デザインの参考になるギャラリーサイト16選│自社にぴったりなLPの作り方も

CXBOTTLE編集部
15

自社にぴったりなLPを作成する4つのコツ

LPとはランディングページのことです。最初にユーザーがアクセスするため、直訳すると着地ページという意味になります。サイトの顔となるLPは自社商品やサービスの特徴や利点が伝わりやすく、ユーザーの心をつかむデザインにするのが理想です。

自社にぴったりなLPを作成することで、ユーザーが欲しい情報を得やすくなります。ここではまず、LP作成のコツを紹介していきましょう。

1:カラーを参考にする

LPだけではなく、サイト全体で色味を統一すると読みやすくなります。自社のイメージカラーや商品のイメージカラーに合わせることが多いためメインカラーはすぐ決まりますが、補色は参考サイトから抜粋しましょう。

また登録ボタンや購入ボタンを反対色にすることで、ユーザーがタップしやすくなります。

2:イメージを参考にする

自社商品やサービスのイメージを伝えるのに効果的な画像は、ページの最初に掲載することが多いです。

ユーザーが記事を読むかどうかを決める重要なポイントですから、LPサンプルを掲載しているLP参考サイトから健全でイメージに合うものを選びましょう。

食品メーカーから食材のイメージ、アパレルブランドなら衣服のイメージ、住宅メーカーなら住居のイメージというように、内容に合致したものを選択してください。

3:自社と同業他社のLPを参考にする

自社のLPを改善したい場合、同業他社はどのようなLPにしているかを参考にしましょう。読みやすい記事の流れ、よりイメージを的確に伝えられるキャッチコピーなどを参考にできます。

また同業他社のLPを見ずに作成してしまうと、他の企業とまったく異なるものになってしまい、ユーザーに違和感を与えてしまいます。

4:キャッチコピーをヒントにする

キャッチコピーは、LPにおいて商品やサービスの特徴を簡潔に説明するものです。キャッチコピーは一から独自に考えると的確に言葉を選びにくいため、ギャラリーサイトや他社サイトを参考にしましょう。

LPを作成する作業の80%の時間と労力をキャッチコピーに費やすべきという風潮もあるため、本文を読ませることを目的として目立つ文章を考えてください。

【国内】参考にできるLPデザインまとめサイト11選

不動産、ファッション、化粧品、金融と業種を問わず、参考にできるLPデザインまとめサイトがあります。LP参考サイトにはさまざまなものがありますから、その中から特に使い勝手のいいサイトを知っておきましょう。

国内参考サイトの利点は、日本語表示で分かりやすいことです。LP作成依頼もしやすくなっています。

1:Dejam

「Dejam」は、LP・Webデザインの豊富なデザインデータベースを無料で公開している、参考事例サイトです。LPだけでなくWebサイトのデザインを画面ごとに閲覧することが可能できるのが大きな特徴です。

また有料版を用いると該当サイトの過去のデザインも見ることができるようになります。

https://leango.co.jp/dejam/

2:LP幹事

ゲームやアニメ、芸能や音楽、不動産、ITなどさまざまな業種が使えるLPデザインの事例を閲覧できるサイトです。業界ごと、カラーごと、イメージごとに表示できるため、参考にしたい素材を探しやすくなっています。

「スタイリッシュ」や「ポップ」などイメージごとのタグ検索もできるため、イメージを検索しやすいです。国内の同じ業種で違う企業のサイトを参考にすることで、馴染みのあるデザインにできます。

親しみやすさは商品やサービスの購入に繋がりやすいため、積極的に取り入れましょう。

3:ランディングページ集めました。

「ライティングページ集めました」は画面左に医療や観光、車など業種ごとのカテゴリー一覧があり、参考ページの画面が右側に羅列されています。参考例をひとつひとつクリックしないでも見られるのが便利です。

