日本で活躍するグロースハックの会社は?|グロースハッカーの求人情報も

CXBOTTLE編集部
494

企業内でグロースハッカーの需要が高まっている

この記事を読んでいるあなたは、おそらく「グロースハッカー」という仕事に興味を持って情報収集しているところなのではないでしょうか。
近年注目を集めているグロースハッカーは求人サイトで募集を見かけることも多くなり、日本でも市民権を得るようになってきました。本記事では、グロースハッカーとして必要なスキルや、日本でグロースハックを展開している会社、グロースハッカーになるための方法、将来のキャリアパスについても解説していきます。

グロースハッカーの定義

「グロースハック(Growth Hack)」とは「Growth(成長)」と「Hack(知識や技術を利用して課題解決を目指す」という意味を指します。また、一般には「数値やユーザーの声を分析し、課題を解決する仕組みをプロダクトの中に組み込んでビジネスを成長させること」とされています。」
そして「グロースハッカー」とは、これらのグロースハックを行う人材のことを指します。ここまで読んでもピンとこない方がいらっしゃいましたら、グロースハックやグロースハッカーに関する基礎知識をまとめた記事も用意しています!こちらをご覧ください。
https://cxbottle.com/users/cxeditor01/Vg6Tg35Qy9k0TFPu0ScH

グロースハッカーとして活躍するために必要な素質

上で紹介した記事でも触れているのですが、グロースハッカーとして活躍するために必要なスキルは「ABCDEモデル」で説明ができます。

A=データ分析力

「Analyticity」の頭文字をとったAは「データ分析力」を表します。勘やひらめき、直感に任せるのではなく、データを分析し、より客観的で根拠のある課題を可視化して社内に示すことがグロースハッカーには求められます。
Webマーケターの方がしばしば使用するアクセス解析ツールなどが具体例ですね(Googleアナリティクスなど)。そのため、関連スキルとして統計の基本的な知識なども必要になってくるでしょう。

B=広い好奇心

こちらは「Broad Interest」の頭文字です。物事には「面」の性質があります。「点」で見るクセは視野を自然と狭めてしまうのです。ひとつの物事をいろいろな側面から見ることで、それまで見えなかった課題も浮き彫りになるでしょう。
こうした多角的な視野は、好奇心によって培われます。広い範囲にわたって興味の幅を広げることで洞察力を向上させ、グロースハッカーとしてのスキルを向上させられるはずです。

C=クリエイティブ

創造性を意味する「Creative」は、好奇心と親和性の高いスキルです。グロースハックと違いをしばしば比較されるWebマーケティングはすでに決まった形の施策が多いのですが、グロースハッカーは型にはまらないあらゆる手を尽くしてビジネスを成長させます。
グロースハックは統計的・科学的でありながらデザインやUI・UXの知見も必要なので、普段から意識したいところです。WebディレクションやLP制作などのスキルが生きる部分ですね。

D=自らを律する力

「自律的である」という「Discipline」は言葉だけでは想像しにくいかもしれません。これは、地味で地道な作業をひたすら繰り返す業務にも耐える力です。
華やかで派手に立ち回りそうに思われがちなグロースハッカーですが、実のところ、業務は小さな試行錯誤と改善の連続なのです。飽きたり投げ出したり他の人に押し付けたりすることなく自らの手で業務を遂行する力が問われます。

E=ユーザーのインサイトを理解する共感力

最後はE、「Empathy(共感的)」です。マーケティングの経験がない人は特にその傾向があるのですが、「買ってほしい」「知ってほしい」という思いが先行して、ユーザーの気持ちを置き去りにしてしまうことがあります。
グロースハッカーは、自社のプロダクトを「ユーザーは何を魅力に感じてくれるのだろう」「どうやってこの商品を知るのだろう」とユーザーの視点で見つめ直して施策を打つことになります。これには、ユーザーの心理に共感する力が問われることになるでしょう。

グロースハックに強い会社3選

ここまでグロースハッカーに求められるスキルを解説しましたが、グロースハッカーはこれらのスキルをどうやって実務に生かしているか、知りたくはないでしょうか。
そこでグロースハックを事業戦略の1つとして展開し、強みにしている3社の事例をご紹介します。

株式会社Kaizen Platform


https://kaizenplatform.com/
「世界をKAIZENする」をミッションにDXやUXのソリューションを提供する株式会社Kaizen Platformは、サンフランシスコで米国法人として2013年に創業しました。名だたる大手企業と資本提携を続け、資本金は7億に迫る勢いを見せています。
同社は、グロースハッカーを企業にアサインする「KAIZEN TEAM」という事業を展開しており、精鋭のグロースハッカーたちがWebサイトなどの改善を行っています。
https://kaizenplatform.com/ux/kaizen-team.html
https://gh-portal.kaizenplatform.net/website.html
前章でお伝えした通り、グロースハックの流れは「ビジネスにおける課題の抽出」と「改善」の繰り返しです。社名が示すとおり、株式会社Kaizen Platformはグロースハックを実践する企業の代表となるでしょう。

