AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

CXBOTTLE編集部
207

AdFlowとは?


AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。

アパレル・化粧品・WEBメディア・インターネット広告代理店など、大手企業から中小企業まで広く利用する導入実績があり、社内の制作部門と外部のデザイナー・制作会社のプロジェクトの進行や制作デザインの管理を劇的に効率化します。

出典:私たちの考え|株式会社クリエイターズマッチ
参照:https://c-m.co.jp/for-creators/our-concept/

AdFlowの特徴7つ


AdFlowには制作に特化した、プロジェクト管理の効率化を支える多くの特徴があります。

案件のオーダーからスケジュールが自動作成され、制作指示や制作デザインのバージョン管理もすべて行う事が可能で、コミュニケーションのための機能も充実しています。そして、それらのプロジェクト管理が一つのツールで一元化されているため、煩雑な作業を省く事が可能です。

1400以上の導入実績をもつAdFlowの特徴を7つ挙げて紹介します。

1:制作現場に特化した管理ツール


AdFlowは制作現場に特化したプロジェクト管理ツールです。

制作発注から納品までの一連のフローを一貫して可視化し、エクセルやファイル管理の業務を極小化する事によって、プランニングやデザインといった制作工程に力を注ぐ事が可能です。


2:制作に必要な機能を搭載


制作管理に必要な機能が多く搭載されており、1つのツールに統合化されています。

チャットメッセージ機能やスケジュールの自動生成機能により、制作現場と管理側のコミュニケーション、働く環境を整える事ができます。


3:制作情報の一元管理と可視化


制作管理に必要な機能を多く搭載し、一元化と可視化ができます。

メッセージ・納期情報・ファイル・初稿から最新稿の世代管理がAdFlow上で集約され、プロジェクトから制作に関わる情報が全てチェック可能です。

4:業務効率化による生産性と品質の向上


業務効率化によって生産性と品質が向上します。AdFlowに集約されるツールによる制作の効率化やチャットメッセージ機能によるコミュニケーションや進捗管理の自動化による情報共有によって製作時間に余裕ができます。

1つのツールに統合化されているため、複数ツールの起動や管理体系に対応するなど、煩雑な作業からも解放されます。

制作時間を確保する事によって、成果物の生産性や品質が向上します。

5:社内・クライアントとの連絡もAdFlow上で可能


社内の制作部門・クライアントと、デザイナーあるいは制作会社との連絡も、AdFlow上で可能です。

AdFlowのチャットメッセージ機能により、リアルタイムにメール同様のやり取りができます。メッセージで1GBのファイルもやり取りでき、一覧表示も可能です。

6:充実したサポート体制


充実したサポート体制があります。

国内の先任者が担当し、操作や機能など随時相談可能な電話・メールのサポート、制作体制やフローをヒアリングする事により初期設計や操作をレクチャーする導入支援サポート、サポート時間外でも閲覧可能な操作方法マニュアルサポートが提供されます。

このサポート体制により、業界によって多様な要求に、最適な形での対応が可能になっています。

7:企業課題ごとに合わせた料金プラン


料金プランは企業課題ごとに設定されます。大企業も利用する本格的なプランから、小規模の制作会社や広告代理店でも利用可能なライトプラン、デザイン系教育機関へ無償提供支援もあります。

サービス概要・昨日詳細・政策工数削減の成功例などAdFlowの詳細資料を無料で請求・ダウンロード可能です。打ち合わせのヒアリング後に具体的な料金プランが提案されます。

AdFlowに搭載の機能7つ


AdFlowは統合型のプロジェクト管理ツールです。発注側の制作部門と受注側の制作会社に必要な機能が一通り備わっています。案件のオーダーから制作デザインの指示や履歴管理、プロジェクトの共有・進行管理、スムーズなコミュニケーション全てが実現できます。

これからAdFlowに統合されている7つの機能を紹介していきます。

1:案件オーダー機能

AdFlowは案件のオーダーから利用できます。

制作の発注書が備わっており、テンプレート化できるため、オーダーの際の労力が省力化されています。発注書はフォーマットが統一されているので、発注内容の伝達ミスを防ぐ事が可能です。