全体的な雰囲気を見て気に入ったデザインを拡大して見られるため、好きなものを探しやすいのが特徴です。

4:縦長ページのデザイン 集めました

「縦長ページのデザイン集めました」は、画面右側にある金融や美容・ダイエットなどのカテゴリーの中からスマホでLPを表示した場合の参考デザインを表示します。スキンケアやコスメから、ビジネスや印刷サービスまで幅広い参考ページを閲覧できるサイトです。

ほとんどのユーザーがスマホで企業サイトを検索するため、自社サイトに訪問する多くのユーザーが閲覧するのと同じ状態のLPを確認できます。

5:イケてるランディングページデザインまとめ

「イケてるランディングページデザインまとめ」はナチュラル系、シンプル系、オーガニック系など、さまざまなイメージごとに参考ページを表示できます。ゲームやウエディングなど参考にしやすいものが揃っているのが特徴です。

女性が喜ぶ参考デザインが多いため、女性向けの商品やサービスを提供している企業におすすめです。

6:SANKOU!

「SANKOU!」はイメージ画像やLPページの参考デザインを集めたサイトです。シャンプーやラーメン屋、アウトドアといった店舗やブランド、メーカーなどのサイトに掲載されているLPデザインが見られるサイトです。

大企業だけではなく、中小企業の公式サイトや個人事業主が経営する店舗の公式サイトの実例も多く掲載されています。

7:Web Design Clip

「Web Design Clip」はウェブデザイン講座やアートプロジェクト、通信サービスなど幅広い業種のLPデザインを閲覧できます。スタイリッシュなものが多いですが、実用性の高いデザインもあるため、生活に根付いた商品やサービスのLPの参考になるのが特徴です。

生活に必要な便利なサービスを提供している企業や、自治体全体で取り組んでいる企画の公式サイトなど、デザイン性よりも実用性が優先となるサイトに向いている実例が集まっています。

8:MUUUUU.ORG

「MUUUUU.ORG」は飲食企業のLPや、金融サービス、歯科医院、自治体といった幅広いLPのデザインを参考にできます。商品やサービス、企業イメージを的確に伝えつつ、デザイン的にも優れているものが揃っているため、LPの参考にしやすいです。

9:LPアーカイブ

「LPアーカイブ」はサービスや保険、健康やサプリ、食品といった生活に根付いた商品・サービスを提供している企業のLPデザインを中心に掲載しています。

スマホで表示した場合の縦長デザインであるため、スマホからの検索に力を入れることを推奨しているGoogleの指針に合っているサイトです。

10:LP advance

「LP advance」もスマホで表示した場合のLPデザインを多く掲載しているサイトです。クリニックや銀行、ゲームアプリ、美容品など、幅広いデザインの参考デザインを表示しています。

11:LANDINGPAGE BOOKMARK

「LANDINGPAGE BOOKMARK」はエイジングケア商品や整腸サプリなど、健康に関する商品のLP参考デザインを表示しています。スマホで表示したときの画面が出てくるため、実際にサイトに掲載したときの印象が分かりやすいです

【海外】参考にできるLPデザインまとめサイト5選


海外のLPを参考にできるサイトも知っておくと、日本にはないデザインを取り入れたいと思ったときに便利です。ここからは、自社サイトに使える海外のLPデザインまとめサイトを紹介していきます。

日本にはないデザインを取り入れたいと思った時に、海外のサイトをひとつひとつ訪問して参考にするのは面倒です。海外サイトのデザインが多数揃っているまとめサイトを参考にしましょう。

1:CSSclip

「CSSclip」は、海外のシンプルでスタイリッシュなデザインを中心に紹介しています。LPをデザインする時に、余計なものを掲載したくない企業におすすめです。シンプルで分かりやすいデザイが多く、ユーザーに必要な情報が伝わりやすいです。

シンプルでスタイリッシュなデザインのサイトは業種に関わらず、似たようなものになってしまいます。海外のサイトを参考にするとシンプルながら他と違うデザインが可能です。

2:One Page Love

「One Page Love」は、さまざまな企業のインスピレーションを閲覧できるのが特徴です。都会的で洗練されたデザインから、シンプルで分かりやすいものまで掲載されているため、業種関係なく参考になります。

