WordPressでSEO効果の高いタイトルの付け方7つ!注意点も紹介

CXBOTTLE編集部
221

そもそもSEOとは?

wordpressでサイトを運営している方はSEOという単語を聞いたことがあると思います。SEOとはSearch Engine Optimizationのことで、検索エンジンを最適化させることを意味します。GoogleやYahoo!といった検索エンジンからWebサイトに訪問する人を増やすことを目的としています。

あるキーワードが検索された場合、自分のページを上位に表示させるように施策をおこないます。


検索時にサイトが上位に表示されるようにする手法

検索時に自分のサイトが上位に表示されるようにするためには、サイトを訪問するユーザーの目的を考慮する必要があります。そのためにはユーザーの検索意図を反映させたキーワードを選んだり、ユーザーが必要としている情報を網羅したコンテンツの作成で検索流入を増やせます。

検索結果で自分のWordPressサイトが上位に表示されることにより、集客効果と拡散効果を狙えます。

タイトル付けはなぜ重要?

ページタイトルはSEOにおいて重要な役割を持っています。その理由はWebページの検索順位に影響することに加えて、検索結果でのクリック率に関わってくるからです。

ページタイトルに具体的な検索キーワードが含まれているかどうかでWebページの検索順位が変動します。また、検索上位に表示されるとユーザーのクリック率が増えるため、サイトを訪問する人も増えます。

WordPressで作ったサイトの集客効果を高めるためにも、意識的に魅力あるタイトルをつけることが求められます。

WordPressでSEO効果の高いタイトルの付け方7つ

ここまで、なぜSEOを意識しなければいけないのか、またなぜWordPressでサイトを運営する上でタイトル付けが重要なのかについて解説してきました。

しかし、いざSEO効果を意識してタイトルを付けようと思っても、どのようなタイトルにすればいいのか悩んでしまいます。ここではWordPressでSEO効果の高いSEOタイトルの付け方のコツを7つ紹介します。


SEO効果の高いタイトルの付け方1:文字数は30文字程度にする

まず気をつけるべきポイントは、文字数を30文字以下におさえることです。タイトルが長すぎると、検索結果画面ではタイトルの前半部分しか表示されません。

タイトルが省略されると、ユーザーのクリック率が下がってしまいます。パソコンでの検索だと30?35文字、スマホ表示だと36?41文字が表示限度の文字数と言われています。どちらからのアクセスにも支障がないように、文字数が30文字を上回らないタイトルをつけましょう。

SEO効果の高いタイトルの付け方2:簡潔で分かりやすいものにする

クリック率を高くするためには、不要な情報は入れずにタイトルを短く分かりやすいものにします。タイトルに入れ込むキーワードは厳選し、検索画面に表示された時にユーザーにとって内容が理解しやすいタイトルをつけましょう。

WordPress記事内のコンテンツから入れるべきキーワードを選び、1つのタイトルにつき2?3つ程度のキーワードを入れるようにします。それにより簡潔で的を射たタイトルを作れます。

SEO効果の高いタイトルの付け方3:適切なSEOキーワードを盛り込む

タイトルを決めるときにSEO効果を意識したキーワードを盛り込むことは重要です。ページタイトルには必ず記事の内容に関係するキーワードを入れましょう。


ページタイトルに検索キーワードが入っていると、検索画面での順位が上がりやすくなりますが、自身のWordPressコンテンツの内容に関係のないキーワードは入れないようにしてください。

SEO効果の高いタイトルの付け方4:キーワードを左詰めにする

キーワードを含める上で重要となるポイントは、キーワードを左詰めで順番に並べることです。人は横文字を読む時は左から右へと視線を動かします。

左詰めにキーワードを配置することで、読者の目を惹きSEOに強いタイトルにできます。WordPressでSEO効果の高いタイトルをつける時は、左詰めにキーワードを配置するようにしましょう。


