2021年Webデザインのトレンド15選|アニメーションを駆使したものも登場

CXBOTTLE編集部
25

2021年のWebデザインのトレンドの傾向


2021年はコロナウィルス蔓延による影響で、外出自粛やリモートワークが促進され、より長い時間を家で過ごす人が急増しました。

必然的に人々がWebサイトを見る時間も長くなり、Webサイトを工夫することによる効果は大きくなっています。Webデザインのトレンドに沿ったWebサイトを作って、多くの人に見てもらいましょう。

2021年のデザイントレンドは、3Dを使ったデザインやミニマルデザインなどの、シンプルでリアルな方向に向かっていると言えるでしょう。SFのような世界観ではなく、現実の生活により近い雰囲気が好まれます。

2021年のWebデザインのトレンド15選

ここからは、2021年のWebデザインのトレンドを具体的に紹介します。
たくさんのデザインの手法をチェックして、よりクリエイティブなWebサイトをデザインしましょう。

1:3Dを使用したデザイン

トレンドの1つ目は、3Dグラフィックやアニメーションを使用したデザインです。具体的には、背景でオブジェクトが回転していたり、カーソルの動きに合わせてオブジェクトが動いたりするデザインなどが多く見られます。

これまでの主流は派手なデザインでしたが、最近は上品な印象を与えるものが多くなっています。

3Dグラフィックを取り入れることで、特殊なユーザー体験を与えられます。高い技術が必要ではありますが、その分サイトを訪れた人の印象に残るでしょう。

2:枠線で仕切られた構成

トレンドの2つ目は、枠線を強調したシンプルでスタイリッシュなデザインです。

近年は、境界線を引かないブロークングリッドレイアウトや、余白を大きくたっぷり使うミニマルデザインが人気になっています。その一方で、あえて枠線を取り入れるデザインは、少しレトロな印象を与える効果があります。

特徴的なフォントや派手な画像を使用することで、インパクトのあるモダンなデザインになるでしょう。

3:モノクロ調の引き締まったデザイン

トレンドの3つ目は、モノクロ調の引き締まったデザインです。近年は、鮮やかな配色デザインのWebサイトが多いため、モノクロのデザインは見る人にインパクトを与えます。

また、一部分だけに色をつけることで、メリハリをつけたり、その部分を引き立たせたりできます。カーソルと一緒に色のついた部分が動くというデザインも印象的です。

4:平面の中に奥行きを作るニューモーフィズム

トレンドの4つ目は、ニューモーフィズムです。ニューモーフィズムとは、背景から要素が盛り上がったり窪んだりしているように見えるデザインのことです。

3Dではなく、影をつけることで凹凸を表現しています。配色が少ないシンプルなデザインと相性がよく、洗練されたデザインに仕上げることができます。

平面である画面の中で、立体的に見えるデザインは独特の雰囲気や魅力を与えます。歴史が浅くまだあまり普及していないデザインですが、要チェックです。

5:図形を生かしたデザイン

トレンドの5つ目は、幾何学的な図形や流体シェイプを活かしたデザインです。

図形の取り入れ方は多様で、仕上がりはデザイナーの手腕にかかっているため、様々な使い方ができるのが特徴です。

流体などの抽象的な図形は、背景に大きく表示したり、さりげなくデザインの要素として取り入れたりできて、ポップな印象を与えます。

図形の形だけでなく、色やサイズや動きも重要になってきます。

6:懐かしさを醸し出すレトロモダンスタイル

トレンドの6つ目は、一昔前の雰囲気を取り入れたレトロモダンスタイルです。具体的には、太めの線やレトロなフォント、メリハリのある配色などを使用することで、懐かしいデザインになります。

現代風の画像やアニメーションと組み合わせることで、味のあるレトロモダンに仕上がります。ただし、古臭くなってしまうとただの流行遅れのデザインになってしまうため、注意が必要です。

7:視差効果を生かしたパララックス・アニメーション

トレンドの7つ目は、パララックス・アニメーションを取り入れたデザインです。パララックス・アニメーションとは、部分ごとに動く速度や方向を変える手法で、奥行きを出したり、目を引くようなデザインに仕上げたりすることができます。

