jiraとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

CXBOTTLE編集部
29

アジャイルチームの活用実績No.1のjiraについて、分かりやすく解説します。

jiraはホームページ上で、アジャイル開発に適していることを前面に押し出しています。そのため、jiraが一番おすすめなのは、アジャイルに関する知識があるメンバーで構成されたプロジェクトチームです。

実際に、アジャイル開発に有効な管理ツールであることに言及しているユーザーも多いです。

とはいえ、jiraにはカンバン方式という選択肢もあるため、通常のプロジェクト管理としても十分に使えます。この記事では、インターフェイスの方式を選択できて、さらに多彩な機能を備えているjiraについて解説します。

jiraの導入を検討している人は、ぜひご覧ください。

jiraとは

アトラシアンによって開発されたプロジェクト管理ツール

2004年にオーストラリアの企業アトラシアンによって開発された課題やプロジェクトを管理するためのツールです。導入実績としては、COSTCO、DELTA航空、VISAといった世界的な企業に利用されています。

日本ではリックソフト株式会社が、ライセンス販売。富士フィルム、グリー、ヤフーなどの企業が採用しています。

jira導入におすすめな人

プロジェクトのメンバーが、アジャイル開発に精通している場合におすすめです。

jiraは、アジャイル開発に適した機能を備えています。そのため、アジャイル開発をおこなうためのプロジェクトの場合に効果的に使えるでしょう。

ただし、別の選択肢であるカンバン方式はアジャイルに関する知識が無くても問題なく使えます。

jiraと主な競合サービスの比較

jiraのインターフェースは、カンバン方式とスクラム方式を選択することができます。どれを選択するかで、導入難易度が変わります。

初期設定でカンバン方式を選択すれば、他の管理ツールを使ったことがある人にとっては、特に難し印象もなく、問題なく利用できるでしょう。

対して、スクラム方式を選択した場合、アジャイル開発に関する知識がないと使いこなすまでに、学習の時間を要します。つまり、導入の難易度は高くなることでしょう。(アジャイル開発については、後述します。)

料金については、他の管理ツールでの採用も多い、1ユーザーごとに料金が増えるシステムです。

jiraの主な機能

jiraを利用する場合は、はじめにカンバン方式とスクラム方式を選択する必要があります。ここでは、おもにカンバン方式の機能について解説。アジャイル開発に適した機能を備えるスクラム方式(スクラムボード)については、最後に触れます。

タスク・課題管理

jiraでタスク・課題管理を行う場合に知っておきたいのが、エピックとタスクの違いです。エピックは複数のタスクで構成されています。タスクがひとつ完了するたびに、エピックの進捗率が上がる仕組みになっています。

そのため、業務内容や目標をエピックで設定しておいて、業務の細かな手順や関連する目標をタスクに設定するといいでしょう。つまり、タスクはエピックを達成するためのTODOリストとしても使えるわけです。

エピックやタスクを使うことで、手順を確認しながら業務が遂行できてミスが防いだり、小さな目標を積み重ねることで大きな目標が達成されるような見通しを立てたりするのに効果的です。

カンバンボード

カンバンボードとは、プロジェクト内のタスクをボード上に広げてわかりやすくするツールです。jiraのカンバンボードの特徴は、エピックごとにタスクを表示できることです。

さらに、ボード上からもラベルの自由な設定が可能。ラベルごとのタスクの表示機能も備えています。

たとえば、緊急度を示すようなラベルを作っておけば、緊急度ごとにタスクを表示できますよ。その結果、納期の遅れといったリスクを回避できたり、重要でないことを後回しにして、効率的な業務の遂行に役立ちます。

ガントチャート

ガントチャートはプロジェクトの進捗を把握するための工程表です。jiraではロードマップが、ガントチャートに近い機能になります。ロードマップに表示されるのは、エピックと関連する複数のタスクです。