株式会社MESON


https://meson.tokyo/
株式会社MASONの代表である梶谷健人氏は、当メディアでもおすすめ本として紹介した「いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略」の著者でもあります。当書はグロースハックに関して三本の指に入るほどの人気書籍でもあり、梶谷氏も国内のグロースハックにおいては第一人者です。書籍のリンクを貼っておきますので、グロースハックを奥深くまで知りたい方はぜひ読んでみてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4844339923

株式会社LeanGo

当メディアを運営している弊社LeanGoもグロースハックを強みにしています。


https://leango.co.jp/
弊社はCVRを改善する提案資料をクライアントにお届けする事業を行っています。コンバージョン率はサイトビジネスの成長を把握する重要な指標であり、売上にも直接関わる数字です。「社会に居心地をよくする。」をミッションに、ユーザー目線でCVR改善の秘訣をお伝えします。

グロースハッカーのためのオススメ求人サイト

グロースハッカーとして活躍している人も、これからグロースハッカーを目指す人も、採用の市場を知っておくことは自分のポジショニングができるよい機会です。
会社がどのような内容の人材を募集していて、どんなスキルを強化していけばよいか、把握して臨むとキャリア構築がうまく進みます。

WANTEDLY VISIT


https://www.wantedly.com/
WANTEDLY VISITは240万人がビジネスSNS「WANTEDLY」から派生した、会社訪問サービスです。気になる企業に対してユーザーが「話を聞きに行く」ボタンを押すだけでカジュアルに会社訪問ができ、人材と企業のマッチングをより円滑にしました。現在は25,000社以上の会社が登録しているとのことです。

求人ボックス


https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/

求人ボックスは、さまざまな雇用形態や網羅的な仕事内容で膨大なデータベースから求人を探すことのできるサイトです。
実はこのサイト、大手求人ポータルから求人を引用しているため、このサイトを見ておけば市場動向がわかってしまいます。応募自体は元サイトへ遷移する必要がありますが、どんな求人があるかを俯瞰で知りたい場合はおすすめです。

スタンバイ


https://jp.stanby.com/

「求人検索エンジン」であるスタンバイも、求人ボックスと同じように他社サイトの求人まで網羅しているサイトです。試しに「グロースハッカー」で検索を試みたところ、190件の求人がヒットしました(2020年9月現在)。業務委託、在宅ワークなどの求人もあるので、フリーランスの方も使えます。

グロースハッカーになるためのキャリアパス

グロースハッカーになるための最短距離としばしばいわれるのは、「ベンチャー企業のWebマーケティング担当になること」です。
ベンチャー企業は大企業のように職務が縦割りになっておらず、Webマーケティング職でありながら関連業務のすべてを任されます。横断的にスキルを身につける必要のあるグロースハッカーにはまたとない好機になるわけです。
なお、グロースハッカーは最強のジェネラリストとして、AIに駆逐されず今後もずっと活躍していける職種といえます。また、スキルが醸成した暁には個人で仕事を受注することもできますし、個人事業主あるいは起業をするという選択肢もあります。もちろん企業内で立ち回ることもでき、CEOなどのポジションも決して夢ではありません。さまざまな可能性を秘めたキャリアパスが待っているでしょう。

まとめ

グロースハッカーになるのは一筋縄ではいかないというのが率直なところではありますが、努力が必要なぶん、それが叶えば自由度は大きく広がるはずです。ぜひあなたも、一流のグロースハッカーを目指してみませんか。

記事スコア: 494

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • sincloを導入する5つの効果|料金プランや充実した主な機能も紹介

    sincloチャットボットツールとはsinclo(シンクロ)チャットボットツールとは、プログラミングなどの作業不要で導入できるチャットボット型のWeb接客ツールです。Webサイトに訪れたユーザーに対して、対面での接客のような最適な顧客コミュニケーションを自動的 続きを読む

  • EFOツールGyro-nとは?主な11の便利機能や導入するメリットも紹介

    EFOとは?EFOとは「Entry Form Optimization」を略した言葉で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。EFOの目的は、Webサイトにある入力フォームを訪問者に対して最適化することで、コンバージョンの改善を行うことです。サ 続きを読む

