Qastとは?Qastの特徴6つと特徴的な機能7選に料金プランを紹介

CXBOTTLE編集部
285

Qastとは?

Qastとは、Q&Aとメモを使って社内のナレッジを共有する、知恵袋のような情報共有ツールです。

社内のわかりづらい作業やシステムなど、何度も同じ説明を繰り返すのは非効率的ですが、Qastを使えばいつでもQ&Aを見直せるので、何度も説明を繰り返す手間が省けます。

また、Qastのメモを活用すれば、ノウハウやナレッジを社内に蓄積して、誰でも使えるように保管できます。

Qastの特徴6つ

Qastは、社内のナレッジやノウハウを簡単に共有できるツールで、Qastの特徴には、さまざまなものがあります。

ここでは、誰でも使えるシンプルな操作性、ナレッジを簡単に共有、社内情報をQ&Aとメモで集約、情報共有への貢献度をスコアで可視化、高度なセキュリティ対応、専用チャットでのサポートという、Qastの特徴について6つ紹介していきます。

1:誰でも使えるシンプルな操作性

1つめのQastの特徴は、誰でも使えるシンプルな操作性です。

Qastは、必要な機能だけを搭載していて、シンプルなUIと操作性なので、使い方に迷うことなく簡単に利用できます。

業界や職種に関わらず誰でも簡単に投稿できるので、何度も質問が発生するような作業など、さまざまなノウハウやナレッジを簡単に共有して活用できるようになります。

2:ナレッジを簡単に共有

2つめのQastの特徴は、ナレッジを簡単に共有できることです。

ビジネスを円滑に進めていくためには、社内のナレッジを共有して、誰でもすぐに使えるような状態にしておくことが大切です。

Qastでは、Q&Aやメモ機能などによって社内のナレッジを簡単に共有できるので、わかりにくい作業や細かい注意点など、説明にかかる時間を短縮できることでしょう。

3:社内情報をQ&Aとメモで集約

3つめのQastの特徴は、社内情報をQ&Aとメモで集約できることです。

社内にあるナレッジやノウハウを活用するためには、いつでもすぐに閲覧できるような形で保管しておくことが大切です。

Qastでは、社内でよくある質問をQ&Aに保存して、個人のナレッジをメモに投稿して保存し、社内の情報を1か所に集約して管理できるので、必要な情報がすぐに見つかることでしょう。

4:情報共有への貢献度をスコアで可視化

4つめのQastの特徴は、情報共有への貢献度をスコアで可視化できることです。

Qastでは、メモやQ&Aなどの投稿数や反応数によって投稿者にスコアが付与され、情報共有における個人の貢献度をスコアで可視化できます。

情報共有への貢献度をスコアで可視化することで、より有益な情報を投稿しようと競争意識が芽生え、投稿が促進されるようになり、社内のノウハウがより積みあがることでしょう。

5:高度なセキュリティ対応

5つめのQastの特徴は、高度なセキュリティ対応です。

社内でナレッジやノウハウを共有する場合、外部に情報が洩れてノウハウを盗まれたり、ハッキングなどによってデータが消えてしまったりしないように注意する必要があります。

Qastでは、信頼性の高いデータセンターを利用してハッキングを防いだり、不正アクセスの監査やデータの暗号化によって情報漏えいを防いだりするなど、高度なセキュリティ対応があります。

6:専用チャットでのサポート

6つめのQastの特徴は、専用チャットでのサポートです。

情報共有に関するツールを導入する上で、使い方がわからなくなったりトラブルが発生したりする可能性があるので、どのようなサポートを受けられるのかをチェックしておくことが大切です。

Qastでは、サポートスタッフにつながる専用チャットでのサポートがあり、わからないことやトラブルが発生した場合にも迅速なサポートを受けられます。

Qastの特徴的な機能7選

Qastは、誰でも簡単に情報を共有できる便利なツールで、Qastの特徴的な機能には、いくつかのものがあります。

ここでは、匿名投稿・回答機能、テンプレートを活用した投稿、柔軟な閲覧権限設定、既読者と人数を可視化、検索機能、ユーザーごとの通知設定、Slack・Teamsと連携という、Qastの特徴的な機能について7つ紹介していきます。