2:バージョン管理機能

デザインの初稿から最新稿までの更新内容が、画像の状態、つまりビジュアルで可視化される、これがバージョン管理機能です。

制作デザインの更新状況のみならず、指示内容や承認状況のチェックが可能です。常に最新の状態をチェックできるので、古い世代に対して更新してしまうミスを防げます。

3:掲載プレビュー機能


制作するデザインが広告やサイト内のバナーである場合、最終的に広告やサイト全体のイメージを確認する必要が生じます。複数通りの案や修正によっての変化もチェックしなければなりません。
掲載プレビュー機能により、制作したデザインの掲載イメージをワンクリックで確認する事が可能で、複数案や稿を遡った状態も簡単に切り替えてチェックできます。

4:修正指示機能

修正指示機能もAdFlowに含まれています。

AdFlowの画面上で複数の修正内容を追記して修正指示も行うため、AdFlow上のチャットメッセージ機能で修正内容も確実に共有できる上に、完成後のチェックもすぐに可能で、修正指示履歴もAdFlow機能で自動的に管理されます。

5:チャットメッセージ機能

AdFlowにはチャットメッセージ機能も含まれています。会話型のメッセージ機能で、1GBのファイルも添付できます。

メッセージは複数スレッド作成可能でプロジェクトごとに管理され、添付ファイルも全て一覧表示可能なので、プロジェクトごとの修正過程が一元管理できます。

6:タスク・スケジュール管理機能

AdFlow上のタスク・スケジュール管理機能でプロジェクトの進捗も管理します。
案件オーダー時に登録した納期により全プロジェクトのスケジュールが自動生成されガントチャートでタスク・ステータス管理できるため、スケジュール管理が省力化され、その分デザイン制作に注力できます。

7:素材・クリエイティブ管理機能

素材・クリエイティブ管理機能もAdFlowに含まれます。

自動でデータベース化され、絞り込み検索も可能で検索性も優れているため、制作物の整理に取られる時間を省けます。サムネイルで表示されるため、画像イメージをその場でチェックできます。

AdFlowの利用実績がある業界5つ


AdFlowはプロジェクト管理に特化しつつもプロジェクト全般のアクションで必要な機能が統合されています。

AdFlowは初期設計からサポートとの打ち合わせ・ヒアリングによりカスタマイズされるため、実現するプロジェクト管理はデザイン制作に広く応用可能で、利用実績に裏付けられています。AdFlowの利用実績について業界を5つ挙げて紹介していきます。

1:広告代理店

広告代理店においては、デザイン管理の効率化、資産化、プロジェクトの進行管理において特に利点が発揮されます。

広告代理店において生じるプロジェクト上の問題の多くは、指示の情報の不足や行き違い、担当者変更による資産引き継ぎ、制作物の履歴チェックや問い合わせ対応、ツールの組み合わせによる煩雑さなどです。

これが案件オーダー機能、バージョン管理機能、修正指示機能、チャットメッセージ機能、タスク・スケジュール管理機能、素材・クリエイティブ管理機能、それらがAdFlowに統合される事によって解決します。

2:ファッションアパレル

アパレル業界においては、デザイン制作の効率化、利用効果による短納期への対応において特に利点が発揮されます。

アパレル業界は、顧客ニーズによりイベントを実施し、インターネット販売やそれに伴うアプリの需要があり、納期が短い上に大量の制作デザインの管理が要求されます。

これが掲載プレビュー機能、チャットメッセージ機能、素材・クリエイティブ管理機能、機能全般的に業務効率化がなされる事による生産性向上により解決します。

3:EC・単品通販

EC・単品通販業界においては、デザイン制作の効率化、最適なプロジェクト管理・改善において特に利点が発揮されます。

EC・単品通販業界は、プロジェクト進捗状況の共有、発注側と制作会社間のコミュニケーション、制作デザインの検索性や確実な管理が要求されます。

これがバージョン管理機能、掲載プレビュー機能、修正指示機能、チャットメッセージ機能、スケジュール管理機能、素材・クリエイティブ管理機能、業務効率化による時間的余裕ができる事で解決します。