クリック&ドラッグでチャートの移動と伸縮が可能で、直感的でわかりやすい操作性。さらに、エピックの項目の下には進捗率やタスクも表示されており、すべてのエピックの状況をひと目で確認できるようになっています。

ロードマップを使うことで、注力すべきポイントを絞ったり、プロジェクトの進捗のために完遂すべきタスクを整理できたりします。

検索とフィルタ

jiraには検索機能がついており、キーワードを検索窓に入力したり、条件を指定したりすることで、要件に合致したエピックやタスクを表示することができます。担当者や期日といった検索も可能なため、プロジェクト内の課題を柔軟に整理できます。

また、検索内容はフィルタとして登録できるため、検索に使うことが多い条件を登録しておくといいでしょう。すぐに必要な情報だけを取り出すために、便利な機能です。

ダッシュボード

ダッシュボードとは、jiraにログイン後に一番はじめに表示される画面のことです。jirraにはダッシュボードを自由に作り変える機能があります。

たとえば、カレンダーを表示して納期や予定を忘れないようにしたり、営業成績を表示して結果にコミットできるようにしたりなど、いろいろな使い方ができます。

ぜひ、自分にあったダッシュボードにカスタマイズしてみてください。

スクラムボード(スクラム方式)

スクラムボードは、アジャイル開発の管理に、とくに有効です。アジャイル開発とは、商品完成までの工程を細かく区切り、チームが1~2週間で小さな工程の完遂を目指します開発手法です。区切られた枠内では、実装とテストを繰り返し、小さいな工程を積み重ねることで、全体を完成させます。

アジャイル開発のための機能も満載なため、アジャイル形式のプロジェクトに有効活用できるでしょう

ツールのプラン・金額

jiraの料金は、ユーザー数とストレージしだいです。全プランで、ほぼすべての機能が使えるため、短期間で終わるよな小規模のプロジェクトには無料プランを利用するといいでしょう。

企業が関わるような中長期的なプロジェクトには、無料プランだとユーザ数やストレージが心もとないところ。スタンダード以上のプランが必要になってくるでしょう。

jiraのメリット・デメリット

jiraを使う最大のメリットは、スクラムボードがアジャイル開発向けだという点です。ここでは、そのほかのメリット、またはデメリットをお伝えします。

jiraのメリット

1. アジャイル開発に使いやすい

jiraのスクラムボードは、アジャイル開発を実践しやすい管理ツール。そのため、実際にアジャイル開発に使いやすいという意見はとても多く、アジャイルチームからの高い人気を誇っています。

jiraがアジャイル開発に適した理由のひとつに、アジャイル開発の運用を効率化するのに必要なスプリントに関連する機能を備えていることが挙げられます。

(単純な機能だと、スプリントを終えるまでの期間をダッシュボードに表示できます。)

アジャイル開発の計画は、「要件定義→設計→開発→テスト→リリース(運用)」の工程の積み重ねです。工程を完了するまでの期間はスプリントと言われており、通常1~2週間の短期間で設定します。

そして、スプリント内でチームが、いかに顧客が満足する機能を実現させるかが良いソフト開発のカギを握っているのです。

つまり、jiraを使うことでアジャイル開発の際に、スプリント内の工程を効率よく達成するための工夫を施しやすくなります。アジャイル開発に使いやすい要因のひとつと言えるでしょう。

2. フィルタ機能が充実

jiraのフィルタ機能では、担当者やラベル、親タスク(エピック)別に表示することができます。さらに、細かく詳細な設定もできるため、プロジェクト内のタスクを整理しやすいです。

