Crazy Eggとは?機能や導入する上でのメリット・デメリットもご紹介

CXBOTTLE編集部
11

ウェブ解析ツールの「Crazy Egg」とは?


「Crazy Egg」とは、様々な機能を通して、ウェブサイトを訪れた人がサイトで何をしているのか、またなぜそのようなことをしているのかを解析する、ユーザー行動解析ツールです。

「Crazy Egg」を利用すれば、「売り上げを伸ばしたい」「購読者を増やしたい」「より多くのページビューを獲得したい」という企業の目標を達成するために、気軽にウェブサイトを最適化することができます。

Crazy Eggの主な機能4つ


Crazy Eggには主に「ヒートマップ」や「コンフェッティ」「スクロールマップ」「A/Bテスト」の4つの機能があります。

ここではそれぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

1:ユーザーのクリック箇所がわかる「ヒートマップ」

ヒートマップを使用するとウェブサイトを訪れたユーザーのクリック箇所を知ることができ、クリックされた箇所を可視化することができます。

ユーザーがどの箇所をクリックしているかを知ることで、見て欲しい箇所をもっと大きく表示したり、もっと注目してほしい箇所があれば表示場所を変えたりするなど、サイトでのコンテンツの配置やサイズについて改善すべき点を知ることができるでしょう。

2:流入がわかる「コンフェッティ」

コンフェッティではサイトを訪れたユーザーがどこから流入したのかを知ることができます。またユーザーの流入元を知るだけでなく、流入元やクリックまでにかかった時間などに分けて解析することもできます。

どこから訪れたユーザーがどのような行動をしているのか、流入元ごとの行動の違いを一目で確認することができるため、とても便利です。

3:スクロールされている箇所がわかる「スクロールマップ」

スクロールマップはサイトを訪れたユーザーがページをどこまでスクロールしているかがわかる機能です。ページのどこまでを多くの人が見ていて、どこからを見ていないかが一目でわかります。

色別に示されるため、ページの半分より下が青になっていれば、ページの半分より下を見ているのは全体の約25%以下しかいないということです。

たくさんの人に見てもらいたい内容がページの半分より下にあれば、上に配置するなどページの改善や最適化を図ることができます。

4:検証したい要素を比較できる「A/Bテスト」

Crazy EggではA/Bテストを実施することができます。A/Bテストを利用することで検証したい2つの要素を選んで比較することが可能です。

要素を選んで比較、検証することでコンバージョン率の高いアイデアを見つけられ、A/Bテストの実施によりビジネスゴールを簡単に設定したり、達成したい目的に沿ったサイト行動をマッピングしたりできます。

Crazy Eggのアカウント作成9つの手順


Crazy Eggを使用するためには、まずCrazy Eggをインストールした後、アカウントを作成しなくてはなりません。そこで、ここではCrazy Eggのアカウント作成手順についてご紹介します。

1:Shopify app storeへ移動する

まず初めにCrazy Eggをインストールすることから始めましょう。Crazy Eggをインストールするために、Shopify app storeへ移動します。

Shopify app storeへ移動したら、Crazy Eggでアプリ検索しましょう。

2:「Crazy Egg」の「Add app」をクリック

Shopify app storeでCrazy Eggを検索してページが表示されたら、「Add app」と書かれたボタン、もしくは「アプリを追加する」と書かれたボタンをクリックしましょう。

3:「アプリをインストール」をクリック

「Add app」もしくは「アプリを追加する」のボタンをクリックすると、「あなたはCrazy Eggをインストールしようとしています」という表示と、Crazy Eggでできるようになることが表示されます。

詳細や要項などを確認して、問題なければ画面右下に表示されている「アプリをインストール」ボタンをクリックしましょう。

4:インストールが完了

Crazy Eggの「App add」ボタンをクリックして、「アプリをインストール」ボタンをクリックすれば、インストールの手順は終了です。

インストールが完了するまで少し待ちましょう。

5:「Create new account」をクリック

Crazy Eggのインストールが完了したら、Crazy Eggを使用するために必要なアカウントを作成しましょう。

Crazy Eggのインストールが完了すると「Connect your Crazy Egg account」と画面に表示されます。アカウントを設定するには、このページの右下に表示される「Create new account」のボタンをクリックしましょう。

6:Eメールアドレスとパスワードを入力

「Create new account」をクリックすると、画面に「Create an account」と表示されます。その下に、Eメールアドレスとパスワードを入力する場所があるため、そこへEメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