SEO効果の高いタイトルの付け方5:検索意図に沿ったタイトルをつける

ページタイトルには、ユーザーが見てみたいと思えるように検索意図に合うものをつけることが重要です。それにより検索結果でのクリック率アップが狙えます。

ユーザーは検索結果に表示されたページ全てに目を通すわけではありません。自分の求める情報だとわかるように、ユーザーの検索意図に沿った内容をタイトルに入れましょう。

SEO効果の高いタイトルの付け方6:ユーザー利益に繋がるワードを入れる

SEO効果を狙うためにはタイトルにユーザーの利益につながるワードを入れ込みます。検索結果画面からWordPress内のコンテンツに飛んだ時に、そこで得られる利益やまとめられている情報をタイトルに含めます。

例えば「ワードプレスのウェブデザインについて」というタイトルよりも、「ユーザーのアクセスを増やすためのウェブデザインの作り方とは?」とした方がユーザーにクリックしてもらえる確率が上がりやすくなります。

SEO効果の高いタイトルの付け方7:興味を引くタイトルをつける

ウェブコンテンツが読者の目にとまるようにするために、ユーザーの興味をひくタイトルをつけることもポイントです。具体的には、数字や記号を使ってタイトルの視認性をあげます。

タイトルに【2020年!】や【11/1更新!】など数字や記号を含めることで文字だけのタイトルより読みやすくなります。また、検索結果で目立つことにもなるのでSEOを意識したタイトルをつけるために数字や記号を使いましょう。

WordPressでSEO効果の高いタイトルをつける時の注意点6つ

WordPressでSEOを意識したタイトルのつけ方を7つ紹介しました。しかし、タイトルをつけるにあたって、注意すべきポイントもいくつかあります。ここではタイトルをつける時の注意点を6つ紹介します。

タイトルをつける時の注意点1:キーワードを多く詰め込みすぎない

SEOで上位検索結果を狙いすぎた結果、タイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまうことはよくあります。しかし、詰め込みすぎるとコンテンツの内容がわかりにくくなり、ユーザーのクリック離れを招いてしまいます。

詰め込みすぎないよう、あらかじめ使うべきキーワードは厳選しておきましょう。コンテンツ作成時に選別しておくことで、タイトルにコンテンツの内容が凝縮され、SEO効果が期待できるタイトルになります。


タイトルをつける時の注意点2:タイトルに句読点を含めない

タイトルに「、」「。」といった句読点を含めるのは避けた方がいいでしょう。タイトルは簡潔でわかりやすいものにした方がSEO効果を狙えます。句読点を入れることでタイトルを読むときのユーザーのテンポを崩してしまうことにもなります。

どうしても途中で区切りたい時は「|」を使って区切ります。これにより、テンポを崩さずに、かつ検索結果での見栄えを悪くすることもなくキーワードを並べられます。

タイトルをつける時の注意点3:タイトルに記号を使う際は意味を持たせる

タイトルに記号を入れる場合、文字数稼ぎや見栄えのために無意味な記号を使用することは避けたいです。なぜなら検索エンジンにとって記号は無意味なものだからです。

しかし、記号でタイトルがユーザーの目につきやすくなります。【初心者向け】とすることでターゲットを強調したり、「最新版!」とすると文の区切りにもなります。

タイトルに記号を含める時は意味を持たせ、ユーザーの視認性が上がるために使いましょう。

タイトルをつける時の注意点4:他サイトと重複したタイトルにしない

上手にタイトルをつけるために、オリジナルのタイトルを考える必要があります。すでにアクセス数の多いサイトを参考にしても、類似したタイトルは避けなければなりません。

他サイトと重複したタイトルをつけた場合、類似したタイトルや同一のタイトルページが存在すると、検索順位の上昇が期待できないばかりか、検索エンジンにインデックスされず、検索結果に表示されない可能性もあります。

タイトルをつける時は、オリジナリティがあるものを作ることが、SEO的に効果があります

タイトルをつける時の注意点5:タイトル修正で順位変動が起こる

タイトルを修正すると検索順位が下がることがあります。タイトルを変更したことで、検索エンジンが該当ページを再評価するからです。

再評価中は検索順位が下がりますので、一度つけたタイトルはできるだけ修正しないほうがいいでしょう。下がったまま上がらないこともあり得ます。

ただし、もともとのクリック率が低いページのタイトルを修正することは重要です。タイトルを修正する場合は順位変動が起こることを理解した上で、慎重に行いましょう。

タイトルをつける時の注意点6:タイトルと大見出しが同一でも効果に問題はない

タイトルタグと大見出しは同一であっても効果に問題はありません。しかし、できれば大見出し(h1タグ)とタイトルに設定するテキストは同じにした方がいいでしょう。

そもそも、大見出しとタイトルの役割は同じであり、どちらもWebページの内容をユーザーに簡潔に伝えるために設定されます。SEO効果的にもユーザビリティ的にも、タイトルと大見出しは同じ内容であっても問題ありません。