4:化粧品・コスメ

化粧品・コスメ業界においては、制作デザインの量と品質の両立、季節によって生じるプロジェクトに逐次対応する要求において特に利点が発揮されます。

化粧品業界は、四季の変化によりイベントが実施され、取り扱うブランドにも合わせた通販やアプリ運用への対応で、大量の制作デザイン管理が必要です。コミュニケーション・情報共有、デザイン指示・成果物のチェックの効率化が必要です。

案件オーダー機能、バージョン管理機能、掲載部レビュー機能、修正指示機能、チャットメッセージ機能、タスク・スケジュール機能、素材・クリエイティブ管理機能全てが解決に重要です。

5:WEB制作会社

WEB制作会社においては、制作デザインの品質、制作の効率化、進行管理において特に利点が発揮されます。

WEB制作会社はサイト構築から運用においても常に利用者の満足を得られなければいけません。いかに制作デザインの品質向上に注力できるかが重要なポイントです。

制作物のチェックのみならず、掲載イメージ管理、随時発生するディレクターからの案件とデザイナーの成果物の承認作業の効率化も重要です。

これが案件オーダー機能、掲載プレビュー機能、修正指示機能、チャットメッセージ機能により解決します。

AdFlowを使って制作管理の効率をアップしよう!


デザイン制作においては、社内の制作部門と、デザイナー・制作会社間のスムーズなコミュニケーションと情報共有が必要です。

また、制作物の修正指示、履歴管理が視覚的にできる事が要求されます。そして常に変化する要求に対応するため、プロジェクト管理により業務の効率化が重要です。

それらの要求に対応するのがAdFlowです。AdFlowの豊富な資産管理・コミュニケーション・プロジェクト管理機能を有効に利用して制作管理の効率をアップしましょう。

記事スコア: 207

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • LPとは?運用のメリットとデメリット・特徴などを細かく解説!

    LPとはLPとは、ランディングページのことを指しています。ランディングページとは、検索結果や広告からの訪問者が最初にアクセスするページのことを言います。ちなみに、着地する(land)という意味からこの名前がついています。LPには、広義の意味合いと狭義の意味合い 続きを読む

  • プロセスマネジメントの意味|導入する利点や結果を出すコツとは?

    プロセスマネジメントの意味「プロセスマネジメント」という言葉をよく耳にすることでしょう。プロセスマネジメントは、結果を最大化させると言われています。このコラムではプロセスマネジメントの基本について解説し、その成功事例を紹介します。プロセスマネジメントが必要な理 続きを読む

  • LPの制作会社おすすめ12選|メリットやデメリット・依頼時の注意点を紹介!

    LP(ランディングページ)とは?LP(ランディングページ)は、もともと検索や広告経由で最初に見るページで、ホームページに着地するイメージからこのように呼ばれるようになりました。しかし、一般的には、縦長の情報量が多いページのことをLPと呼ぶことが多いです。商品の 続きを読む

  • LPの作り方の8つの手順とは?構成の要素や注意したいポイントも解説

    LPとはどのようなものかLP(ランディングページ)とは、集客を目的とした縦長1枚で完結するWebページのことです。Webページと聞くと、「TOPページ」「会社概要」「商品紹介 」「問い合わせ」等、複数のページから成るホームページを連想する方も多いでしょうが、そ 続きを読む

  • デザインの参考になるギャラリーサイト16選│自社にぴったりなLPの作り方も

    自社にぴったりなLPを作成する4つのコツLPとはランディングページのことです。最初にユーザーがアクセスするため、直訳すると着地ページという意味になります。サイトの顔となるLPは自社商品やサービスの特徴や利点が伝わりやすく、ユーザーの心をつかむデザインにするのが 続きを読む

  • 参考にしたいWebデザインのポートフォリオ22選|作成のポイントも詳しく説明

    WebデザインのポートフォリオとはWebデザインのポートフォリオとは、過去の作品を集めたWebサイト・ファイルのことを指します。自分の感性や個性をアピールすることも可能です。具体的には、クラウドソーシングで受注した案件や企業で残した実績を掲載します。ポートフォ 続きを読む

