sincloを導入する5つの効果|料金プランや充実した主な機能も紹介

CXBOTTLE編集部
30

sincloチャットボットツールとは


sinclo(シンクロ)チャットボットツールとは、プログラミングなどの作業不要で導入できるチャットボット型のWeb接客ツールです。
Webサイトに訪れたユーザーに対して、対面での接客のような最適な顧客コミュニケーションを自動的に行います。

sincloを導入することにより、サイトからの離脱を軽減し、コンバージョンの上昇へとつなげることができます。

sincloの料金プラン


sincloにはコスト重視のプランと成果重視のプランの2種類があります。
そのため、まずは低価格から始めたい場合や、様々な機能を利用して成果を最大化したい場合でも、ニーズに合わせて導入することが可能です。

ここではsincloの料金プランについてそれぞれ解説していきます。

コストをおさえたい場合

コストをおさえてsincloを導入したい場合には、コスト重視の月額9,440円から始められるコスト重視プランがおすすめです。コスト重視プランであれば、まずは低価格から始めたいというニーズにもマッチするでしょう。

出典:料金体系|MEDiA LiNK
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/price/

成果へとつなげたい場合

sincloを導入して成果へとつなげたい場合には、成果重視の月額29,440円から始められる成果重視プランがおすすめです。成果重視プランであれば、様々な機能を活用して成果を最大化することが可能です。

出典:料金体系|MEDiA LiNK
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/price/

sincloを導入する5つの効果


sincloはまるで対面での接客のように、Webサイトを訪れた訪問者に対して営業、サポートすることができるクラウドサービスです。
それではsincloを導入することで、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

ここではsincloを導入する効果について解説していきますので、参考にしてみてください。

  • 売り上げの向上に期待できる

  • コスト削減に期待できる

  • 業務効率化の実現に期待できる

  • ユーザー離脱の軽減に期待できる

  • 顧客満足度向上に期待できる

1:売り上げの向上に期待できる

sincloは訪問者に対して最適なチャットメッセージを発信することができるため、売り上げの向上につなげることができます。非対面でありながら実店舗のような接客ができるため、ECサイトであれば直接売り上げに貢献することができるでしょう。

2:コスト削減に期待できる

sincloはこれまですべて有人で行っていたカスタマーサポートやヘルプデスクをまとめて効率化することができるため、コスト削減への効果も期待できます。簡単な問い合わせであればsincloによって自動化できるため、人が対応する必要もなくなります。

また、sincloは利用者の数などに関係なく月額固定で利用できるため、コストパフォーマンスも良いと言えるでしょう。

3:業務効率化の実現に期待できる

sincloを導入することで有人で対応しなければいけない業務を減らすことができるため、業務負荷を軽減して効率化することができるでしょう。たとえばFAQやヘルプページなどに掲載されているような内容の問い合わせであれば、sincloによって自動化することが可能です。

4:ユーザー離脱の軽減に期待できる

サイトを訪れた訪問者がすぐに離脱してしまうようなWebサイトは、訪問者に対して最適な情報提供ができていないことが原因です。しかしsincloを導入することで自動的に訪問者に最適なメッセージを発信できるため、ユーザー離脱の軽減効果が期待できます。

5:顧客満足度向上に期待できる

sincloであればサイト訪問者が今必要としている話しかけを自動的に行うことができるため、顧客満足度の向上へとつなげることも可能になります。

また、訪問者がチャットに対してメッセージを打ち込んだ場合、待ち時間を作らずに瞬時にレスポンスを行えるため、訪問者にストレスを感じさせる心配もありません。

sincloを導入する6つのメリット


ここまで紹介したように、sincloを導入することで様々な効果が期待できるでしょう。また、sincloには対面接客のような接客ができる点や、充実したサポートが用意されている点など、様々なメリットがあります。

ここではsincloを導入するメリットについて解説していきます。

  • 対面接客のようなウェブ接客

  • 様々なデバイスに対応している

  • シンプルでUI・UXがわかりやすい

  • ユーザビリティが高い

  • サポートが充実している

  • 一定期間の無料トライアルがある

1:対面接客のようなウェブ接客

sincloは非対面でありながら、まるで実店舗での対面接客のようなウェブ接客ができるというメリットがあります。

Webサイトは店舗と違ってどのような訪問者がいつ来たのかわかりませんが、sincloを導入すれば訪問者を見える化し、いつでも最適な営業やサポートなどを行えるようになります。

2:様々なデバイスに対応している

sincloはパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンなどすべてのデバイスに対応しているというメリットがあります。そのため、たとえばモバイル端末からの訪問が多いようなサイトであっても簡単に導入する事が可能です。