パララックス・アニメーションと言えば、スクロールの速度が手前と奥とで違うなどの例が一般的ですが、横にスライドしたり、あるいは物体が曲線的な動きをしたりすることもあります。

8:ポップなマンガ風デザイン

8つ目のトレンドは、ポップなマンガ風デザインです。マンガと言っても、日本のものよりも海外のカートゥーンやアニメのイメージに近いものです。

手間はかかりますが、にぎやかでオリジナリティの高いWebサイトになるでしょう。また、カートゥーン風のフリーイラスト素材もあるので、そちらも活用できます。

9:画像とテキストを重ねるデザイン

トレンドの9つ目は、画像とテキストを重ねるデザインです。古くからある手法ですが、技術の進化により、アニメーションや3Dグラフィックと組み合わせて人気が再燃しています。
テキストの色やフォントを工夫することで、伝えたいイメージを表現しましょう。この手法では画像を大きく表示するため、商品のアピールなどに有用です。

10:動きのあるアニメーションを使ったデザイン

トレンドの10個目は、アニメーションを使ったデザインです。

背景を動かしたり、ロゴにアニメーションをつけたりするなど様々な応用ができます。また、ローディング・アニメーションを使用すると、訪れた人がサイトに滞在してくれる時間が長くなる可能性があります。

また、海外のサイトでは液体のように切り替わるリキッド・アニメーションがトレンドになっています。速度によって大きく印象が変わるため、ぜひ試してみてください。

アニメーションがカーソルの動きに連動していると、まるでゲームのようなユーザー体験を生み出せます。

11:画面に要素をちりばめたデザイン

トレンドの11個目は、画面に要素をちりばめたデザインです。具体的には、商品の画像や説明文を敷き詰めたようなデザインで、ポップで遊び心あふれる雰囲気に仕上がります。商品を俯瞰して眺められるため、ウィンドウショッピングしているような印象を受けるでしょう。

全ての要素を同じ大きさで配置するのではなく、サイズの大きいものを混ぜることで、デザインにメリハリを出しましょう。

12:立体的なイラストを生かしたデザイン

トレンドの12個目は、ポップで立体的なイラストを活かしたデザインです。立体的なイラストは、平面のイラストと比べて奥行きが生まれるため、独特の世界観を生み出せます。

例えば、粘土製のフィギュアのようなイラストを使うと、温かみが出るのでオススメです。立体的なイラストを活かしたデザインは、リアルさと奥行きによる世界観が両立したものになっています。

13:視覚にやさしく温かみがある配色

トレンドの13個目は、視界にやさしく温かみがある配色です。オブジェクトが少なくゆとりのあるミニマルデザインが基本で、さらに全体的なフォントや配色のバランスを整えると温かみのあるデザインにまとまります。

使用する色としては、彩度が低く目立たない色や同系色がよいでしょう。また、手書き風のフォントやイラストを使うと温かみが増します。

14:動画を埋め込んだデザイン

トレンドの14個目は、動画を埋め込んだデザインです。これまでも動画やアニメーションを使ったデザインは人気でしたが、今年も流行が見られます。

動画を大きく配置したり、部分ごとのスクロールの速度をずらすパララックスデザインと組み合わせたりすることで、ユーザーに大きなインパクトを与えられます

例えば、商品を使っている様子の動画を大きく配置すれば、ユーザーにはよりリアリティと共に商品の情報が伝わります。

15:スクロールで動きを出すスタイル

トレンドの15個目は、スクロールで動きを出すデザインです。スマホの普及やミニマルデザインの流行により、縦長のレイアウトが近年増加しています。

そこで、スクロールに合わせて要素が変化していく「スクロールエフェクト」が人気になっています。また、スクロールするごとに文章が進んでいく「ストーリーテリング」という手法もあります。

