LPコンバージョン率アップの仕組みを徹底解剖!CVの目安も紹介

CXBOTTLE編集部
287

コンバージョンを理解しないとコンバージョン率を見極められない

Webディレクターやマーケターのみなさんは「コンバージョン」という用語を普段からなにげなく使っているかと思われますが、コンバージョン(Conversion)が本来持つ意味が「変換」だということをご存知でしたか?

ビジネスにおける広義のコンバージョンは、訪問客が顧客(=売り上げをもたらす人)へと「変換」されるタイミングを指します。そのため、コンバージョンの捉え方は企業によって異なります。

コンバージョンの捉え方は業種によって様々

コンバージョンの捉え方が異なるとはどういうことか?もう少し具体的に解説しましょう。

ネット通販のLPのコンバージョン:商品購入

これがもっともわかりやすい例でしょう。商品を販売するLPにおいては、訪問者が商品を購入した時点でコンバージョンとなります。

情報発信サイトのLPのCV:会員登録

ユーザーを囲い込んで有料の情報発信を行うサイトの場合、LPの段階では決済が絡まないことが多いです。この場合、「会員登録」がコンバージョンになります。メルマガの配信登録などがクッションになることが多いですね。

商品単価が高い会社&toBの会社のLPのCV:問い合わせや資料請求

こちらは例を挙げると「車」や「不動産」などがあります。マンションをLPから費用を支払って購入することはないですよね。車であれば試乗、不動産であれば内覧などを行ってから契約に至ることになるはずです。このように、商品単価が高い商材をLPにて売り出す場合は、LPから問い合わせや資料請求を行った時点でコンバージョンになります。

toBの商品やサービスも同様です。企業間の契約が発生するため、LPだけで終わり!ということにはなりません。したがって、toBの会社では、問い合わせや資料請求をコンバージョンとして解釈します。

コンバージョン率の計算方法

コンバージョン率(CVR)の計算方法についてもおさらいしておきましょう。

コンバージョン率の求め方

コンバージョン率(%)=コンバージョン数 / アクセス数 or クリック数 * 100

「or」が含まれていることからわかるとおり、コンバージョン率の計算方法は企業によって異なります。

コンバージョン率の目安について紹介します

自社のコンバージョン率を追っていると、他社ではどうなんだろう、一般的にはどうなんだろうと知りたくなることがあるでしょう。

あくまで目安ではありますが、さまざまな角度からコンバージョン率を紹介します。

「商品購入」がコンバージョンの場合

「商品購入」をするために顧客はまず検索ワードを使用しますね。しかし流入経路によってコンバージョン率は大きく変わります。

一般ワードの場合のCVR

LPへ訪問するきっかけのほとんどが検索エンジンからです。リスティング広告もしくはオーガニック検索からの流入になりますが、まずは「一般ワード」から解説します。一般ワードとは、他の企業やサービスも使用する一般的な用語です。

例えば「LPO」や「CVR」、「メディア」などは一般ワードですね。これらの一般ワードで検索を行いLPにたどり着いた訪問客は、広く情報収集を行いたいという温度感の人たちが多く、購買意欲が低いためCVRは1〜2%が目安です。

指名ワードの場合のCVR

指名ワードは固有名詞に近く、企業名やサービス名など独自性の高いものを指します。例えば「CXBOTTLE」や「LeanGo」などが指名ワードです。

指名ワードで検索した人がLPに訪れた場合は一般ワードと比較すると購買意欲が高いです。そのため、CVRは約10%とされています。

「会員登録」がコンバージョンの場合

オウンドメディアでの情報発信やメルマガを活用している会社は、「会員登録」「アカウント登録」をコンバージョンとして捉えている代表的なパターンです。

「会員登録」をコンバージョンとして捉えている会社では、提供しているコンテンツによって大きくコンバージョン率が異なってきます。「このwebサイトは、会員登録する価値がある!」と思えるようなコンテンツを充実させていきましょう。

「資料請求・問合せ」がコンバージョンの場合

こちらは決済がかかわらないことから、CVRは10%程度と高くなります。

このように、何がコンバージョンの対象になるかによってCVRの目安も変わってくるわけです。一概にコンバージョンの目安を一括りにはできません。

CVRを上げるために必要な施策

CVRの向上は担当者にとって常に悩みの種です。このCVRを上げるにはどうしたらよいのか、一例を紹介します。

商品購入がコンバージョンの場合

商品購入がコンバージョンの場合、商品を魅力的に見せることで離脱を防ぐことができます。

詳しくは別記事で解説していますのであわせてお読みください。

https://cxbottle.com/users/cxeditor01/pi2Qil8qWv50Z3eYF6sz

資料請求や問い合わせがコンバージョンの場合

資料請求や問い合わせがコンバージョンの場合、それぞれの目的に即したフォームに改善するとよいでしょう。高価格な商材の場合は自動見積もりフォーム、toBの場合は問い合わせフォーム、LPから詳しい内容を資料で伝えたいのであれば資料請求フォームといったようにです。