特にラベルについては汎用性が高く、タスクの重要度に応じて分けたり、緊急度に応じて分けたりできます。優先すべきタスクもはっきりして、業務を効率化できます。

3. 直感的な操作性で使いやすい

直感的な操作性の良いところは、プロジェクトに参加するメンバーが管理ツールの学習に時間をかけなくても、ある程度は使えるようになることでしょう。

たとえば、ガントチャートの期間を表すチャートをドラッグして動かしたり、自由に伸縮させたりできます。特に、メンバー間のIT知識に差があるチームにとっては嬉しいメリットです。

jiraのデメリット

1. ユーザーがひとり増えるたびに、料金が加算される

費用が、予想以上に高くなることがあります。スタンダードにすると、プロジェクトメンバーが一人増えるごとに料金が800円ずつ増えていくため、大規模プロジェクトになるほど費用がかかることを見越しておく必要があります。

2. 初心者には使いずらい

初期設定で、インターフェースをカンバン方式とスクラム方式で選択できますが、初心者にとっては選択からつまずく可能性があります。さらに、スクラム方式を使う場合は、アジャイル開発についての知識をチーム内で共有しておく必要もあるでしょう。

まとめ

jiraはアジャイル開発もしくは、アジャイルの哲学を反映したようなプロジェクトの際に使うと効果的です。アジャイルについての知識がない場合は、カンバン方式を選択して使ったほうが良いでしょう。

カンバン方式は扱いが簡単で、直感的な操作性やタスク分類に便利なラベル機能、ガントチャートも搭載されています。アジャイルについての知識があれば、スクラム方式。分かりやすさを求めるのであれば、カンバン方式で使い分けて、jiraを導入してみてはいかがでしょうか。

記事スコア: 29

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む

  • flouuの特徴と機能4つ|flouuの導入メリット4つや料金プランなど紹介

    flouuとはflouu(フロー)とは、プライズ株式会社が提供するオンラインナレッジ共有ツールです。テレワーク人口の増加にともない社員同士が対面する機会が減っています。そのため、どのような手段で情報の管理・共有をするのかは多くの企業が抱える共通の課題となってい 続きを読む

  • Brushupとは|Brushupの特徴5選や料金プラン4選など紹介

    BrushupとはBrushupとは、イラストや動画など作品の校正や受け渡しを工程管理も含めて1つにまとめられるツールです。Webサイトやドキュメント、広告や動画、イラスト、デザインなどにコメントや手描きでフィードバック可能です。必要なやり取りも同時に行え、効 続きを読む

  • Qastとは?Qastの特徴6つと特徴的な機能7選に料金プランを紹介

    Qastとは?Qastとは、Q&Aとメモを使って社内のナレッジを共有する、知恵袋のような情報共有ツールです。社内のわかりづらい作業やシステムなど、何度も同じ説明を繰り返すのは非効率的ですが、Qastを使えばいつでもQ&Aを見直せるので、何度も説 続きを読む

  • クラウドログの特徴7つを解説!利用料金や5つの導入事例も紹介

    クラウドログ(CrowdLog)とは?クラウドログとは、クラウドワークスが提供しているクラウド型プロジェクト管理サービスのことを指します。これは、同社が以前提供していた「イノピーエム」を全面リニューアルしたものです。働き方が目まぐるしく変化している現代において 続きを読む

  • Bizer teamとは?Bizer teamの特徴6つや料金プランを解説

    Bizer teamとは?「Bizer team」とは、チームの生産性を上げることを目的としたタスク管理ツールです。チェックリストによる業務フローの可視化と、メンバー全員による進捗状況の共有ができます。それによって仕事の解像度があがり、チームが協力しやすくなり 続きを読む

  • SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAPの特徴6つや料金を解説

    SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAP(サビー・イーワップ)はジップインフォブリッジ株式会社が2006年11月から販売している、全文検索エンジンと多観点ツリー搭載の情報検索システムです。同社がすでに展開している超高速全文検索エンジンSAVVYシリーズの 続きを読む

  • ZACの特徴9つ|料金プランやZACを活用しやすい業種5つも紹介

    ZACとは?プロジェクトの成否は、企業の業績を左右するキーファクターです。プロジェクトを成功させるためには適切なマネジメントが必要ですが、従来のアナログな手法ですべて行うには限界もあるでしょう。経費管理や販売管理など、企業の基幹業務を一括して効率よく管理する必 続きを読む

  • Quipが持つ特徴4つと料金プラン|メリットや使い方も解説!

