タスク管理ツールを徹底比較!おすすめのタスク管理ツール15選

CXBOTTLE編集部
302

タスク管理とは?

タスク管理とは、仕事や学習目標などを達成するために必要な作業をブレークダウンした「タスク」の実行順序や進捗状況を管理することです。タスク管理は「ToDo管理」と呼ばれることもありますが、管理内容が異なります。

タスク管理は、プロジェクトの管理にも用いられ、納期のように決められた期日を守るために実施されます。ToDo管理は「やるべきこと」を管理することに重点を置き、期日は変更可能です。

おすすめタスク管理ツール15選


タスク管理は、ビジネスシーンから学習計画まで多くの場面で実行されているため、いろいろな種類のタスク管理ツール製品が提供されています。

タスクの管理方針が、自分が求めるものに近いタスク管理ツールを採用することで、管理効率を大幅に向上できます。ここでは、15種類のタスク管理ツールを紹介します。管理手法や方針が、管理すべきタスクに合致するタスク管理ツールを探してみてください。

1:Stock

「Stock」は、「チーム情報のストックとタスク管理を簡単に行う」ことを掲げたタスク管理ツールです。チームの情報共有で用いられるチャットやファイル共有では不便だと感じられる点を解消すべく作成されたツールで、スマホでも利用できます。

Stockはタスク管理をシンプルかつ直感的に行えるので、タスク管理ツールとしても活用できます。タスクを一覧で管理でき、複数を並行して行う場合は、再直近で行うべきタスクの把握ができるようになっています。

2:Trello

「Trello」は、カンバン方式を取り入れたタスク管理ツールで、一目でタスクの状態を確認できます。ボード上にタスクが表示されるインターフェースなので、パソコンに不慣れな人とタスク管理を共有しやすいツールといえるでしょう。

見える化が徹底されており、現状のタスクだけでなく、プロジェクトの開始から終了までも一目で確認できます。

3:Asana

「Asana」は多くの利用者がいるプロジェクトマネジメントツールで、タスク管理だけでなく、プロジェクトの目標や計画なども共有することが可能です。

タスク管理ツールとして活用することもでき、タスクを整理したり、優先順位の入れ替えを行ったりすることもできます。どこからでも参照でき、常にチーム全体でタスクの進捗状況を共有できるタスク管理ツールです。

4:Backlog

「Backlog」は国内シェアの高いプロジェクト管理ツールです。Backlogは直感的に使うことができ、ガントチャートを使ってタスクの担当者や期限の管理も行えます。

パソコンやツールに不慣れな人でも、カンバンボードやガントチャートを使ったタスク管理なら、視覚でタスクの状況を簡単に把握できます。

5:Todoist

「Todoist」は、「一生使えるタスク管理ツール」をコンセプトに開発されたタスク管理ツールで、ビジネスからプライベートまですべてのタスクを管理できます。

タスク画面にはやるべきことがすべて表示されるので、自分が抱えるタスクすべての把握が簡単にできます。タスクはプロジェクトごとに管理でき、ビジネス上のタスクとプライベートのタスクでは分けて管理できますが、同じ画面での確認が可能です。

6:Googleカレンダー

「Googleカレンダー」に「Google ToDoリスト」を連携させて、タスク管理ツールとして使えます。

Googleカレンダーを表示し、左側の「マイカレンダー」にある「ToDoリスト」のチェックボックスにチェックを入れると、カレンダーとToDoリストが連携します。ToDoリストで設定した日付がカレンダー上にも表示され、カレンダー上でのタスク管理が可能です。

7:Smartsheet

「Smartsheet」はクラウド型のプロジェクト管理ツールで、タスク管理ツールとしても使えます。マルチデバイス対応なので、どこからでも、どの端末を使ってでもタスク管理を行えます。

タスク管理だけに特化したツールではなく、プロジェクト管理の1機能としてタスク管理を行えるので、プロジェクト全体の目的や方針を踏まえてタスク管理をしていくような場面に適したツールです。

8:Group Task


「Group Task」は、デザインを抑えてシンプルにすることで、タスクの把握がしやすく、見える化を実現しているタスク管理ツールです。

テレワークやリモートワークでチームメンバーが離れた場所で作業していることを前提に、デザインや機能を最小限に絞り、どのような環境からでも利用できるタスク管理ツールになっています。見た目はシンプルですが目や脳を疲れさせることなく取り組めます。

9:Wrike

「Wrike」はプロジェクトをわかりやすく可視化して管理できるツールです。全世界で多くのユーザーに使われています。タスクの進捗だけでなく、計画や現状も同時に管理できるので、タスク管理ツールとしても活用できます。