この手法を用いることで、スクロールという機械的な動作を楽しくさせると同時に、ユーザーは簡単に求める情報を読み進められるようになります。

さらに、効果的なエフェクトをつけることで、ユーザーが最後までスクロールしてくれる可能性が上がるでしょう。


Webデザインのトレンドの4つの学び方


ここまで、2021年のWebデザインのトレンドを紹介してきましたが、ファッションと同じようにWebデザインのトレンドも定期的に更新されていきます。

ここからは、Webデザインのトレンドの4つの学び方を紹介します。

1:書籍で学ぶ

トレンドの学び方の1つ目は、書籍です。デザインのトレンドは移り変わるものですが、基になっているパターンはある程度共通しています。

そこで、参考書を読んで、基礎となるWebデザインの考え方をインストールしましょう。また、Webデザインを伝える情報誌も要チェックです。

2:SNSでトレンドを敏感にとらえる

トレンドの学び方の2つ目は、SNSでの情報収集です。SNSでは、雑誌よりもタイムリーな情報を得ることができます。

ターゲットにしているユーザー層が、どのような好みを持っているかにも注意してみるとよいでしょう。

3:多くのサイトのデザインを参考にして学ぶ

トレンドの学び方の3つ目は、多くのWebサイトのデザインを参考にすることです。人気のあるWebサイトのデザインをたくさん調べて、トレンドのテイストを感じましょう。

自分が作りたいと思うジャンルや、人気のあるWebサイトを覗いてみることで、現在のトレンドが見えてくるでしょう。

4:見本サイトを活用する

トレンドの学び方の4つ目は、見本サイトの活用です。

見本サイトとは、様々なサイトのデザインを一覧で表示してくれるポータルサイトのことで、簡単に多くのデザインに触れることができます。検索機能があるものが多く、効率的に情報収集ができるでしょう。

Webデザインのトレンドを知り魅力的なサイトを作ろう



Webデザインのトレンドは変化していきます。
トレンドの傾向を掴みながら、多くのWebデザインの中から作りたいサイトのイメージに合ったデザインを学んで、魅力的なサイトを作っていきましょう。
LPやWebデザインを効率的に検索するには、たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 25

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • LPとは?運用のメリットとデメリット・特徴などを細かく解説!

    LPとはLPとは、ランディングページのことを指しています。ランディングページとは、検索結果や広告からの訪問者が最初にアクセスするページのことを言います。ちなみに、着地する(land)という意味からこの名前がついています。LPには、広義の意味合いと狭義の意味合い 続きを読む

  • プロセスマネジメントの意味|導入する利点や結果を出すコツとは?

    プロセスマネジメントの意味「プロセスマネジメント」という言葉をよく耳にすることでしょう。プロセスマネジメントは、結果を最大化させると言われています。このコラムではプロセスマネジメントの基本について解説し、その成功事例を紹介します。プロセスマネジメントが必要な理 続きを読む

  • LPの制作会社おすすめ12選|メリットやデメリット・依頼時の注意点を紹介!

    LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)は、もともと検索や広告経由で最初に見るページで、ホームページに着地するイメージからこのように呼ばれるようになりました。しかし、一般的には、縦長の情報量が多いページのことをLPと呼ぶことが多いです。商品の 続きを読む

  • LPの作り方の8つの手順とは?構成の要素や注意したいポイントも解説

    LPとはどのようなものかLP(ランディングページ)とは、集客を目的とした縦長1枚で完結するWebページのことです。Webページと聞くと、「TOPページ」「会社概要」「商品紹介 」「問い合わせ」等、複数のページから成るホームページを連想する方も多いでしょうが、そ 続きを読む

  • デザインの参考になるギャラリーサイト16選│自社にぴったりなLPの作り方も

    自社にぴったりなLPを作成する4つのコツLPとはランディングページのことです。最初にユーザーがアクセスするため、直訳すると着地ページという意味になります。サイトの顔となるLPは自社商品やサービスの特徴や利点が伝わりやすく、ユーザーの心をつかむデザインにするのが 続きを読む

