心に、メンバー間のコミュニケーションツールとしても使えますね。

カンバンボード

カンバンボードとは、プロジェクトに関わる課題やタスクを、全体的に俯瞰して見るためのボードです。jootoのカンバンボードは、シンプルかつ直感的に使えるため、導入した直後からすぐに使えるようになります。

クリック&ドラッグで、タスクを各リスト間で自由に移動させたり、ボードからもワンクリックでタスクを追加したりできます。

色分けされたラベルで、タスクの重要度や簡単な伝達事項も、一目で確認することができます。プロジェクトの進捗をチーム全体で話し合うときにも、有効に活用できます。

ガントチャート

ガントチャートは、タスクや課題の進捗をわかりやすくするための工程表です。jootoのガンチャートは、タスクの詳細に記入したものが、そのまま反映されます。

さらに、ガントチャート内でもチャートを動かしたり、伸ばしたりすることで、タスクの期間を変更可能です。ガントチャートを見ながら、今後のプロジェクトの計画を話し合うのに便利な機能です。

ファイル管理や保存

ファイルをjooto内に保存しつつ、タスクとしても管理できます。つまり、ファイルとタスクを紐づけして整理することができるのです。

タスクからすぐに関連ファイルへと繋がることができます。そのため、jootoで作業工程を確認後、スムーズに業務に移ることが可能。ファイルを探す手間を省いて、業務を効率化できます。

フィルタ

フィルタ機能は、担当者やラベル付で分類した項目ごとに、並べ替えることができます。通常は、タスク管理画面でリストを並べる機能があるツールは多いのですが、jootoではガンチャートでも並べかえられるのが特徴的。

たとえば、担当者ひとり当たりのタスクの数を把握したり、タスクを優先順位別にならべたりすることが可能です。メンバーへのタスク配分の偏りや重要度の高いタスクの見落としを回避すために、効果的に利用できます。

ツールのプラン・金額

無料プランでも基本的な機能はすべて使うことができます。プランごとの違いは、ストレージや履歴の保存、利用可能な人数です。無料プランは、過去30日分しか行動履歴が残らないため長期的なプロジェクトを管理するには、スタンダードプランに加入したほうがよいでしょう。

また、スタンダードプランだと4人までは月額500円で使えいますが、5人以上は利用人数がひとり増えるごとに500円ずつ加算されます。

jootoのメリット・デメリット

jootoのメリットとして第一にあげられるのが、ユーザーフレンドリーな使いやすさです。とはいえ、使いやすい感覚は人によって違う場合もあります。

ここでは、jootoのメリットやデメリットについてお伝えしますので、jootoの機能が自身のプロジェクトにとってプラスに働くかどうかを判断してみてください。

jootoのメリット

1. 基本的な操作がドラッグ&ドロップで使いやすい

インターフェイスの大部分で、ドラッグ&ドロップで操作することができます。直感的に使えるツールが好みの方にとっては、使いやすいツールだと言えるでしょう。

2. 料金がお手頃

有料プランであっても、月額500円から使えるため、他のプロジェクト管理ツールと比べてもお得です。

3. Googleカレンダーと連携できる

jootoで管理しているタスクをGoogleカレンダーでも共有することができます。

たとえば、プライベートと仕事の兼ね合いを大事にしている人が、Googleカレンダー上でプライベートと仕事上のタスクを一緒に管理したい場合に便利な連携機能です。

jootoのデメリット

フリープランで使える人数やストレージが少ない

フリープランで使える人数が少ないのが欠点で、4人だと会社で行うようなプロジェクトには使いずらいです。また、使えるストレージも100MB程度であるため、すぐに消費してしまいます。

会社規模のプロジェクトでjootoを使う場合は、有料プランへの以降が必要でしょう。

jootoを使った人の評判・体験談

  • 使ってみて「便利!」と感じたポイント

ToDoで作業リストを作って、ガントチャートでざっくり把握できるのでとても便利です。

無料でガンチャートを使えるのが嬉しいです。

リモートワークでもホワイトボード上でミーティングするに使えるので便利です。

まとめ

jootoはクリック&ドラッグを多用することで直感的に、誰にでも使いやすい管理ツールです。最低限の管理機能を搭載しつつ、シンプルにまとめられています。

ファイルをそのままタスクにできる機能を使うと、ファイルを探したり、タスクをファイルに紐づけする手間が省けて業務を効率化できます。料金もリーズナブルで、4人以下のプロジェクトであれば、すべての機能を無料で使えるのも嬉しいところです。

プロジェクトのメンバーの中に、Tツールを使うのが苦手な人がいる場合は、jootoの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

記事スコア: 262

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む

  • Mouseflowの機能とは?料金プランや活用するメリットも確認しよう

    Webサイト分析ツール「Mouseflow」とはMouseflow(マウスフロー)はデンマークのIT企業、Mouseflow社が提供するWebサイト分析ツールです。セッションリプレイやヒートマップなどの機能を利用することによって、Webサイト上でのユーザーの動 続きを読む

  • User Heatの特徴について|料金設定や利用する手順も解説

    User Heatとはどのようなツールか?UserHeatは、Webサイトのアクセス分析などに活用されるヒートマップ(heatmap)解析ツールです。<p>ユーザーの流入数が少ない場合やコンバージョンが上がらない場合には、Webサイトの改善が欠かせ 続きを読む