3:シンプルでUI・UXがわかりやすい

sincloはシンプルでわかりやすいUI・UXになっているため、他のチャットボットと比較しても導入ハードルが低いというメリットがあります。管理画面もシンプルで使いやすくなっているため、マニュアルなどを読まなくても直感的な操作が可能です。

そのため、チャットボット運用にかかる手間を軽減することができます。

4:ユーザビリティが高い

sincloはユーザーファーストで設計されているため、ユーザーの負担を軽減するための機能やデザインになっており、ユーザビリティが高いというメリットがあります。

たとえば、訪問者に対するメッセージも返答がラジオボタン形式になっているため、訪問者は自分でテキスト入力を行う手間が省けます。

5:サポートが充実している

sincloは導入時から実際の運用まで、充実したサポートを提供しているというメリットがあります。たとえば導入を検討している段階であれば、2週間の無料トライアルを試すことができます。

また、実際に導入する場合も担当者からの様々なサポートを受けることができるため、初めてWeb接客ツールを導入する場合でも安心です。

出典:トライアルは可能ですか?|MEDiA LiNK
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/faq/

6:一定期間の無料トライアルがある

sincloは2週間の無料トライアルを利用できるというメリットがあります。無料トライアルを利用することで、実際の操作感や効果を試してから導入を検討することができます。

また、トライアル期間終了後、勝手に有料プランへ切り替わるなどの心配もありません。

sincloを導入する際の4つの注意点


sincloには様々なメリットがありますが、いくつかの注意点も存在します。そのため、実際にsincloを導入する場合は、どのような点に注意しなければいけないのかあらかじめ確認しておくことが大切です。

ここではsincloを導入する際の注意点を紹介していきます。

  • 導入後は最低利用期間が定められている

  • 多言語の対応ができない

  • 要望や設定によって導入に時間がかかる場合がある

  • 土・日・祝のサポートは対応していない

1:導入後は最低利用期間が定められている

sincloは最低利用期間が3ヵ月となっているため、3ヵ月以内での解約などができません。たとえば実際に利用を開始してから自社サイトには合わないと感じた場合でも、3ヵ月は利用する必要があります。

そのため、先に無料トライアルを利用し、様々な機能を試してから導入を検討するようにしましょう。

出典:最低利用期間はありますか?|MEDiA LiNK
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/faq/

2:多言語の対応ができない

sincloは多言語対応についてアピールしていないことから、グローバルサイトでの利用には特化していないと言えます。

チャットボットの中には多言語対応を長所としているタイプもあるため、グローバル環境での利用を検討している場合は、多言語に特化したチャットボットを選んだ方が良いでしょう。

3:要望や設定によって導入に時間がかかる場合がある

sincloはシンプルな設定で導入する場合は1~2日程度で導入可能ですが、要望によっては時間がかかる場合もあります。導入期間は平均2~3週間程度ですが、要望や設定ボリュームによっては長い時間がかかるケースもあることを押さえておきましょう。

出典:導入から実装までの期間はどれくらいかかりますか?|MEDiA LiNK<br>
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/faq/

4:土・日・祝のサポートは対応していない

sincloはサポートが充実していますが、土日や祝日に関しては対応していない点に注意が必要です。サポートは営業時間の平日9:00~18:00となっており、営業時間外の問い合わせには翌営業日以降の対応となります。

出典:サポート体制はどのようになっていますか?|MEDiA LiNK
参照:https://sinclo.medialink-ml.co.jp/faq/

sinclo活用に充実した主な機能10選


sincloは簡易入力機能や履歴・統計レポート機能など、様々なニーズに応じた機能を提供しています。
sincloを最大限活用する場合は、どのような機能が利用できるのかも把握しておくことが大切です。

ここではsinclo活用に充実した主な機能について解説していきますので、参考にしてみてください。

  • 簡易入力(定型文)機能

  • 履歴・統計レポート機能

  • ウィジェットデザイン設定機能

  • オートメッセージ・オートリプライ機能

  • リアルタイムモニター機能

  • 外部サービス連携機能

  • ラジオボタンメッセージ送信機能

  • ステータス管理機能

  • キャンペーン設定機能

  • シナリオ設定機能

1:簡易入力(定型文)機能

sincloにはよく使用する文言を登録しておける簡易入力(定型文)機能が搭載されています。有人チャットとして利用する場合、事前に登録してある定型文をキーボードの「↓」から入力できるため、効率的でスピーディな入力が可能です。