    Quipとはどんなツール?Quipは、リアルタイムのデータ、組み込みの共同作業ができるツールになります。文書やスプレッドシート、チャットがうまく組み合わさっているというものです。文書、スプレッドシート、スライドの作業を共同で行い商談で活用できます。営業活動がこ 続きを読む

  • デスクトップで使えるToDoリストのおすすめツール12選|活用するメリット

    ToDoリストとは?ToDoリストとは、「やるべきこと」のリストです。やるべきことには、仕事だけでなく、「○を買う」といった日常の買い物のメモや、「○さんに電話」「メール送信」という細かい作業も含めることができます。ToDoリストを作る方法には、メモや手帳など 続きを読む

  • Excelでスケジュール管理をするメリット6つ|注意点やテンプレートも紹介

    スケジュール管理とは仕事をする上でとても重要となってくるのが、納期を遵守することです。そのためには個人だけでなくチームメンバー全体が、何をいつまでにやるか事前に決め行動する、すなわちスケジュールを把握、管理することが重要となってきます。ここでは個人、チームでタ 続きを読む

  • Remenber The Milkって何?特徴6選やおすすめの使い方を解説

    タスク管理ツール「Remember The Milk」とは?2005年にリリースされた「Remember The Milk」は、シンプルなタスク管理ツールで、起動スピードが速く、忙しい人に最適なTo Doアプリです。Windows版、Mac版のほか、Andro 続きを読む

  • ただのメモ帳でないEvernoteとは?仕事でのおすすめの活用方法7選

    Evernoteとは?皆さんはEvernoteという言葉を聞いたことがあるでしょうか。"Evernote"とは、ノートを取るようにテキストや画像、文書など大切なものを何でも記録しておくことができるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末 続きを読む

  • Slackを活用してタスク管理!連携すると便利なタスク管理ツール7選

    Slackとは?Slackとは職場などでの新しいコミュニケーションツールの1つです。Slackはメールの様なお互いのやり取りだけでなく、会話やフォローが簡単でアイコンなどでコミュニケーションが取りやすく、通話やファイル共有、他のアプリ連携が可能です。また、グル 続きを読む

  • WBSとは?導入するべき理由5選や導入する際の注意点について解説

    WBSとは何か?WBSとは「Work Breakdown Structure」という言葉の略であり、「作業分解構成図」という意味になります。WBSという単語は、システム開発の時に使われることが多く、プロジェクトの計画を立てる時に作成します。今回は、このWBSを 続きを読む

  • タスク管理ツールを徹底比較!おすすめのタスク管理ツール15選

    タスク管理とは?タスク管理とは、仕事や学習目標などを達成するために必要な作業をブレークダウンした「タスク」の実行順序や進捗状況を管理することです。タスク管理は「ToDo管理」と呼ばれることもありますが、管理内容が異なります。タスク管理は、プロジェクトの管理にも 続きを読む

  • カンバン方式のタスク管理とは?得られる効果やおすすめアプリ・ツール6選を紹介

    カンバン方式とは何? カンバン方式は、トヨタ自動車が開発した生産管理の方法で「カンバン」と呼ばれる生産指示書により工程管理、在庫管理を行う方法です。複雑なシステムを使わずに在庫を最小にできます。ジャストインタイムと対で語られ、メンバーにわかりやすいようにタスク 続きを読む

  • Googleカレンダーをガントチャートのように使うには?連携できるツールも紹介

    Googleカレンダーとは何?Googleカレンダーというのは、Googleが提供している無料のオンラインカレンダーアプリです。GoogleカレンダーではGmailやドライブなど他のGoogleサービスと連携したり、グループでスケジュールを管理したりできます。 続きを読む