1:匿名投稿・回答機能

1つめのQastの特徴的な機能は、匿名投稿・回答機能です。

情報共有のためのツールを導入しても、まわりの目を気にしてしまって質問がしづらくなり、うまく活用できなければ意味がありません。

Qastでは、匿名投稿・回答機能によって匿名で質問や回答が可能なので、小さなことでも質問しやすい環境が生まれ、より細かな部分まで情報やルールなどを共有できるようになることでしょう。

2:テンプレートを活用した投稿

2つめのQastの特徴的な機能は、テンプレートを活用した投稿です。

Qastは、質問やメモの形式を予めテンプレート保存でき、同じ形式で見やすい質問やメモを作成できます。

テンプレートを活用して投稿すれば、タグの付け忘れなどで検索できなくなるような事態を防いだり、投稿を作成するための時間を短縮したりでき、誰でも情報を受け取りやすい投稿を作成できることでしょう。

3:柔軟な閲覧権限設定

3つめのQastの特徴的な機能は、柔軟な閲覧権限設定です。

Qastでは、フォルダごとに柔軟な閲覧権限を設定でき、特定の人だけでノウハウやナレッジを共有することも可能です。

外部に漏えいできないナレッジや、特定のポジションの人に共有してほしい情報、部署内だけで共有したい情報など、閲覧権限を設定しておけば、不用意に情報が漏えいしたりする事態を防げることでしょう。

4:既読者と人数を可視化

4つめのQastの特徴的な機能は、既読者と人数を可視化できることです。

Qastでは、各投稿の既読人数と既読者を可視化していて、どれくらいの人が投稿を閲覧したか、誰が投稿を閲覧したのかをチェックできます。

既読者と人数を可視化しておけば、誰がどのような情報を持っているかをある程度把握できるので、認識の相違を防いで円滑に作業を進められることでしょう。

5:検索機能

5つめのQastの特徴的な機能は、検索機能です。

Qastには、投稿済みのQ&Aやメモを見返すために、投稿を探し出すための検索機能が搭載されています。

Qastに投稿されているテキストから検索したり、PDFやExcelなどの添付ファイル内の文字列から検索したり、投稿ファイル内のタグから検索したり、検索対象が豊富なので、欲しい情報がすぐに見つかることでしょう。

添付ファイル内検索

Qastには、添付ファイル内の文字列を対象にした添付ファイル内検索が可能です。

PDFやPower Point、WordやExcelの中にある文字列を対象にして、検索した文字列と一致する文字列がファイル内にあった場合、検索結果に反映されます。

画像としての文字列は検索対象外ですが、添付ファイル内の文字列が検索対象になることで、必要な情報を探しやすくなっています。

タグ検索

Qastでは、投稿時に設定したタグを基にタグ検索が可能です。

投稿時にタグを設定しておくことで、トップ画面でタグをクリックするだけで関連情報を簡単に検索できるようになります。

よく使うキーワードなどをタグとして設定して、テンプレートでタグの付け忘れを防止するなどしておけば、誰でも簡単に必要な情報を見つけられることでしょう。

6:ユーザーごとの通知設定

6つめのQastの特徴的な機能は、ユーザーごとの通知設定が可能なことです。

Qastでは、ユーザーごとに任意のタイミングで通知設定を切り替えられるので、会議中などの通知を控えたい場合にも、通知が来ないように設定できます。

また、質問が未解決のままになっている場合や、投稿が更新されたタイミングに通知を送れるので、情報を常に最新の状態に保って、質問内容がわからない状態のままになることを防げます。

7:Slack・Teamsと連携

7つめのQastの特徴的な機能は、Slack・Teamsと連携できることです。

Qastでは、ビジネスシーンでよく利用されるSlack・Teamsのようなツールとも連携が可能で、Slack・Teamsでのメッセージを投稿できます。Slack・Teamsと連携できれば、コミュニケーション内での情報をナレッジとして蓄積できるので、説明などの手間も省けることでしょう。