また、定型文は「最初のあいさつ」など、定型文の種類によってカテゴリーごとに管理することもできます。

2:履歴・統計レポート機能

sincloには過去のチャット履歴のレポートや、自動返信応対率などのチャット統計レポート機能が搭載されています。履歴・統計レポート機能ではチャット履歴や統計レポート、CSV出力などの機能が利用可能です。

履歴・統計レポート機能を利用することで、チャットの内容だけではなく訪問者情報や送信ページ、受信日時、自動返信応対率や有人チャット応対率、チャットCV件数などを確認することができます。

3:ウィジェットデザイン設定機能

sincloではウィジェットデザイン設定機能によって、サイトに設置するチャットウィンドウのデザイン、配置、表示するタイミングなどをカスタマイズできます。

ヘッダーのタイトルやカラー設置などを自由に編集できます。そのため、どのようなデザインのサイトであっても、チャットウィンドウによってサイト全体のデザインを損ねる心配がありません。

4:オートメッセージ・オートリプライ機能

sincloのチャットボットではオートメッセージ機能やオートリプライ機能などが搭載されています。オートメッセージ機能とは、サイトの訪問者に対して事前に登録済みのメッセージを自動的に送信する機能です。

また、オートリプライ機能は訪問者の発言に対して自動的に返信を行えるため、コスト削減を実現できます。チャットボットから有人チャットに切り替えることも可能です。

5:リアルタイムモニター機能

sincloのリアルタイムモニター機能では、自社サイトの訪問者のリアルタイムな情報を見ることができます。

訪問者一人ひとりのページ滞在時間や訪問回数といった様々な情報を確認することができるため、訪問者の情報から効果的なアプローチを行うことも可能になります。

6:外部サービス連携機能

sincloでは外部サービス連携機能が搭載されており、様々な外部サービスとシームレスに連携して利用することができます。

SFAやCRM、MAツール、グループウェア、Webマーケティング、カレンダー、ビジネスチャット、CMSなどあらゆる外部サービスとの連携が可能なため、すでに利用している既存サービスと連携して、効率的な利用ができます。

7:ラジオボタンメッセージ送信機能

sincloにはユーザーが自分でコメントを入力せずに、ラジオボタンの選択肢の中から返答できるラジオボタンメッセージ送信機能が搭載されています。

あらかじめ返答の選択肢をラジオボタンで用意しておくことにより、チャットボットに対する訪問者の心理的なハードルを下げる効果が期待できます。

8:ステータス管理機能

sincloにはオペレーターのステータスを「待機中」もしくは「離席中」に変更できるステータス管理機能が搭載されています。

ステータス管理機能を利用すれば、オペレーターが待機している間だけチャットウィンドウを表示するような設定にすることも可能なので、オペレーター不在の際に問い合わせが来るような心配もありません。

9:キャンペーン設定機能

sincloにはキャンペーン情報を登録できるキャンペーン設定機能が搭載されています。登録したキャンペーンはサイトアクセス時、特定のパラメータを含む場合に、リアルタイムモニターや履歴にキャンペーン名を表示させることができます。

また、キャンペーン情報は訪問者の離脱防止設定にも利用可能です。

10:シナリオ設定機能

sincloのチャットボットでは事前にシナリオを設定しておき、オートリプライできるシナリオ設定機能があります。たとえば資料請求などの問い合わせに対するシナリオを用意しておくことにより、問い合わせ対応を自動化することができます。

さらに、ユーザーが途中で離脱したとしても、再訪問時に前回回答した内容を復元することができるため、ユーザーの作業負荷を軽減することができるでしょう。

sincloの効果やメリットを把握して導入を検討しよう


sincloはWebサイトの訪問者に最適な接客を自動的に行うチャットボット型のWeb接客ツールです。クラウドサービスであるため、アプリケーションなどのインストール不要で利用することができます。

ぜひ本記事で紹介したsincloを導入する効果やメリット、sincloを導入する際の注意点などを参考に、sincloを導入してコンバージョン率の上昇や業務効率化につなげてみてはいかがでしょうか。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
https://leango.co.jp/dejam/
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 30

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • EFOツールGyro-nとは?主な11の便利機能や導入するメリットも紹介

    EFOとは?EFOとは「Entry Form Optimization」を略した言葉で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。EFOの目的は、Webサイトにある入力フォームを訪問者に対して最適化することで、コンバージョンの改善を行うことです。サ 続きを読む

  • Optimizelyとはどのようなツールか|ABテストの作成方法手順も

    OptimizelyとはどのようなツールかOptimizelyとは、サイト最適化に有効であるABテストが簡単に実施できるツールです。これまでABテストでは多くの部署や人が必要でしたが、Optimizelyは特別なコーディングスキルを要さず、直感的に操作できます 続きを読む

