ECコンサルを活用するメリットと選び方|CVR向上をもたらすECコンサルの仕事事例

CXBOTTLE編集部
212

昨今の社会状況による巣篭もり傾向もあって、ECサイトでビジネスを行う会社が増えているのではないでしょうか。eコマース(EC)を利用し、顧客はパソコンだけでなくスマートフォンからもECサイトにアクセスして商品を検索し、比較し、購入できてしまいます。今やECサイトなくして商品の取引を行うことのほうが珍しいといえるでしょう。

しかし、すべての企業がECサイトの運営に詳しいわけではありません。自社でECサイトを立ち上げて大きな利益を上げている企業が存在する一方で、ECサイトの運営を始めてみたもの集客も売上もままならない企業も多くあります。

そういうときに選ぶべきがECコンサルです。コンサルと聞くと、課題を明らかにしてアドバイスを行う人のように思いますが、ECコンサルの場合、自社のECサイトの状況に合わせた運用代行をしてくれる場合もあります。今回は、ECコンサルを導入するメリットやデメリットと、おすすめの選び方について紹介していきます!

ECコンサルって何?|従来のコンサルタントとの違い

ECコンサルはその名のとおり、ECサイトのコンサルティングを行う職業です。
コンサルタントが携わるフィールドは大小さまざまで、「○○コンサルタント」と数え上げていくと、正直なところキリがないほど数があります。

人口の多いコンサルは、経営コンサルタントや戦略コンサルタント、ITコンサルタントなど、プロジェクト規模の大きなものです。そこから例えばWebコンサルタント、SEOコンサルタントと細分化していき、今回取り上げるECコンサルタントもその1つです。

ECコンサルが達成すべきミッションは、「クライアントのECサイトで利益を上げること」です。決して売上だけにコミットするわけではありません。利益を最大化するために売上や粗利は増やしつつ、コストを下げていくこともECコンサルの業務範疇です。

ECコンサルは、大枠では経営戦略や市場調査・マーケティング、そこからWeb寄りになるとサイトへの流入施策などを担当します。またこちらは後述しますが、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手モールの運用最適化を担うこともあります。

したがって、同じECコンサルでも得意とする領域によって実際にはさらに細分化されているというのが現状です。

ECコンサルティングを活用するメリットとは?

自社ECサイトの運営に外部のECコンサルを入れるメリットは、大きく3つあります。

メリット1:作業の工数・時間が省ける

ECサイトの運営に精通した社員が自社にいない場合、ECコンサルを入れる意味は極めて大きいといえるでしょう。特にもともと実店舗を構えていた会社がECサイトを始めた場合、既存社員へ教育を行う時間が必要です。
手を動かせるECコンサルを入れればサイトの実運用まで任せられるため、運営基盤の安定と並行しながら社員教育を行うことができ、時間を大きく省くことができます。

メリット2:自社にない知識を獲得できる

ECサイトのノウハウは商材によって異なる部分も多く、実践的な知識不足に悩むECサイト運営企業も多いといいます。その点、eコマースの専門家ともいえるECコンサルを入れることで新たな知識を獲得し、資産として蓄積できるでしょう。また、喉から手がでるほど欲しい競合サイトの動向などの情報も集まりやすくなります。

メリット3:戦略に対して客観的な視野を持てる

ECコンサルに限りませんが、社内に外部の人間を入れることで事業に対する視野が広くなります。コンサルタントがクライアント内部だけでは見つけ出せなかった課題を抽出することに長けているのも、事業をより俯瞰で見られるからです。
メリットはこれだけに留まりませんが、この3つだけでもECサイト運営を軌道に乗せ、あるいは改善するためには必要不可欠なものです。

メリット4:長期的な関係構築によってコンサルタントが戦力となる場合も

ちなみに、長期間にわたり同じコンサル会社に受注をしていくとコンサル側としても対応するECサイトやEC会社の事情に詳しくなってきます。そうなると、ECコンサルが会社の1戦力として大きな力を発揮することになります。

したがって、長期的な関係性を構築すればするほど、ECコンサルの価値は高まり、費用対効果が高まるといえるでしょう。

ECコンサルタントの具体的な仕事例とは?