これでアカウントが作成できます。

7:自社のURLを入力

Eメールアドレスとパスワードを入力すると、次は画面に「Create your first snapshot」と表示されます。

自社のURLを入力する箇所があるため、そこへ自社のURLを入力しましょう。

8:操作画面録画の有無を選択

自社のURLを入力後、サイト訪問者の操作録画をするかしないかの選択をする箇所があります。

サイト訪問者の操作画面録画をしたい場合には、「Yes, turn on Recordings」のチェックボックスをチェックしましょう。

また、サイト訪問者の操作画面録画をしない場合には、「No,disable Recordings」のチェックボックスにチェックを入れます。

9:「Save」をクリックして完了

自社のURLを入力して操作画面録画の有無を選択したら、最後に右下にある「Save」ボタンをクリックしましょう。

これでアカウントの作成は完了です。その後、Crazy Eggの機能の1つである「A/Bテスト」の設定や「訪問者の分析」設定などを必要に応じて行いましょう。</p>

Crazy Eggを使うメリット3つ

ここまでCrazy Eggの概要や主な機能、アカウント作成手順などをご紹介して参りました。では、ウェブページ解析ツールCrazy Eggを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、Crazy Eggを使うメリットについて3つご紹介します。

1:細かな分析ができる

Crazy Eggを使用するメリットの1つとして挙げられるのは、細やかな分析ができるということです。

Crazy Eggではサイト訪問者の地域や使用しているデバイスの種類、サイト訪問者が訪れた時間など、様々な観点からユーザーの細やかな分析をすることができます。

このようなハイレベルな分析ができるアプリは少ないでしょう。

2:導入や設定の手間が少ない

導入や設定の手間がなく簡単に取り入れることができるのもCrazy Eggを使うメリットの1つです。

高性能なウェブページ解析ツールは他にもありますが、簡単に設定でき、手間がかからないのはCrazy Eggの特徴と言えます。

初期設定にかかる時間はおよそ10分程度で、1度設定してしまえば、週に15分から30分程度のメンテナンスをするだけで、継続して使用することが可能です。

3:トライアル期間がある

Crazy Eggにはトライアル期間があるというのもメリットの1つです。無料のトライアル期間は約30日あるため、気軽にじっくりと試すことができます。

Crazy Eggには様々な料金プランがありますが、最初にどのプランにするか選択すると約30日間のトライアル期間がスタートする仕組みです。

プランによってサービス内容が異なるため、自分に適したプランを選んで試し、もし自分が思っていたものとは違った場合には解約することができます。

無料のトライアル期間が終了すると、選択したプランの料金が請求されるため、解約しようと思っている場合には注意しましょう。

出典:価格設定|Crazy Egg.Inc
参照:https://www.crazyegg.com/pricing

Crazy Eggのデメリット3つ


ここまでCrazy Eggのメリットについて3つご紹介して参りました。細やかな分析ができたり導入や設定の手間がないなど、Crazy Eggには様々なメリットがある反面、デメリットもあります。

ここではCrazy Eggのデメリットについて見ていきましょう。

1:英語で表記されている

Crazy Eggのデメリットの1つとしてまず挙げられるのが、英語で表記されているという点です。Crazy Eggは日本語の表記がなく、全て英語で表記されています。そのため、英語が得意な人は問題ありませんが、英語が苦手な人には使用するのが難しい可能性があります。

設定画面なども全て英語表記のため、書いてある内容がわからないと上手く使いこなせないということもあります。今後のアップデートが期待されます。

2:動きの多いページには向きにくい

動きの多いページには向きにくいという点も、Crazy Eggのデメリットの1つと言えるでしょう。

Crazy Eggは分析するページのスナップショットを撮り分析するため、カルーセルのような画像などのコンテンツをスライド表示するものや、コンテンツ部分を折りたたむアコーディオンなどは、どれがクリックされているのかわかりません。

そのため、動きの多いページには不向きと言えます。また、更新されるたびにページの長さが変わるようなものにも不向きです。

3:有料のプランしかない

無料のプランがなく有料のプランしかないということも、Crazy Eggのデメリットの1つと言えます。Crazy Eggには様々な料金プランがありますが、全て有料です。

全ての料金プランに無料のトライアル期間が設定されていますが、トライアル期間が終わってさらに使用したい場合には料金を支払わなくてはなりません。

そのため、無料のトライアル期間中に自分のサイトに適したアプリであるかどうかを見極める必要があります。

Crazy Eggの料金とは?