WordPressでSEO効果の高いタイトルをつけて集客しよう

WordPressにおいてSEO効果を意識したタイトルは検索結果に表示されるために非常に重要な要素です。検索順位を大きく左右することになりますので、クリック率が大きく変動します。

効果的かつユーザーの興味を惹くようなタイトル付けを意識して、魅力的なタイトルを作り集客効果を高めましょう。

記事スコア: 221

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • Taskworldが持つ特徴8つとメリット4つ!料金プランや使い方も解説

    TaskworldについてTaskworldとはタスク管理ツールです。その特徴は充実した機能と、洗練され使いやすくデザインされたひとつひとつのツールの使い易さです。 機能性と使いやすさの2つを追求した、総合タスク管理、プロジェクト管理ツールとしてTaskwor 続きを読む

  • QuickSolutionの4つの特徴|7つの導入メリット・料金プランを紹介

    QuickSolutionとはQuickSolutionは、日本の産学官連携による共同研究によって開発された純国産の企業内検索ソフトです。QuickSolutionのコア・アルゴリズムは豊橋技術科学大学で開発され、その後、住友電工・住友電工情報システムが評価や 続きを読む

  • AdFlowとは?AdFlowの特徴7つに制作に必要な搭載機能7つを紹介

    AdFlowとは?AdFlowは、創業の2007年からインターネット広告を中心に10万本を超える広告クリエイティブを手掛けてきた株式会社クリエイターズマッチが、自社の業務を効率化するために開発した、制作現場から生まれたプロジェクト管理ツールです。アパレル・化粧 続きを読む

  • flouuの特徴と機能4つ|flouuの導入メリット4つや料金プランなど紹介

    flouuとはflouu(フロー)とは、プライズ株式会社が提供するオンラインナレッジ共有ツールです。テレワーク人口の増加にともない社員同士が対面する機会が減っています。そのため、どのような手段で情報の管理・共有をするのかは多くの企業が抱える共通の課題となってい 続きを読む

  • Brushupとは|Brushupの特徴5選や料金プラン4選など紹介

    BrushupとはBrushupとは、イラストや動画など作品の校正や受け渡しを工程管理も含めて1つにまとめられるツールです。Webサイトやドキュメント、広告や動画、イラスト、デザインなどにコメントや手描きでフィードバック可能です。必要なやり取りも同時に行え、効 続きを読む

  • Qastとは?Qastの特徴6つと特徴的な機能7選に料金プランを紹介

    Qastとは?Qastとは、Q&Aとメモを使って社内のナレッジを共有する、知恵袋のような情報共有ツールです。社内のわかりづらい作業やシステムなど、何度も同じ説明を繰り返すのは非効率的ですが、Qastを使えばいつでもQ&Aを見直せるので、何度も説 続きを読む

  • クラウドログの特徴7つを解説!利用料金や5つの導入事例も紹介

    クラウドログ(CrowdLog)とは?クラウドログとは、クラウドワークスが提供しているクラウド型プロジェクト管理サービスのことを指します。これは、同社が以前提供していた「イノピーエム」を全面リニューアルしたものです。働き方が目まぐるしく変化している現代において 続きを読む

  • Bizer teamとは?Bizer teamの特徴6つや料金プランを解説

    Bizer teamとは?「Bizer team」とは、チームの生産性を上げることを目的としたタスク管理ツールです。チェックリストによる業務フローの可視化と、メンバー全員による進捗状況の共有ができます。それによって仕事の解像度があがり、チームが協力しやすくなり 続きを読む

  • SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAPの特徴6つや料金を解説

    SAVVY/EWAPとは?SAVVY/EWAP(サビー・イーワップ)はジップインフォブリッジ株式会社が2006年11月から販売している、全文検索エンジンと多観点ツリー搭載の情報検索システムです。同社がすでに展開している超高速全文検索エンジンSAVVYシリーズの 続きを読む

  • ZACの特徴9つ|料金プランやZACを活用しやすい業種5つも紹介

    ZACとは?プロジェクトの成否は、企業の業績を左右するキーファクターです。プロジェクトを成功させるためには適切なマネジメントが必要ですが、従来のアナログな手法ですべて行うには限界もあるでしょう。経費管理や販売管理など、企業の基幹業務を一括して効率よく管理する必 続きを読む

  • Quipが持つ特徴4つと料金プラン|メリットや使い方も解説!