ここからは、多岐にわたるECコンサルの仕事を網羅的に解説します。

仕事1:ECの戦略立案

戦略立案は事業における最上流工程といえるかもしれません。また、ビジネスの方向性を左右する重要なポイントでもあります。たとえ実店舗では経験が豊富な人材でも、eコマースの世界で同じように成功させるのは難しいでしょう。これからECサイトを立ち上げるフェーズの会社や、立ち上げたものの鳴かず飛ばずな状況の会社にとっては必要なコンサルティングです。

仕事2:ECサイトの改善提案

すでにECサイトを構築しているものの売上が不振の場合、ECコンサルは改善提案のコンサルティングを行います。サイトの動線やフォームの使いやすさ、商品の見やすさ、テキストは妥当かなど、どちらかといえばWebマーケティング寄りのコンサルティングを行います。

仕事3:集客の施策立案

ECサイトへの集客施策もECコンサルの担当です。改善提案と同じくWebマーケティングとしての知見を活用し、SEO対策やLPO(ランディングページ最適化)、EFO(エントリーフォーム最適化)の提案を行うこともあります。また最近ではTwitterやInstagram、FacebookやLINEなどのSNS、さらにオウンドメディアの運用を支援することもあるでしょう。

仕事4:モール出店の提案

「モール」とは実店舗でいえばショッピングセンターのような商業施設を指しますが、eコマースにおいてはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、1つのECに複数店舗が連なっているサイトを意味します。

これらのモールは独自の広告メニューやキャンペーンを豊富に設けており、それぞれに精通した人材でなければすべての機能を使いこなすのは至難の技です。そこで、このモールに出店する提案を専門に行うECコンサルも存在します。

仕事5:自社ECサイトの拡充

一方で、自社のECサイトを充実させることに強みを持つコンサル会社も存在します。eコマースにおける自社モールとは、独自ドメインを持ち、自社の商品を販売することが目標になります。自社モールでは、売り上げ向上のための施策の打ち方が自由である一方で、自社の売り上げを阻むボトルネック(問題)を発見するためには技量が求められます。

そこで、自社モールへの顧客流入経路やヒートマップから逆算して自社モールの課題を洗い出した上で、地道な施策改善を得意とするECコンサル会社もあります。

ECコンサル選びのポイント|注意点もご紹介

自社のECサイトにどんな課題があり、どのフェーズまで事業が進んでいるかによって、ECコンサルを選ぶ基準は大きく変わります。またコンサルを入れる際はコストパフォーマンスで決める場合もあるため、その点も含めた選び方のポイントを解説します。

ポイント1:料金体系からECコンサルを選ぶ場合

ECコンサルの相場は安価なところで月に6万円〜8万円、大手コンサル会社の場合は30万円と幅があります。そのため、まずは年商の10分の1以下を目安に予算を組むことをおすすめします。

中には成果報酬型のコンサルもありますが、こちらは固定費用が発生しないのが特徴です。報酬額と比例して売上も上がるため、ECサイト運営者側は低リスクでECコンサルを入れられる点もポイントです。ちなみにこの場合、売上の数%〜十数%が報酬となります。

ポイント2:契約期間からECコンサルを選ぶ場合

ECコンサルの契約期間からオススメのコンサル会社を考える場合、スタートアップなどの小さい会社の場合は1ヶ月から3ヶ月単位でコンサルティング業務をしてくれる会社を検討することをおすすめします。

中小企業やスタートアップ企業の場合、資本や予算が限られている場合が多いため、改善したい場合がある程度絞り込まれているケースが多いと思います。したがって、小規模のEC会社では、契約終了のタイミングごとに、少しずつ契約期間を更新することがオススメです。

ECコンサル選びの注意点

注意点1:自社ECに強いコンサルか、他社モールに強いコンサルか見極める

先ほども伝えたように、ECコンサルと一括りになっているとはいえ、その専門領域や仕事内容は非常に幅広いのが現状です。特に、そのECコンサル会社が自社ECに強いのかどうかと、他社モールに強いのかどうかという点では大きく異なります。

自社ECは利益率が高く、Webサイトも自分たちで構築できる一方で、大手モールと比べて自力で集客しなくてはならないため、SEO対策やLPOに強みを持つ会社を選定することが重要になります。