利用者の要望から、カスタマイズで対応することができるので、プロジェクト特有の管理手法に合わせていくことも可能です。

10:Taskworld

「Taskworld」は、「コラボをスマートに」をコンセプトに、プロジェクトを横断して管理することも可能なタスク管理ツールです。テレワークを踏まえたうえで、業務効率を向上させるための支援機能を充実させています。

視覚と直感に訴える操作性なので、管理ツールに不慣れなメンバーも取りこぼすことなく、タスク管理ができる仕様で提供されています。

11:Jira Software

「Jira Software」はソフトウェア開発ツールで、計画を立ててタスクをチームに分散させ、作業状況の追跡を行えるので、タスク管理ツールとして使うこともできます。

Jira Softwareは、アジャイル開発を管理できるように機能提供されています。ほかの開発ワークフローやナレッジマネジメントのシステムとも連携できるので、プロジェクト運営に必要なツールを一連で扱うことも可能です。

12:チームハック

「チームハック」では、従来のタスク管理ツールに見られた短所やリスクを分析・改善されているため、タスク管理に時間を取られることがないので、メイン作業に注力できます。

チームハックひとつですべての機能を網羅しているため、タスク管理機能からほかの管理ツールや共有化ツールをまたいで管理する必要がなくなります。ツール間での登録漏れも防げるので、作業効率が向上するでしょう。

13:Jooto


「Jooto」はドラッグ&ドロップで基本的に操作が行え、直感的に使えるタスク・プロジェクト管理ツールです。カンバン方式なので、使い勝手だけでなく、直感的に視覚でタスク状況を理解できます。

全体の進捗状況はガントチャートで確認でき、チームメンバーのタスクを参照することもできるので、チーム全員でタスク管理に取り組めます。

14:Evernote Business

「Evernote Business」はオンライン上に置くノートというイメージのツールで、メモを書き留めたり、Webサイトで見つけた有益な情報をノートにクリップしたりできます。

共有して利用するチームのノートと個人のノートを分けて使え、チームメンバーが入れ替わる際には、資料を簡単に引き継ぐことができます。

15:monday.com

「monday.com」は、作業用OSという位置づけで使えるタスク管理ツールです。</strong>monday.comは利用者それぞれの要望にカスタマイズして使えるので、ツールに仕事を合わせることなく利用できます。

monday.comではチームメンバー全員のタスク状況を一目で確認できるので、個人のタスクだけでなくチームで一丸となってタスク管理に取り組めます。

タスク管理ツールを使用する理由


ここまでタスク管理ツールを紹介してきましたが、わざわざタスク管理専用のツールを入手しなくても、カレンダーやスケジュールツールを利用したり、Excelのようなオフィスソフトで管理したりできそうだと考える人もいるでしょう。

タスク管理は、手作業やオフィスソフトなどでも管理できますが、専用ツールを使えば単にタスク状況を把握するだけではなく、「業務効率化」という付加価値を得ることができます。

業務効率化に繋がるから

タスク管理ツールを導入せずに、独自のタスク管理方法を構築するためには、タスク管理をルール化したり、管理する仕組みを検討・作成したりする作業にかなりの工数を使うことになります。

タスク管理ツールではテレワークによる拠点の分散化やタスク管理のルール検討などがすでに盛り込まれているので、管理工数だけでなく、仕組みを検討するための工数も省くことができるため、全体の業務効率を向上させられます。

タスク管理ツールを活用して業務効率を向上させよう

タスク管理ツールには、多くの企業やプロジェクトが検討を重ねてブラッシュアップしてきた「タスク管理」の手法が盛り込まれています。管理のルール決めから管理手法まで1から構築するよりも、工数をかけずに優れた管理方法を手に入れられます。

タスク管理ツールを導入し、適切にチームタスクを管理して、業務効率を向上させていきましょう。

記事スコア: 302

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • sincloを導入する5つの効果|料金プランや充実した主な機能も紹介

    sincloチャットボットツールとはsinclo(シンクロ)チャットボットツールとは、プログラミングなどの作業不要で導入できるチャットボット型のWeb接客ツールです。Webサイトに訪れたユーザーに対して、対面での接客のような最適な顧客コミュニケーションを自動的 続きを読む

  • EFOツールGyro-nとは?主な11の便利機能や導入するメリットも紹介

    EFOとは?EFOとは「Entry Form Optimization」を略した言葉で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。EFOの目的は、Webサイトにある入力フォームを訪問者に対して最適化することで、コンバージョンの改善を行うことです。サ 続きを読む