  • ミエルカヒートマップの使い方のポイント|特徴や導入事例も解説

    ヒートマップ分析ツール「ミエルカヒートマップ」とはミエルカヒートマップとは、サイトに訪問したユーザーがスクロールした箇所などを見える化するヒートマップツールです。また、スクロールを終了した箇所やクリックした場所、しっかりと読んだ箇所なども色でわかるように可視化 続きを読む

  • おすすめWeb接客ツール22選|導入のメリットや選び方と種類も解説

    Web接客ツールとはなにかWeb接客ツールとは、Webサイトに来訪したユーザーに対しWebサイト上で接客し、ユーザーの購買活動の促進や疑問・不安の解消を実現するためのツールです。具体的には、カスタマーサポートとして、チャットツールなどを用いてユーザーとコミュニ 続きを読む

  • ヒートマップのおすすめツール9選|選び方や導入のメリットも解説

    ヒートマップとはヒートマップというのは、Webサイトのページ上でユーザーがとった行動をアクションの種類や頻度を色別のマップとして表現する仕組みです。ヒートマップツールとは、ユーザーのふるまいをヒートマップとして表示させることのできるツールです。ユーザー行動が色 続きを読む

  • ヒートマップを活用する6つのメリット|Webサイトの改善に活かす方法も解説

    ヒートマップとはヒートマップとは、Webサイトにおけるユーザー行動を、色によって可視化したものです。データを細かく数字で見るよりも、色の配置によってユーザーの反応が分かりやすくなります。ヒートマップの見方は大きく分けて3つあります。1つは熟読エリアと言い、ユー 続きを読む

  • CODE Marketing Cloudとは?特徴や使用するメリット

    CODE Marketing Cloudとは?CODE Marketing Cloudは、コンバージョン率の向上に役立てられる機能が搭載されたツールです。CODEが開発・提供しているもので、離脱防止やパーソナライズ化によるWebサイトのPDCAを高速で回せるW 続きを読む

  • チャットボットツール「sinclo」とは?特長や料金プランの選び方を解説

    チャットボットツール「sinclo」とは自社サービスのユーザーから寄せられる、電話やメールでのお問い合わせの対応に追われて人手不足に悩まされている企業は少なくないでしょう。そのような時に役に立つのが、今回紹介するツール「sinclo」です。sinclo(シンク 続きを読む

  • ecコンシェルを利用するメリットは?料金体系や特長も併せて解説

    Web接客サービス「ecコンシェル」とはecコンシェルとは、AIが利用されているWeb接客サービスのことです。株式会社NTTドコモが提供しています。利用者が扱いやすいインターフェイスとなっており、初心者であっても操作が簡単です。ecコンシェルを導入すれば、KP 続きを読む

  • Web接客サービス「Sprocket」とは?特長や導入の流れも紹介

    Web接客サービス「Sprocket」とは?「Sprocket」は、コンバージョンを増やすためのWeb接客プラットフォームに加えて、成果にこだわるコンサルティングが特徴のWeb接客サービスです。今までに導入し、改善した例は250社以上にも及んでいます。ユーザー 続きを読む

  • Flipdeskを利用するメリットは?料金体系や使い方も併せて解説

    Web接客ツール「Flipdesk」とはFlipdeskとはサイトの規模に左右されることなく、低コストで導入できるWeb接客ツールです。Webサイト内にタグを埋め込むことにより、自動的にサイトへの訪問者の行動を解析し、キャンペーンの告知やチャットでのサポートな 続きを読む

  • KARTEってどんなツール?主要な機能5つや企業に導入する例を紹介

    KARTEってどんなツール?KARTEは、Webサイトやアプリへの来訪者の行動や、そこから表れる感情をリアルタイムに解析・可視化し、一人ひとりに合わせた接客を可能にする顧客体験プラットフォームです。顧客体験とは、顧客が商品やサービスに興味を持ち、その商品やサー 続きを読む

  • 【納期厳守】Appseeの特徴とは?おすすめのアプリ分析ツール20選も紹介

    Appseeとは?2012年にイスラエルのテルアビブで設立されました。Appseeはアプリの最適化を目的としており、アプリ公開前の確認からアプリのUX改善まで、アプリに関するニーズに対応しています。また、Appseeを導入している企業は世界中にあり、さまざまな 続きを読む

  • Crazy Eggとは?機能や導入する上でのメリット・デメリットもご紹介

    ウェブ解析ツールの「Crazy Egg」とは?「Crazy Egg」とは、様々な機能を通して、ウェブサイトを訪れた人がサイトで何をしているのか、またなぜそのようなことをしているのかを解析する、ユーザー行動解析ツールです。「Crazy Egg」を利用すれば、「売 続きを読む

  • Contentsquareの特徴とは?コンバージョン率向上の5ステップも

    顧客体験分析プラットフォーム「Contentsquare」とは?「Contentsquare」は、顧客の行動や感情、モチベーションなど、顧客体験を可視化できるアクセス解析ツールです。クリック率・エンゲージメント率・離脱率など、サイト上すべての要素を自動的に識別 続きを読む

  • チャットボットサービスのSYNALIOとは?特徴や料金プランを解説

    チャットボット「SYNALIO」とはSYNALIOは、チャットボット型マーケティングツールです。ここでは、SYNALIOは月間いくらで利用できるのか、どのような機能があるのか、どういった企業が導入しているのかなどを解説していきます。SYNALIOを導入して、企 続きを読む