個性的なものも多く揃っているため、インパクトのあるLPを目指している場合にもおすすめです。ビビットカラーをバランスよく使ったデザインを取り入れることができます。

3:Awwwards

「Awwwards」はイタリアやスウェーデン、オランダなどヨーロッパを中心にしたLPデザインを掲載しています。インターネット上のデザインに困っているときに参考になるサイトです。

海外の参考デザインを閲覧できるサイトはアメリカのものが多いですが、「Awwwards」はヨーロッパのデザインを集めているサイトですから、他の参考サイトでは自社イメージに適さなかった場合に閲覧してみましょう。

4:OnePageMania

「OnePageMania」はグラフィックを使ったかわいいデザインから、モノクロのおしゃれなデザインまで、幅広い参考ページを掲載しています。アーティスティックなデザインのものが多いため、実用性の高い商品やサービスよりも、芸能や音楽に関するLPの参考におすすめです。

海外サイトのデザインはクール系が多いため、親しみやすさに欠けるという欠点があります。温かみのあるかわいらしいデザインであり、海外サイトで実際に使われているものなら、世界に向けて企業展開している場合でも使いやすいです。

5:Land-book

「Land-book」は下着メーカーやアクセサリーブランドから、ビジネスや文化遺産のためのサイトまで幅広い参考デザインを掲載しています。実例をたくさん見ることで商品やサービスに合ったデザインを選びやすくなるため、デザインの最適化が可能です。

日本のサイトでよく使われているデザインでは合わない場合や、海外に向けて商品・サービスを発信したい場合は海外サイトを参考にしましょう。

日本のサイトで参考にならないときには、このような海外サイトを訪問してみるとまた違ったデザインが見つかります。

まとめサイトを参考に自社のLPを作成しよう

今回は自社にぴったりなLPを作成するコツや、参考にできるLPサイトのご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか。

LP作成に興味のある方は、日本や海外のLPデザインを参考にして自社にぴったりなLP記事を作成してみてください。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 15

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • LPとは?運用のメリットとデメリット・特徴などを細かく解説!

    LPとはLPとは、ランディングページのことを指しています。ランディングページとは、検索結果や広告からの訪問者が最初にアクセスするページのことを言います。ちなみに、着地する(land)という意味からこの名前がついています。LPには、広義の意味合いと狭義の意味合い 続きを読む

  • プロセスマネジメントの意味|導入する利点や結果を出すコツとは?

    プロセスマネジメントの意味「プロセスマネジメント」という言葉をよく耳にすることでしょう。プロセスマネジメントは、結果を最大化させると言われています。このコラムではプロセスマネジメントの基本について解説し、その成功事例を紹介します。プロセスマネジメントが必要な理 続きを読む

  • LPの制作会社おすすめ12選|メリットやデメリット・依頼時の注意点を紹介!

    LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)は、もともと検索や広告経由で最初に見るページで、ホームページに着地するイメージからこのように呼ばれるようになりました。しかし、一般的には、縦長の情報量が多いページのことをLPと呼ぶことが多いです。商品の 続きを読む

  • LPの作り方の8つの手順とは?構成の要素や注意したいポイントも解説

    LPとはどのようなものかLP(ランディングページ)とは、集客を目的とした縦長1枚で完結するWebページのことです。Webページと聞くと、「TOPページ」「会社概要」「商品紹介 」「問い合わせ」等、複数のページから成るホームページを連想する方も多いでしょうが、そ 続きを読む

  • 参考にしたいWebデザインのポートフォリオ22選|作成のポイントも詳しく説明

    WebデザインのポートフォリオとはWebデザインのポートフォリオとは、過去の作品を集めたWebサイト・ファイルのことを指します。自分の感性や個性をアピールすることも可能です。具体的には、クラウドソーシングで受注した案件や企業で残した実績を掲載します。ポートフォ 続きを読む