これは「エントリーフォーム最適化(EFO)」と呼ばれるWebマーケティング施策です。最適化されたフォームは、ユーザーの心理的障壁を下げることができます。

また、賃貸まとめサイトのように問い合わせを電話にしてしまうというのも手ですね。これもコンバージョンであるといえます。

LPのデザインを改善する

ランディングページのデザインを改善することで、訴求力が高まりコンバージョンが増えることもあります。

改善すべき点は多く、キャッチコピーをはじめとした各種コピー、メインビジュアル、レイアウト、アクションボタン、デバイス別の見やすさなどさまざまな改善が考えられます。これは「ランディングページ最適化(LPO)」と呼ばれ、奥の深い施策です。

https://cxbottle.com/users/cxeditor01/2PKJ86UNnQxQQmLTUxFd

LPOツールを使ってダメな点をよくしていく

LPOを行う際はLPOツールというCVRの改善をサポートする機能が多くあります。

例えばA/Bテストの機能を使えば異なるキャッチコピーから成果の出るほうを選択することができます。また、ヒートマップ解析機能を使えばLPのどこが見られておらずクリックされていないかを可視化することもできます。便利なツールなのでぜひ試してみてください。

https://cxbottle.com/users/cxeditor01/CT6Gza9ytIuAS23ay1nD

LPOツールを使う方法以外にも改善方法がありますので、以下の記事をご覧ください。

https://cxbottle.com/users/cxeditor01/C19jNGe0LUjxIImL5GKO

まとめ〜CVRに一喜一憂せず地道にPDCAを回そう〜

コンバージョンは「売り上げに結びつく行動」というなんとなくの印象が強くなりがちです。しかし、コンバージョン率とコンバージョンの捉え方が会社によって大きく異なることから、自社のLPにおけるコンバージョンをきちんと定義して理解し、解釈することが重要です。これが抜けてしまうとのちの分析が大きくズレることにもつながりかねません。

一方、CVRには業界や商材によって大体の目安というのも存在します。客観的な視点も持ちながら、自社のLPがどの程度の成果を上げているのかを位置づけ、目標を設定しながらPDCAを回していきましょう。

記事スコア: 287

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む

  • flouuの特徴と機能4つ|flouuの導入メリット4つや料金プランなど紹介

    flouuとはflouu(フロー)とは、プライズ株式会社が提供するオンラインナレッジ共有ツールです。テレワーク人口の増加にともない社員同士が対面する機会が減っています。そのため、どのような手段で情報の管理・共有をするのかは多くの企業が抱える共通の課題となってい 続きを読む

  • Brushupとは|Brushupの特徴5選や料金プラン4選など紹介

    BrushupとはBrushupとは、イラストや動画など作品の校正や受け渡しを工程管理も含めて1つにまとめられるツールです。Webサイトやドキュメント、広告や動画、イラスト、デザインなどにコメントや手描きでフィードバック可能です。必要なやり取りも同時に行え、効 続きを読む

  • Qastとは?Qastの特徴6つと特徴的な機能7選に料金プランを紹介

    Qastとは?Qastとは、Q&Aとメモを使って社内のナレッジを共有する、知恵袋のような情報共有ツールです。社内のわかりづらい作業やシステムなど、何度も同じ説明を繰り返すのは非効率的ですが、Qastを使えばいつでもQ&Aを見直せるので、何度も説 続きを読む

  • クラウドログの特徴7つを解説!利用料金や5つの導入事例も紹介

    クラウドログ(CrowdLog)とは?クラウドログとは、クラウドワークスが提供しているクラウド型プロジェクト管理サービスのことを指します。これは、同社が以前提供していた「イノピーエム」を全面リニューアルしたものです。働き方が目まぐるしく変化している現代において 続きを読む

  • Bizer teamとは?Bizer teamの特徴6つや料金プランを解説

    Bizer teamとは?「Bizer team」とは、チームの生産性を上げることを目的としたタスク管理ツールです。チェックリストによる業務フローの可視化と、メンバー全員による進捗状況の共有ができます。それによって仕事の解像度があがり、チームが協力しやすくなり 続きを読む

  • SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAPの特徴6つや料金を解説

    SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAP(サビー・イーワップ)はジップインフォブリッジ株式会社が2006年11月から販売している、全文検索エンジンと多観点ツリー搭載の情報検索システムです。同社がすでに展開している超高速全文検索エンジンSAVVYシリーズの 続きを読む

  • ZACの特徴9つ|料金プランやZACを活用しやすい業種5つも紹介

    ZACとは?プロジェクトの成否は、企業の業績を左右するキーファクターです。プロジェクトを成功させるためには適切なマネジメントが必要ですが、従来のアナログな手法ですべて行うには限界もあるでしょう。経費管理や販売管理など、企業の基幹業務を一括して効率よく管理する必 続きを読む

  • Quipが持つ特徴4つと料金プラン|メリットや使い方も解説!

    Quipとはどんなツール?Quipは、リアルタイムのデータ、組み込みの共同作業ができるツールになります。文書やスプレッドシート、チャットがうまく組み合わさっているというものです。文書、スプレッドシート、スライドの作業を共同で行い商談で活用できます。営業活動がこ 続きを読む

  • デスクトップで使えるToDoリストのおすすめツール12選|活用するメリット

    ToDoリストとは?ToDoリストとは、「やるべきこと」のリストです。やるべきことには、仕事だけでなく、「○を買う」といった日常の買い物のメモや、「○さんに電話」「メール送信」という細かい作業も含めることができます。ToDoリストを作る方法には、メモや手帳など 続きを読む

  • Excelでスケジュール管理をするメリット6つ|注意点やテンプレートも紹介

    スケジュール管理とは仕事をする上でとても重要となってくるのが、納期を遵守することです。そのためには個人だけでなくチームメンバー全体が、何をいつまでにやるか事前に決め行動する、すなわちスケジュールを把握、管理することが重要となってきます。ここでは個人、チームでタ 続きを読む

  • Remenber The Milkって何?特徴6選やおすすめの使い方を解説

    タスク管理ツール「Remember The Milk」とは?2005年にリリースされた「Remember The Milk」は、シンプルなタスク管理ツールで、起動スピードが速く、忙しい人に最適なTo Doアプリです。Windows版、Mac版のほか、Andro 続きを読む

  • ただのメモ帳でないEvernoteとは?仕事でのおすすめの活用方法7選

    Evernoteとは?皆さんはEvernoteという言葉を聞いたことがあるでしょうか。"Evernote"とは、ノートを取るようにテキストや画像、文書など大切なものを何でも記録しておくことができるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末 続きを読む

  • Slackを活用してタスク管理!連携すると便利なタスク管理ツール7選

    Slackとは?Slackとは職場などでの新しいコミュニケーションツールの1つです。Slackはメールの様なお互いのやり取りだけでなく、会話やフォローが簡単でアイコンなどでコミュニケーションが取りやすく、通話やファイル共有、他のアプリ連携が可能です。また、グル 続きを読む

  • WBSとは?導入するべき理由5選や導入する際の注意点について解説

    WBSとは何か?WBSとは「Work Breakdown Structure」という言葉の略であり、「作業分解構成図」という意味になります。WBSという単語は、システム開発の時に使われることが多く、プロジェクトの計画を立てる時に作成します。今回は、このWBSを 続きを読む

  • タスク管理ツールを徹底比較!おすすめのタスク管理ツール15選

    タスク管理とは?タスク管理とは、仕事や学習目標などを達成するために必要な作業をブレークダウンした「タスク」の実行順序や進捗状況を管理することです。タスク管理は「ToDo管理」と呼ばれることもありますが、管理内容が異なります。タスク管理は、プロジェクトの管理にも 続きを読む

  • カンバン方式のタスク管理とは?得られる効果やおすすめアプリ・ツール6選を紹介

    カンバン方式とは何? カンバン方式は、トヨタ自動車が開発した生産管理の方法で「カンバン」と呼ばれる生産指示書により工程管理、在庫管理を行う方法です。複雑なシステムを使わずに在庫を最小にできます。ジャストインタイムと対で語られ、メンバーにわかりやすいようにタスク 続きを読む

  • Googleカレンダーをガントチャートのように使うには?連携できるツールも紹介

    Googleカレンダーとは何?Googleカレンダーというのは、Googleが提供している無料のオンラインカレンダーアプリです。GoogleカレンダーではGmailやドライブなど他のGoogleサービスと連携したり、グループでスケジュールを管理したりできます。 続きを読む