Qastの料金プラン3つ

Qastは、簡単に社内の情報を共有してナレッジを蓄積できるツールで、Qastの料金プランには、大きく分けて3つのものがあります。

ここでは、フリープラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランという、Qastの料金プランについて3つ紹介していきます。

1:フリープラン

1つめのQastの料金プランは、フリープランです。

フリープランは、無料で利用できる料金プランで、必要最低限でお試し程度の機能を使用できます。

使用可能なユーザーは10人まで、投稿1つあたりのファイル容量は10MBまで、使える機能は基本機能のみです。Slack・Teamsと連携できますが、その他の機能は使用できないので、お試し感覚で導入するためのプランです。

出典:料金プラン
参考:https://qast.jp/pricing

2:スタンダードプラン

2つめのQastの料金プランは、スタンダードプランです。

スタンダードプランは、1ユーザーあたり月額600円からで、基本機能以外にも投稿データのCSVエクスポートや社員IDでのログインなどの機能があります。使用可能なユーザー数は20人~で、投稿1つあたりのファイル容量は50MBと、本格的にナレッジを共有して運用したい方におすすめのプランです。

出典:料金プラン
参考:https://qast.jp/pricing

3:エンタープライズプラン

3つめのQastの料金プランは、エンタープライズプランです。

エンタープライズプランは、1ユーザーあたり月額900円からで、スタンダードプランの機能に加えて、IPアドレス制限やシングルサインオンなどのセキュリティに関する機能が盛りだくさんです。使用可能なユーザーは20人~で、投稿1つあたりのファイル容量は250MB、専属のコンサルタントも付くので、サポートを重視する方にもおすすめのプランです。

出典:料金プラン
参考:https://qast.jp/pricing

全社的な情報共有を実現できるQastの導入を検討しよう!


ここまで、Qastの特徴や機能、料金プランなどについて紹介してきました。

Qastは、社内でナレッジやノウハウを共有して、いつでもだれでも使えるような状態にしてくれる便利なツールです。

情報共有の方法で悩んでいる方は、ぜひ全社的な情報共有を実現できるQastの導入を検討してみてください。

記事スコア: 285

CXBOTTLE編集部の他の記事も読む

  • sincloを導入する5つの効果|料金プランや充実した主な機能も紹介

    sincloチャットボットツールとはsinclo(シンクロ)チャットボットツールとは、プログラミングなどの作業不要で導入できるチャットボット型のWeb接客ツールです。Webサイトに訪れたユーザーに対して、対面での接客のような最適な顧客コミュニケーションを自動的 続きを読む

  • EFOツールGyro-nとは?主な11の便利機能や導入するメリットも紹介

    EFOとは?EFOとは「Entry Form Optimization」を略した言葉で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳すことができます。EFOの目的は、Webサイトにある入力フォームを訪問者に対して最適化することで、コンバージョンの改善を行うことです。サ 続きを読む

  • Optimizelyとはどのようなツールか|ABテストの作成方法手順も

    OptimizelyとはどのようなツールかOptimizelyとは、サイト最適化に有効であるABテストが簡単に実施できるツールです。これまでABテストでは多くの部署や人が必要でしたが、Optimizelyは特別なコーディングスキルを要さず、直感的に操作できます 続きを読む

  • formrunが持つ特徴や導入メリットは?使い方もあわせて解説

    フォーム作成ツール「formrun」とはフォーム作成ツール「formrun」は、フォーム作成だけではなく、問い合わせ対応・状況の確認やメール対応まで、フォームに関わる業務をワンストップで管理できるツールです。コードの知識を要さず、多種多様なテンプレートから必要 続きを読む

  • 「BOTCHAN EFO」とは|利用料金や活用シーンについても紹介

    EFOツール「BOTCHAN EFO」とはEFOとは、Entry Form Optimizationの略で、入力フォーム最適化を指します。Webサイト上での問い合わせに対して、ユーザーが個人情報などを入力しなければならないときがあります。その際に、手間がかかる 続きを読む

  • EasyEntryの特徴と料金|その他のおすすめEFOツールも紹介

    EFOツールの役割とは今回紹介するEasyEntryは、EFO(entry form optimization)ツールの1種です。EFOツールとは、ホームページのユーザーがスムーズに入力できるよう、入力フォームの最適化をおこなうツールです。たとえば、ユーザーが 続きを読む