ここまでCrazy Eggのメリット、デメリットについてご紹介して参りました。上記でも少し触れましたが、Crazy Eggには様々な料金プランがあります。

どのような料金プランがあるのか、詳しく見ていきましょう。

基本の月額29ドル

まずは基本の月額24ドルのプランをご紹介します。月額24ドルのプランでは月に30,000件までのサイト訪問者の分析を行うことが可能です。

また、月100個までのサイト訪問者の操作画面録画を行うこともできます。録画した操作画面は3カ月分保存しておくことが可能です。

その他、A/Bテストを無制限に行うことができたり、便利な機能を利用したりすることができます。

出典:価格設定|Crazy Egg.Inc
参照:https://www.crazyegg.com/pricing

標準の月額49ドル

続いて月額49ドルの標準プランをご紹介します。月額49ドルの標準プランではサイト訪問者の分析を月間75,000回まで行うことが可能です。

また、サイト訪問者がサイト使用中にどのような動きをしているかを録画する操作画面録画を500個まで保存できます。録画した操作画面は1年分保存することが可能です。

基本の月額29ドルプランと同様に無制限のA/Bテストやその他便利な機能が使用できます。サイト訪問者の分析回数や操作画面録画数、保存できる期間などが月額29ドルのプランより充実しているプランです。

出典:価格設定|Crazy Egg.Inc
参照:https://www.crazyegg.com/pricing

プラスの月額99ドル

最後にご紹介するのはプラスの月額99ドルのプランです。月額99ドルのプランでは、サイト訪問者の分析を月間150,000回も行うことができます。

また、サイト訪問者のサイト上での動きを録画する操作画面録画は、1,000個までの録画が可能です。録画した操作画面は2年間分保存しておくことができます。

もちろんA/Bテストを無制限で行うことができるなど、便利な機能も使用可能です。標準の月額49ドルプランよりさらに充実した内容となっており、人気の高い料金プランとなっています。

出典:価格設定|Crazy Egg.Inc
参照:https://www.crazyegg.com/pricing

Crazy Eggでサイトの改善点を見つけてみよう


Crazy Eggの機能やアカウント作成手順、メリットやデメリットについてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。

サイトのユーザー行動解析ツールと言えばGoogle Analyticsがありますが、Google Analyticsで不十分な部分はCrazy Eggで補っていくとサイトを簡単に最適化することができます。

無料のトライアル期間もあるため、気になる方は気軽に一度試してみてはいかがでしょうか。Crazy Eggを使用してサイトの改善点を見つけましょう。

LPやWebデザインを効率的に検索するには

たくさんのサイトを検索して参考になるデザインを探すのは時間がかかって大変です。
そこでおすすめなのが、LeanGoの提供する「Dejam」です。

https://leango.co.jp/dejam/
「Dejam」は、豊富なデザインデータベースを無料で公開している、LP・Webデザインの参考事例サイトです。
業種や画面名などでデザインを検索することができます。
デザインを検索したい方は活用してみましょう。

記事スコア: 11

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む

  • Mouseflowの機能とは?料金プランや活用するメリットも確認しよう

    Webサイト分析ツール「Mouseflow」とはMouseflow(マウスフロー)はデンマークのIT企業、Mouseflow社が提供するWebサイト分析ツールです。セッションリプレイやヒートマップなどの機能を利用することによって、Webサイト上でのユーザーの動 続きを読む

  • User Heatの特徴について|料金設定や利用する手順も解説

    User Heatとはどのようなツールか?UserHeatは、Webサイトのアクセス分析などに活用されるヒートマップ(heatmap)解析ツールです。<p>ユーザーの流入数が少ない場合やコンバージョンが上がらない場合には、Webサイトの改善が欠かせ 続きを読む

  • ミエルカヒートマップの使い方のポイント|特徴や導入事例も解説

    ヒートマップ分析ツール「ミエルカヒートマップ」とはミエルカヒートマップとは、サイトに訪問したユーザーがスクロールした箇所などを見える化するヒートマップツールです。また、スクロールを終了した箇所やクリックした場所、しっかりと読んだ箇所なども色でわかるように可視化 続きを読む

  • おすすめWeb接客ツール22選|導入のメリットや選び方と種類も解説

    Web接客ツールとはなにかWeb接客ツールとは、Webサイトに来訪したユーザーに対しWebサイト上で接客し、ユーザーの購買活動の促進や疑問・不安の解消を実現するためのツールです。具体的には、カスタマーサポートとして、チャットツールなどを用いてユーザーとコミュニ 続きを読む