  • おすすめWebデザインのテンプレート41選|無料と有料のものを幅広く紹介

    Webデザインのテンプレートとは?Webデザインのテンプレートとは、Webサイトのデザインやレイアウトの雛形のことです。サイトの用途や予算に合わせた、様々なテーマやパッケージのものが販売されており、未経験者でも簡単に自分のサイトを作成できます。しかし、ひとくち 続きを読む

  • 無料で使えるWebデザインツール11選!選ぶ際のチェックリストも紹介

    Webデザインとは?Webデザインは、Web上に存在するホームページを制作することを意味します。他のデザインの仕事とは違い、Webデザインにはデザインだけではなくホームページとして表示するためのコーディングが必要です。Webをデザインするときは、コーディングを 続きを読む

  • Webデザイン業務が副業におすすめな8つの理由|在宅で副収入を得よう

    副業フリーランスの市場規模企業の副業解禁にも相まって、副業フリーランスの市場規模は、年々増えています。2020年に発生したコロナウイルスの発生も相まって、ここ数年で人々の働き方に対する意識が大幅に変化しました。また、ランサーズによる、フリーランス・副業・複業ワ 続きを読む

  • Webデザインの参考になるサイト37選|流行りのデザインの動向についても解説

    Webデザインの幅を広げる方法とはWebサイトを作る上でWebデザインのスキルは大変重要です。デザインによってWebサイトの見やすさ、企業やサービス内容の伝わりやすさ、ユニークさなど、見る人に与える印象が大きく変わります。多種多様なサイトデザインを研究すること 続きを読む

  • LPデザインの参考おすすめ17サイト!成功に導くポイント・見せ方のコツも紹介

    LPデザイン決定までの5つの流れLPとはランディングページの略で、Webサイトにおいてユーザーのアクションを誘導するためのページです。具体的には商品紹介ページやサービス紹介ページなどがLPになります。LPのクオリティはサイト売り上げに大きく影響するため、LPは 続きを読む

  • Webデザインを独学で学ぶには?6つの勉強方法や学習手順を解説

    独学でもWebデザインを学ぶことはできる優秀なWebデザイナーは引く手あまたで、高収入が得られる場合もあります。そのようなWebデザインを学んでみたいという人も少なくありません。しかし、専門のスクールに通わなければ学べないのではと考えている人も多くいるでしょう 続きを読む

  • BPMを導入するメリットを解説|必要な理由や海外との違いとは?

    BPMとはBPMとは「Business Process Management」を略した言葉で、業務管理手法の1つです。BPMは業務の流れをモデル化することで課題の分析を行い、課題解決のための新しい業務プロセスを作ることで、継続的に業務改善を行うというものです。 続きを読む

  • LPを構成する大切な10個の要素をご紹介|基本を押さえよう!

    LP(ランディングページ)の役割LP(ランディングページ)の役割は、webページ上の広告をクリック・タップして誘導された最初のページに対して効果的に商品やサービスの宣伝をする重要なものとなります。来訪してきたユーザーに対して購入意欲・資料請求・問い合わせといっ 続きを読む

  • 2021年Webデザインのトレンド15選|アニメーションを駆使したものも登場

    2021年のWebデザインのトレンドの傾向2021年はコロナウィルス蔓延による影響で、外出自粛やリモートワークが促進され、より長い時間を家で過ごす人が急増しました。必然的に人々がWebサイトを見る時間も長くなり、Webサイトを工夫することによる効果は大きくなっ 続きを読む

  • Webデザイン初心者におすすめの勉強法4選|おすすめの本15選も紹介

    Webデザインとは?ホームページ作成やデザインに興味がある人は、Webデザインを学んでみたいと思う人も多いでしょう。そもそも、Webデザインとはどんなことをするのでしょうか。Webデザインとは、パソコンやスマホなどのネット上に掲載されるホームページの文字や色の 続きを読む

  • Webデザインの勉強におすすめの本総合18選|独学やスキルアップにおすすめ

    WebデザインとはWebデザインとは、PCやスマートフォンなどの画面に表示されるもののデザインを作成することです。具体的には、企業などのホームページや商品紹介のWebサイトなどに、どのようなコンテンツを掲載するのか、配置や見出し、テキストの文字のフォントをどう 続きを読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む