一方でAmazonや楽天といった他社モールECは、大手ブランドを活かして顧客の流入率は高まりやすいものの、自社のブランディング・差別化が難しいという点や、顧客の個人情報をもとにした販売戦略を立てることが難しいといわれています。

このように、自社モールと他社モールでは特に出てくる課題が大きく異なってきます。したがって、自社のECサイトに近い成功事例を有するコンサル会社を探し、自社ECと他社ECどちらに強いのかをあらかじめリサーチすることなどが求められるでしょう。

注意点2:サービス範囲をコンサル会社と合意形成すべし

出店補助からECサイトのリピート購入率向上まで、幅広い業種を対応してくれるコンサル会社もありますが、運用代行までお願いする場合、金額の上乗せを求められる場合も多くあります。予想以上にコンサル費用が高くなることを防ぐためにも、事前にコンサル範囲を共有しておきましょう。

例えば、自社モールのサイト改善に強いECコンサル会社を選定した場合、SEO対策やLPOなどのサイト改善を代行してもらえる一方で、効果測定のための集客は自社で行わないといけないというケースもあります。しかし、これを事前に共有していない場合、集客は自社とコンサル会社どちらが行うのか?など、トラブルになる場合もあります。

そのためにも、自社の問題点をしっかりと洗い出し、そしてどのような業務をコンサルタントに頼みたいのか?を事前に考えつつ共有していきましょう。

また、安価な予算でコンサルをお願いする場合、運用代行はせず、アドバイスに止まる場合も多くあります。その場合は自分たちでTo Doリストを作り、コンサルティングしてもらった内容を自力で反映していけるように心がけましょう。

まとめ

本日は、ECコンサルティング会社の仕事内容と選び方のポイントについて解説していきました。弊社LeanGOでも、ECサイトのCVR向上支援を行っております。
コンサル選びに悩んでいる方は、是非お問い合わせくださいませ。


記事スコア: 212

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む

  • flouuの特徴と機能4つ|flouuの導入メリット4つや料金プランなど紹介

    flouuとはflouu(フロー)とは、プライズ株式会社が提供するオンラインナレッジ共有ツールです。テレワーク人口の増加にともない社員同士が対面する機会が減っています。そのため、どのような手段で情報の管理・共有をするのかは多くの企業が抱える共通の課題となってい 続きを読む

  • Brushupとは|Brushupの特徴5選や料金プラン4選など紹介

    BrushupとはBrushupとは、イラストや動画など作品の校正や受け渡しを工程管理も含めて1つにまとめられるツールです。Webサイトやドキュメント、広告や動画、イラスト、デザインなどにコメントや手描きでフィードバック可能です。必要なやり取りも同時に行え、効 続きを読む

  • Qastとは?Qastの特徴6つと特徴的な機能7選に料金プランを紹介

    Qastとは?Qastとは、Q&Aとメモを使って社内のナレッジを共有する、知恵袋のような情報共有ツールです。社内のわかりづらい作業やシステムなど、何度も同じ説明を繰り返すのは非効率的ですが、Qastを使えばいつでもQ&Aを見直せるので、何度も説 続きを読む

  • クラウドログの特徴7つを解説!利用料金や5つの導入事例も紹介

    クラウドログ(CrowdLog)とは?クラウドログとは、クラウドワークスが提供しているクラウド型プロジェクト管理サービスのことを指します。これは、同社が以前提供していた「イノピーエム」を全面リニューアルしたものです。働き方が目まぐるしく変化している現代において 続きを読む

  • Bizer teamとは?Bizer teamの特徴6つや料金プランを解説

    Bizer teamとは?「Bizer team」とは、チームの生産性を上げることを目的としたタスク管理ツールです。チェックリストによる業務フローの可視化と、メンバー全員による進捗状況の共有ができます。それによって仕事の解像度があがり、チームが協力しやすくなり 続きを読む

  • SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAPの特徴6つや料金を解説

    SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAP(サビー・イーワップ)はジップインフォブリッジ株式会社が2006年11月から販売している、全文検索エンジンと多観点ツリー搭載の情報検索システムです。同社がすでに展開している超高速全文検索エンジンSAVVYシリーズの 続きを読む

  • ZACの特徴9つ|料金プランやZACを活用しやすい業種5つも紹介

    ZACとは?プロジェクトの成否は、企業の業績を左右するキーファクターです。プロジェクトを成功させるためには適切なマネジメントが必要ですが、従来のアナログな手法ですべて行うには限界もあるでしょう。経費管理や販売管理など、企業の基幹業務を一括して効率よく管理する必 続きを読む

  • Quipが持つ特徴4つと料金プラン|メリットや使い方も解説!