  • 参考にしたいWebデザインのポートフォリオ22選|作成のポイントも詳しく説明

    WebデザインのポートフォリオとはWebデザインのポートフォリオとは、過去の作品を集めたWebサイト・ファイルのことを指します。自分の感性や個性をアピールすることも可能です。具体的には、クラウドソーシングで受注した案件や企業で残した実績を掲載します。ポートフォ 続きを読む

  • おすすめWebデザインのテンプレート41選|無料と有料のものを幅広く紹介

    Webデザインのテンプレートとは?Webデザインのテンプレートとは、Webサイトのデザインやレイアウトの雛形のことです。サイトの用途や予算に合わせた、様々なテーマやパッケージのものが販売されており、未経験者でも簡単に自分のサイトを作成できます。しかし、ひとくち 続きを読む

  • 無料で使えるWebデザインツール11選!選ぶ際のチェックリストも紹介

    Webデザインとは?Webデザインは、Web上に存在するホームページを制作することを意味します。他のデザインの仕事とは違い、Webデザインにはデザインだけではなくホームページとして表示するためのコーディングが必要です。Webをデザインするときは、コーディングを 続きを読む

  • Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由|在宅で副収入を得よう

    副業フリーランスの市場規模企業の副業解禁にも相まって、副業フリーランスの市場規模は、年々増えています。2020年に発生したコロナウイルスの発生も相まって、ここ数年で人々の働き方に対する意識が大幅に変化しました。また、ランサーズによる、フリーランス・副業・複業ワ 続きを読む

  • Webデザインの参考になるサイト37選|流行りのデザインの動向についても解説

    Webデザインの幅を広げる方法とはWebサイトを作る上でWebデザインのスキルは大変重要です。デザインによってWebサイトの見やすさ、企業やサービス内容の伝わりやすさ、ユニークさなど、見る人に与える印象が大きく変わります。多種多様なサイトデザインを研究すること 続きを読む

  • LPデザインの参考おすすめ17サイト!成功に導くポイント・見せ方のコツも紹介

    LPデザイン決定までの5つの流れLPとはランディングページの略で、Webサイトにおいてユーザーのアクションを誘導するためのページです。具体的には商品紹介ページやサービス紹介ページなどがLPになります。LPのクオリティはサイト売り上げに大きく影響するため、LPは 続きを読む

  • Webデザインを独学で学ぶには?6つの勉強方法や学習手順を解説

    独学でもWebデザインを学ぶことはできる優秀なWebデザイナーは引く手あまたで、高収入が得られる場合もあります。そのようなWebデザインを学んでみたいという人も少なくありません。しかし、専門のスクールに通わなければ学べないのではと考えている人も多くいるでしょう 続きを読む

  • BPMを導入するメリットを解説|必要な理由や海外との違いとは?

    BPMとはBPMとは「Business Process Management」を略した言葉で、業務管理手法の1つです。BPMは業務の流れをモデル化することで課題の分析を行い、課題解決のための新しい業務プロセスを作ることで、継続的に業務改善を行うというものです。 続きを読む

  • LPを構成する大切な10個の要素をご紹介|基本を押さえよう!

    LP(ランディングページ)の役割LP(ランディングページ)の役割は、webページ上の広告をクリック・タップして誘導された最初のページに対して効果的に商品やサービスの宣伝をする重要なものとなります。来訪してきたユーザーに対して購入意欲・資料請求・問い合わせといっ 続きを読む

  • Webデザイン初心者におすすめの勉強法4選|おすすめの本15選も紹介

    Webデザインとは?ホームページ作成やデザインに興味がある人は、Webデザインを学んでみたいと思う人も多いでしょう。そもそも、Webデザインとはどんなことをするのでしょうか。Webデザインとは、パソコンやスマホなどのネット上に掲載されるホームページの文字や色の 続きを読む

  • Webデザインの勉強におすすめの本総合18選|独学やスキルアップにおすすめ

    WebデザインとはWebデザインとは、PCやスマートフォンなどの画面に表示されるもののデザインを作成することです。具体的には、企業などのホームページや商品紹介のWebサイトなどに、どのようなコンテンツを掲載するのか、配置や見出し、テキストの文字のフォントをどう 続きを読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む