  • おすすめWebデザインのテンプレート41選|無料と有料のものを幅広く紹介

    Webデザインのテンプレートとは?Webデザインのテンプレートとは、Webサイトのデザインやレイアウトの雛形のことです。サイトの用途や予算に合わせた、様々なテーマやパッケージのものが販売されており、未経験者でも簡単に自分のサイトを作成できます。しかし、ひとくち 続きを読む

  • 無料で使えるWebデザインツール11選!選ぶ際のチェックリストも紹介

    Webデザインとは?Webデザインは、Web上に存在するホームページを制作することを意味します。他のデザインの仕事とは違い、Webデザインにはデザインだけではなくホームページとして表示するためのコーディングが必要です。Webをデザインするときは、コーディングを 続きを読む

  • Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由|在宅で副収入を得よう

    副業フリーランスの市場規模企業の副業解禁にも相まって、副業フリーランスの市場規模は、年々増えています。2020年に発生したコロナウイルスの発生も相まって、ここ数年で人々の働き方に対する意識が大幅に変化しました。また、ランサーズによる、フリーランス・副業・複業ワ 続きを読む

  • Webデザインの参考になるサイト37選|流行りのデザインの動向についても解説

    Webデザインの幅を広げる方法とはWebサイトを作る上でWebデザインのスキルは大変重要です。デザインによってWebサイトの見やすさ、企業やサービス内容の伝わりやすさ、ユニークさなど、見る人に与える印象が大きく変わります。多種多様なサイトデザインを研究すること 続きを読む

  • LPデザインの参考おすすめ17サイト!成功に導くポイント・見せ方のコツも紹介

    LPデザイン決定までの5つの流れLPとはランディングページの略で、Webサイトにおいてユーザーのアクションを誘導するためのページです。具体的には商品紹介ページやサービス紹介ページなどがLPになります。LPのクオリティはサイト売り上げに大きく影響するため、LPは 続きを読む

  • Webデザインを独学で学ぶには?6つの勉強方法や学習手順を解説

    独学でもWebデザインを学ぶことはできる優秀なWebデザイナーは引く手あまたで、高収入が得られる場合もあります。そのようなWebデザインを学んでみたいという人も少なくありません。しかし、専門のスクールに通わなければ学べないのではと考えている人も多くいるでしょう 続きを読む

  • BPMを導入するメリットを解説|必要な理由や海外との違いとは?

    BPMとはBPMとは「Business Process Management」を略した言葉で、業務管理手法の1つです。BPMは業務の流れをモデル化することで課題の分析を行い、課題解決のための新しい業務プロセスを作ることで、継続的に業務改善を行うというものです。 続きを読む

  • LPを構成する大切な10個の要素をご紹介|基本を押さえよう!

    LP(ランディングページ)の役割LP(ランディングページ)の役割は、webページ上の広告をクリック・タップして誘導された最初のページに対して効果的に商品やサービスの宣伝をする重要なものとなります。来訪してきたユーザーに対して購入意欲・資料請求・問い合わせといっ 続きを読む

  • 2021年Webデザインのトレンド15選|アニメーションを駆使したものも登場

    2021年のWebデザインのトレンドの傾向2021年はコロナウィルス蔓延による影響で、外出自粛やリモートワークが促進され、より長い時間を家で過ごす人が急増しました。必然的に人々がWebサイトを見る時間も長くなり、Webサイトを工夫することによる効果は大きくなっ 続きを読む

  • Webデザイン初心者におすすめの勉強法4選|おすすめの本15選も紹介

    Webデザインとは?ホームページ作成やデザインに興味がある人は、Webデザインを学んでみたいと思う人も多いでしょう。そもそも、Webデザインとはどんなことをするのでしょうか。Webデザインとは、パソコンやスマホなどのネット上に掲載されるホームページの文字や色の 続きを読む

  • Webデザインの勉強におすすめの本総合18選|独学やスキルアップにおすすめ

    WebデザインとはWebデザインとは、PCやスマートフォンなどの画面に表示されるもののデザインを作成することです。具体的には、企業などのホームページや商品紹介のWebサイトなどに、どのようなコンテンツを掲載するのか、配置や見出し、テキストの文字のフォントをどう 続きを読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む