    Quipとはどんなツール?Quipは、リアルタイムのデータ、組み込みの共同作業ができるツールになります。文書やスプレッドシート、チャットがうまく組み合わさっているというものです。文書、スプレッドシート、スライドの作業を共同で行い商談で活用できます。営業活動がこ 続きを読む

  • デスクトップで使えるToDoリストのおすすめツール12選|活用するメリット

    ToDoリストとは?ToDoリストとは、「やるべきこと」のリストです。やるべきことには、仕事だけでなく、「○を買う」といった日常の買い物のメモや、「○さんに電話」「メール送信」という細かい作業も含めることができます。ToDoリストを作る方法には、メモや手帳など 続きを読む

  • Excelでスケジュール管理をするメリット6つ|注意点やテンプレートも紹介

    スケジュール管理とは仕事をする上でとても重要となってくるのが、納期を遵守することです。そのためには個人だけでなくチームメンバー全体が、何をいつまでにやるか事前に決め行動する、すなわちスケジュールを把握、管理することが重要となってきます。ここでは個人、チームでタ 続きを読む

  • Remenber The Milkって何?特徴6選やおすすめの使い方を解説

    タスク管理ツール「Remember The Milk」とは?2005年にリリースされた「Remember The Milk」は、シンプルなタスク管理ツールで、起動スピードが速く、忙しい人に最適なTo Doアプリです。Windows版、Mac版のほか、Andro 続きを読む

  • ただのメモ帳でないEvernoteとは?仕事でのおすすめの活用方法7選

    Evernoteとは?皆さんはEvernoteという言葉を聞いたことがあるでしょうか。"Evernote"とは、ノートを取るようにテキストや画像、文書など大切なものを何でも記録しておくことができるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末 続きを読む

  • Slackを活用してタスク管理!連携すると便利なタスク管理ツール7選

    Slackとは?Slackとは職場などでの新しいコミュニケーションツールの1つです。Slackはメールの様なお互いのやり取りだけでなく、会話やフォローが簡単でアイコンなどでコミュニケーションが取りやすく、通話やファイル共有、他のアプリ連携が可能です。また、グル 続きを読む

  • WBSとは?導入するべき理由5選や導入する際の注意点について解説

    WBSとは何か?WBSとは「Work Breakdown Structure」という言葉の略であり、「作業分解構成図」という意味になります。WBSという単語は、システム開発の時に使われることが多く、プロジェクトの計画を立てる時に作成します。今回は、このWBSを 続きを読む

  • タスク管理ツールを徹底比較!おすすめのタスク管理ツール15選

    タスク管理とは?タスク管理とは、仕事や学習目標などを達成するために必要な作業をブレークダウンした「タスク」の実行順序や進捗状況を管理することです。タスク管理は「ToDo管理」と呼ばれることもありますが、管理内容が異なります。タスク管理は、プロジェクトの管理にも 続きを読む

  • カンバン方式のタスク管理とは?得られる効果やおすすめアプリ・ツール6選を紹介

    カンバン方式とは何? カンバン方式は、トヨタ自動車が開発した生産管理の方法で「カンバン」と呼ばれる生産指示書により工程管理、在庫管理を行う方法です。複雑なシステムを使わずに在庫を最小にできます。ジャストインタイムと対で語られ、メンバーにわかりやすいようにタスク 続きを読む

  • Googleカレンダーをガントチャートのように使うには?連携できるツールも紹介

    Googleカレンダーとは何?Googleカレンダーというのは、Googleが提供している無料のオンラインカレンダーアプリです。GoogleカレンダーではGmailやドライブなど他のGoogleサービスと連携したり、グループでスケジュールを管理したりできます。 続きを読む