    Quipとはどんなツール?Quipは、リアルタイムのデータ、組み込みの共同作業ができるツールになります。文書やスプレッドシート、チャットがうまく組み合わさっているというものです。文書、スプレッドシート、スライドの作業を共同で行い商談で活用できます。営業活動がこ 続きを読む

  • デスクトップで使えるToDoリストのおすすめツール12選|活用するメリット

    ToDoリストとは?ToDoリストとは、「やるべきこと」のリストです。やるべきことには、仕事だけでなく、「○を買う」といった日常の買い物のメモや、「○さんに電話」「メール送信」という細かい作業も含めることができます。ToDoリストを作る方法には、メモや手帳など 続きを読む

  • Excelでスケジュール管理をするメリット6つ|注意点やテンプレートも紹介

    スケジュール管理とは仕事をする上でとても重要となってくるのが、納期を遵守することです。そのためには個人だけでなくチームメンバー全体が、何をいつまでにやるか事前に決め行動する、すなわちスケジュールを把握、管理することが重要となってきます。ここでは個人、チームでタ 続きを読む

  • Remenber The Milkって何?特徴6選やおすすめの使い方を解説

    タスク管理ツール「Remember The Milk」とは?2005年にリリースされた「Remember The Milk」は、シンプルなタスク管理ツールで、起動スピードが速く、忙しい人に最適なTo Doアプリです。Windows版、Mac版のほか、Andro 続きを読む

  • ただのメモ帳でないEvernoteとは?仕事でのおすすめの活用方法7選

    Evernoteとは?皆さんはEvernoteという言葉を聞いたことがあるでしょうか。"Evernote"とは、ノートを取るようにテキストや画像、文書など大切なものを何でも記録しておくことができるツールです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末 続きを読む

  • Slackを活用してタスク管理!連携すると便利なタスク管理ツール7選

    Slackとは?Slackとは職場などでの新しいコミュニケーションツールの1つです。Slackはメールの様なお互いのやり取りだけでなく、会話やフォローが簡単でアイコンなどでコミュニケーションが取りやすく、通話やファイル共有、他のアプリ連携が可能です。また、グル 続きを読む

  • WBSとは?導入するべき理由5選や導入する際の注意点について解説

    WBSとは何か?WBSとは「Work Breakdown Structure」という言葉の略であり、「作業分解構成図」という意味になります。WBSという単語は、システム開発の時に使われることが多く、プロジェクトの計画を立てる時に作成します。今回は、このWBSを 続きを読む

  • タスク管理ツールを徹底比較!おすすめのタスク管理ツール15選

    タスク管理とは?タスク管理とは、仕事や学習目標などを達成するために必要な作業をブレークダウンした「タスク」の実行順序や進捗状況を管理することです。タスク管理は「ToDo管理」と呼ばれることもありますが、管理内容が異なります。タスク管理は、プロジェクトの管理にも 続きを読む

  • カンバン方式のタスク管理とは?得られる効果やおすすめアプリ・ツール6選を紹介

    カンバン方式とは何? カンバン方式は、トヨタ自動車が開発した生産管理の方法で「カンバン」と呼ばれる生産指示書により工程管理、在庫管理を行う方法です。複雑なシステムを使わずに在庫を最小にできます。ジャストインタイムと対で語られ、メンバーにわかりやすいようにタスク 続きを読む

  • Googleカレンダーをガントチャートのように使うには?連携できるツールも紹介

    Googleカレンダーとは何?Googleカレンダーというのは、Googleが提供している無料のオンラインカレンダーアプリです。GoogleカレンダーではGmailやドライブなど他のGoogleサービスと連携したり、グループでスケジュールを管理したりできます。 続きを読む