  • formrunが持つ特徴や導入メリットは?使い方もあわせて解説

    フォーム作成ツール「formrun」とはフォーム作成ツール「formrun」は、フォーム作成だけではなく、問い合わせ対応・状況の確認やメール対応まで、フォームに関わる業務をワンストップで管理できるツールです。コードの知識を要さず、多種多様なテンプレートから必要 続きを読む

  • 「BOTCHAN EFO」とは|利用料金や活用シーンについても紹介

    EFOツール「BOTCHAN EFO」とはEFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化を指します。Webサイト上での問い合わせに対して、ユーザーが個人情報などを入力しなければならないときがあります。その際に、手間がかかる 続きを読む

  • EasyEntryの特徴と料金|その他のおすすめEFOツールも紹介

    EFOツールの役割とは今回紹介するEasyEntryは、EFO(entry form optimization)ツールの1種です。EFOツールとは、ホームページのユーザーがスムーズに入力できるよう、入力フォームの最適化をおこなうツールです。たとえば、ユーザーが 続きを読む

  • EFOcatsが持つ特徴や施策の必要性とは?料金体系も確認しておこう

    EFOツール「EFOcats」とは「EFOcats」はユーザー心理を研究して開発された、スマホに最適化した入力フォームを実現するEFOツールです。他社に無い1画面1質問の形式を取っており、唯一、futureshopと連携しているEFOツールでもあります。EFO 続きを読む

  • スマートUPフォームが持つ特徴とは?他ツールとも比較して参考にしよう

    EFOツール「スマートUPフォーム」とはスマートUPフォームとは、PCサイト・スマートフォンサイト両方に対応しているフォーム改善ツールのことであり、PC独自の機能だけではなく、スマートフォンならではの入力支援サポートを備えた便利なEFOです。高い機能性はもちろ 続きを読む

  • LPのデザインの参考になるポートフォリオサイト6選といいデザインの見極め方

    LPの制作 まずは、参考にするデザインを見つけるところからあなたがこれからはじめてLP制作に取り組むとしたら、おそらく「どんなLPにしたらよいか」というデザインの壁にぶつかることになるでしょう。慣れていない人は毎回のように頭を悩ませているのではないでしょうか。 続きを読む

  • Form Assistの特徴とは?EFOの重要性や導入の際の注意点も紹介

    Form Assist(フォームアシスト)とは?Form Assist(フォームアシスト)はサービス化されたEFOツールです。EFOはEntry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略称で、入力の手間を省き、短時間で正確に入力できるように 続きを読む

  • f-tra EFOの特徴を紹介!ツールが必要な理由や選び方のポイントも

    EFOツール「f-tra EFO」とはf-tra EFOは、株式会社エフ・コードが提供する入力フォーム最適化が行えるEFOツールです。入力支援機能やレポート機能が備わっており、ユーザーがフォームから離脱するのを防ぐのに役立ちます。料金は、ドメインかつ端末が同一 続きを読む

  • GORILLA EFOの特徴を紹介!ツールを検討する際のポイントも紹介

    GORILLA EFOとは?GORILLA EFOとは、エントリーフォームを最適化するツールのひとつです。ブルースクレイ・ジャパンが開発したGORILLA EFOの「efo」は、Entry Form Optimisationの略です。このGORILLA EFO 続きを読む

  • Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

    Adobe Targetとは?Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe 続きを読む

  • Google Optimizeとは?設定方法や導入するメリットも紹介

    Google OptimizeとはGoogle Optimizeは、Googleが無料で提供しているウェブサイトやアプリのバリエーションをABテストなどでテストできるツールです。optimizeとは「最適化」という意味で、ウェブサイトやアプリを最適化することに 続きを読む

  • EFO CUBEを利用するメリット7選|導入時の注意点も紹介

    EFO CUBEとは?EFO CUBEとは「Entry Form Optimization」の略です。日本語に訳すと「入力フォーム最適化」になります。EFOは、会員登録画面や送付先画面などの入力フォームを、ユーザーが使いやすいように最適化することです。ECサイ 続きを読む

  • LPOツール「DLPO」が持つ特徴とは?料金体系も確認しよう

    LPOツール「DLPO」とは「DLPO」とはDLPO株式会社が販売している、日本国内で実績のあるランディングページ最適化ツールです。ランディングページの他にオウンドサイト、ECサイトなど様々なサイトに対応しており、ABテストや多変量テストなどを用いて、コンバー 続きを読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む