  • Optimizelyとはどのようなツールか|ABテストの作成方法手順も

    OptimizelyとはどのようなツールかOptimizelyとは、サイト最適化に有効であるABテストが簡単に実施できるツールです。これまでABテストでは多くの部署や人が必要でしたが、Optimizelyは特別なコーディングスキルを要さず、直感的に操作できます 続きを読む

  • formrunが持つ特徴や導入メリットは?使い方もあわせて解説

    フォーム作成ツール「formrun」とはフォーム作成ツール「formrun」は、フォーム作成だけではなく、問い合わせ対応・状況の確認やメール対応まで、フォームに関わる業務をワンストップで管理できるツールです。コードの知識を要さず、多種多様なテンプレートから必要 続きを読む

  • 「BOTCHAN EFO」とは|利用料金や活用シーンについても紹介

    EFOツール「BOTCHAN EFO」とはEFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化を指します。Webサイト上での問い合わせに対して、ユーザーが個人情報などを入力しなければならないときがあります。その際に、手間がかかる 続きを読む

  • EasyEntryの特徴と料金|その他のおすすめEFOツールも紹介

    EFOツールの役割とは今回紹介するEasyEntryは、EFO(entry form optimization)ツールの1種です。EFOツールとは、ホームページのユーザーがスムーズに入力できるよう、入力フォームの最適化をおこなうツールです。たとえば、ユーザーが 続きを読む

  • EFOcatsが持つ特徴や施策の必要性とは?料金体系も確認しておこう

    EFOツール「EFOcats」とは「EFOcats」はユーザー心理を研究して開発された、スマホに最適化した入力フォームを実現するEFOツールです。他社に無い1画面1質問の形式を取っており、唯一、futureshopと連携しているEFOツールでもあります。EFO 続きを読む

  • スマートUPフォームが持つ特徴とは?他ツールとも比較して参考にしよう

    EFOツール「スマートUPフォーム」とはスマートUPフォームとは、PCサイト・スマートフォンサイト両方に対応しているフォーム改善ツールのことであり、PC独自の機能だけではなく、スマートフォンならではの入力支援サポートを備えた便利なEFOです。高い機能性はもちろ 続きを読む

  • LPのデザインの参考になるポートフォリオサイト6選といいデザインの見極め方

    LPの制作 まずは、参考にするデザインを見つけるところからあなたがこれからはじめてLP制作に取り組むとしたら、おそらく「どんなLPにしたらよいか」というデザインの壁にぶつかることになるでしょう。慣れていない人は毎回のように頭を悩ませているのではないでしょうか。 続きを読む

  • Form Assistの特徴とは?EFOの重要性や導入の際の注意点も紹介

    Form Assist(フォームアシスト)とは?Form Assist(フォームアシスト)はサービス化されたEFOツールです。EFOはEntry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略称で、入力の手間を省き、短時間で正確に入力できるように 続きを読む

  • f-tra EFOの特徴を紹介!ツールが必要な理由や選び方のポイントも

    EFOツール「f-tra EFO」とはf-tra EFOは、株式会社エフ・コードが提供する入力フォーム最適化が行えるEFOツールです。入力支援機能やレポート機能が備わっており、ユーザーがフォームから離脱するのを防ぐのに役立ちます。料金は、ドメインかつ端末が同一 続きを読む

  • GORILLA EFOの特徴を紹介!ツールを検討する際のポイントも紹介

    GORILLA EFOとは?GORILLA EFOとは、エントリーフォームを最適化するツールのひとつです。ブルースクレイ・ジャパンが開発したGORILLA EFOの「efo」は、Entry Form Optimisationの略です。このGORILLA EFO 続きを読む

  • Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

    Adobe Targetとは?Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe 続きを読む

  • Google Optimizeとは?設定方法や導入するメリットも紹介

    Google OptimizeとはGoogle Optimizeは、Googleが無料で提供しているウェブサイトやアプリのバリエーションをABテストなどでテストできるツールです。optimizeとは「最適化」という意味で、ウェブサイトやアプリを最適化することに 続きを読む

  • EFO CUBEを利用するメリット7選|導入時の注意点も紹介

    EFO CUBEとは?EFO CUBEとは「Entry Form Optimization」の略です。日本語に訳すと「入力フォーム最適化」になります。EFOは、会員登録画面や送付先画面などの入力フォームを、ユーザーが使いやすいように最適化することです。ECサイ 続きを読む

  • LPOツール「DLPO」が持つ特徴とは?料金体系も確認しよう

    LPOツール「DLPO」とは「DLPO」とはDLPO株式会社が販売している、日本国内で実績のあるランディングページ最適化ツールです。ランディングページの他にオウンドサイト、ECサイトなど様々なサイトに対応しており、ABテストや多変量テストなどを用いて、コンバー 続きを読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む