  • Optimizelyとはどのようなツールか|ABテストの作成方法手順も

    OptimizelyとはどのようなツールかOptimizelyとは、サイト最適化に有効であるABテストが簡単に実施できるツールです。これまでABテストでは多くの部署や人が必要でしたが、Optimizelyは特別なコーディングスキルを要さず、直感的に操作できます 続きを読む

  • formrunが持つ特徴や導入メリットは?使い方もあわせて解説

    フォーム作成ツール「formrun」とはフォーム作成ツール「formrun」は、フォーム作成だけではなく、問い合わせ対応・状況の確認やメール対応まで、フォームに関わる業務をワンストップで管理できるツールです。コードの知識を要さず、多種多様なテンプレートから必要 続きを読む

  • 「BOTCHAN EFO」とは|利用料金や活用シーンについても紹介

    EFOツール「BOTCHAN EFO」とはEFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化を指します。Webサイト上での問い合わせに対して、ユーザーが個人情報などを入力しなければならないときがあります。その際に、手間がかかる 続きを読む

  • EasyEntryの特徴と料金|その他のおすすめEFOツールも紹介

    EFOツールの役割とは今回紹介するEasyEntryは、EFO(entry form optimization)ツールの1種です。EFOツールとは、ホームページのユーザーがスムーズに入力できるよう、入力フォームの最適化をおこなうツールです。たとえば、ユーザーが 続きを読む

  • EFOcatsが持つ特徴や施策の必要性とは?料金体系も確認しておこう

    EFOツール「EFOcats」とは「EFOcats」はユーザー心理を研究して開発された、スマホに最適化した入力フォームを実現するEFOツールです。他社に無い1画面1質問の形式を取っており、唯一、futureshopと連携しているEFOツールでもあります。EFO 続きを読む

  • スマートUPフォームが持つ特徴とは?他ツールとも比較して参考にしよう

    EFOツール「スマートUPフォーム」とはスマートUPフォームとは、PCサイト・スマートフォンサイト両方に対応しているフォーム改善ツールのことであり、PC独自の機能だけではなく、スマートフォンならではの入力支援サポートを備えた便利なEFOです。高い機能性はもちろ 続きを読む

  • LPのデザインの参考になるポートフォリオサイト6選といいデザインの見極め方

    LPの制作 まずは、参考にするデザインを見つけるところからあなたがこれからはじめてLP制作に取り組むとしたら、おそらく「どんなLPにしたらよいか」というデザインの壁にぶつかることになるでしょう。慣れていない人は毎回のように頭を悩ませているのではないでしょうか。 続きを読む

  • Form Assistの特徴とは?EFOの重要性や導入の際の注意点も紹介

    Form Assist(フォームアシスト)とは?Form Assist(フォームアシスト)はサービス化されたEFOツールです。EFOはEntry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略称で、入力の手間を省き、短時間で正確に入力できるように 続きを読む

  • f-tra EFOの特徴を紹介!ツールが必要な理由や選び方のポイントも

    EFOツール「f-tra EFO」とはf-tra EFOは、株式会社エフ・コードが提供する入力フォーム最適化が行えるEFOツールです。入力支援機能やレポート機能が備わっており、ユーザーがフォームから離脱するのを防ぐのに役立ちます。料金は、ドメインかつ端末が同一 続きを読む

  • GORILLA EFOの特徴を紹介!ツールを検討する際のポイントも紹介

    GORILLA EFOとは?GORILLA EFOとは、エントリーフォームを最適化するツールのひとつです。ブルースクレイ・ジャパンが開発したGORILLA EFOの「efo」は、Entry Form Optimisationの略です。このGORILLA EFO 続きを読む

  • Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

    Adobe Targetとは?Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe 続きを読む

  • Google Optimizeとは?設定方法や導入するメリットも紹介

    Google OptimizeとはGoogle Optimizeは、Googleが無料で提供しているウェブサイトやアプリのバリエーションをABテストなどでテストできるツールです。optimizeとは「最適化」という意味で、ウェブサイトやアプリを最適化することに 続きを読む

  • EFO CUBEを利用するメリット7選|導入時の注意点も紹介

    EFO CUBEとは?EFO CUBEとは「Entry Form Optimization」の略です。日本語に訳すと「入力フォーム最適化」になります。EFOは、会員登録画面や送付先画面などの入力フォームを、ユーザーが使いやすいように最適化することです。ECサイ 続きを読む

  • LPOツール「DLPO」が持つ特徴とは?料金体系も確認しよう

    LPOツール「DLPO」とは「DLPO」とはDLPO株式会社が販売している、日本国内で実績のあるランディングページ最適化ツールです。ランディングページの他にオウンドサイト、ECサイトなど様々なサイトに対応しており、ABテストや多変量テストなどを用いて、コンバー 続きを読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む