  • ヒートマップのおすすめツール9選|選び方や導入のメリットも解説

    ヒートマップとはヒートマップというのは、Webサイトのページ上でユーザーがとった行動をアクションの種類や頻度を色別のマップとして表現する仕組みです。ヒートマップツールとは、ユーザーのふるまいをヒートマップとして表示させることのできるツールです。ユーザー行動が色 続きを読む

  • ヒートマップを活用する6つのメリット|Webサイトの改善に活かす方法も解説

    ヒートマップとはヒートマップとは、Webサイトにおけるユーザー行動を、色によって可視化したものです。データを細かく数字で見るよりも、色の配置によってユーザーの反応が分かりやすくなります。ヒートマップの見方は大きく分けて3つあります。1つは熟読エリアと言い、ユー 続きを読む

  • CODE Marketing Cloudとは?特徴や使用するメリット

    CODE Marketing Cloudとは?CODE Marketing Cloudは、コンバージョン率の向上に役立てられる機能が搭載されたツールです。CODEが開発・提供しているもので、離脱防止やパーソナライズ化によるWebサイトのPDCAを高速で回せるW 続きを読む

  • チャットボットツール「sinclo」とは?特長や料金プランの選び方を解説

    チャットボットツール「sinclo」とは自社サービスのユーザーから寄せられる、電話やメールでのお問い合わせの対応に追われて人手不足に悩まされている企業は少なくないでしょう。そのような時に役に立つのが、今回紹介するツール「sinclo」です。sinclo(シンク 続きを読む

  • ecコンシェルを利用するメリットは?料金体系や特長も併せて解説

    Web接客サービス「ecコンシェル」とはecコンシェルとは、AIが利用されているWeb接客サービスのことです。株式会社NTTドコモが提供しています。利用者が扱いやすいインターフェイスとなっており、初心者であっても操作が簡単です。ecコンシェルを導入すれば、KP 続きを読む

  • Web接客サービス「Sprocket」とは?特長や導入の流れも紹介

    Web接客サービス「Sprocket」とは?「Sprocket」は、コンバージョンを増やすためのWeb接客プラットフォームに加えて、成果にこだわるコンサルティングが特徴のWeb接客サービスです。今までに導入し、改善した例は250社以上にも及んでいます。ユーザー 続きを読む

  • Flipdeskを利用するメリットは?料金体系や使い方も併せて解説

    Web接客ツール「Flipdesk」とはFlipdeskとはサイトの規模に左右されることなく、低コストで導入できるWeb接客ツールです。Webサイト内にタグを埋め込むことにより、自動的にサイトへの訪問者の行動を解析し、キャンペーンの告知やチャットでのサポートな 続きを読む

  • KARTEってどんなツール?主要な機能5つや企業に導入する例を紹介

    KARTEってどんなツール?KARTEは、Webサイトやアプリへの来訪者の行動や、そこから表れる感情をリアルタイムに解析・可視化し、一人ひとりに合わせた接客を可能にする顧客体験プラットフォームです。顧客体験とは、顧客が商品やサービスに興味を持ち、その商品やサー 続きを読む

  • 【納期厳守】Appseeの特徴とは?おすすめのアプリ分析ツール20選も紹介

    Appseeとは?2012年にイスラエルのテルアビブで設立されました。Appseeはアプリの最適化を目的としており、アプリ公開前の確認からアプリのUX改善まで、アプリに関するニーズに対応しています。また、Appseeを導入している企業は世界中にあり、さまざまな 続きを読む

  • Contentsquareの特徴とは?コンバージョン率向上の5ステップも

    顧客体験分析プラットフォーム「Contentsquare」とは?「Contentsquare」は、顧客の行動や感情、モチベーションなど、顧客体験を可視化できるアクセス解析ツールです。クリック率・エンゲージメント率・離脱率など、サイト上すべての要素を自動的に識別 続きを読む

  • チャットボットサービスのSYNALIOとは?特徴や料金プランを解説

    チャットボット「SYNALIO」とはSYNALIOは、チャットボット型マーケティングツールです。ここでは、SYNALIOは月間いくらで利用できるのか、どのような機能があるのか、どういった企業が導入しているのかなどを解説していきます。SYNALIOを導入して、企 続きを読む