  • EFOcatsが持つ特徴や施策の必要性とは?料金体系も確認しておこう

    EFOツール「EFOcats」とは「EFOcats」はユーザー心理を研究して開発された、スマホに最適化した入力フォームを実現するEFOツールです。他社に無い1画面1質問の形式を取っており、唯一、futureshopと連携しているEFOツールでもあります。EFO 続きを読む

  • スマートUPフォームが持つ特徴とは?他ツールとも比較して参考にしよう

    EFOツール「スマートUPフォーム」とはスマートUPフォームとは、PCサイト・スマートフォンサイト両方に対応しているフォーム改善ツールのことであり、PC独自の機能だけではなく、スマートフォンならではの入力支援サポートを備えた便利なEFOです。高い機能性はもちろ 続きを読む

  • LPのデザインの参考になるポートフォリオサイト6選といいデザインの見極め方

    LPの制作 まずは、参考にするデザインを見つけるところからあなたがこれからはじめてLP制作に取り組むとしたら、おそらく「どんなLPにしたらよいか」というデザインの壁にぶつかることになるでしょう。慣れていない人は毎回のように頭を悩ませているのではないでしょうか。 続きを読む

  • Form Assistの特徴とは?EFOの重要性や導入の際の注意点も紹介

    Form Assist(フォームアシスト)とは?Form Assist(フォームアシスト)はサービス化されたEFOツールです。EFOはEntry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略称で、入力の手間を省き、短時間で正確に入力できるように 続きを読む

  • f-tra EFOの特徴を紹介!ツールが必要な理由や選び方のポイントも

    EFOツール「f-tra EFO」とはf-tra EFOは、株式会社エフ・コードが提供する入力フォーム最適化が行えるEFOツールです。入力支援機能やレポート機能が備わっており、ユーザーがフォームから離脱するのを防ぐのに役立ちます。料金は、ドメインかつ端末が同一 続きを読む

  • GORILLA EFOの特徴を紹介!ツールを検討する際のポイントも紹介

    GORILLA EFOとは?GORILLA EFOとは、エントリーフォームを最適化するツールのひとつです。ブルースクレイ・ジャパンが開発したGORILLA EFOの「efo」は、Entry Form Optimisationの略です。このGORILLA EFO 続きを読む

  • Adobe Targetの特徴とは?費用やその他のツールもあわせて紹介

    Adobe Targetとは?Adobe Targetは、精度の高いテスト、パーソナライズされたターゲティング表示の最適化、適切なレコメンドで収益化を可能にするソーシャルツールです。コンバージョンを上げるためには、ユーザー行動の把握が欠かせません。Adobe 続きを読む

  • Google Optimizeとは?設定方法や導入するメリットも紹介

    Google OptimizeとはGoogle Optimizeは、Googleが無料で提供しているウェブサイトやアプリのバリエーションをABテストなどでテストできるツールです。optimizeとは「最適化」という意味で、ウェブサイトやアプリを最適化することに 続きを読む

  • EFO CUBEを利用するメリット7選|導入時の注意点も紹介

    EFO CUBEとは?EFO CUBEとは「Entry Form Optimization」の略です。日本語に訳すと「入力フォーム最適化」になります。EFOは、会員登録画面や送付先画面などの入力フォームを、ユーザーが使いやすいように最適化することです。ECサイ 続きを読む

  • LPOツール「DLPO」が持つ特徴とは?料金体系も確認しよう

    LPOツール「DLPO」とは「DLPO」とはDLPO株式会社が販売している、日本国内で実績のあるランディングページ最適化ツールです。ランディングページの他にオウンドサイト、ECサイトなど様々なサイトに対応しており、ABテストや多変量テストなどを用いて、コンバー 続きを読む

  • jootoとは?機能・料金を競合サービスと比較解説

    この記事では直感的な操作性で使いやすいと言われているjootoについて解説します。プロジェクトの遂行に欠かせないのが、プロジェクト管理ツールの存在です。特に、リモートワークが推奨される最近の状況からも、管理ツールはさらに重要になりましたよね。そして、管理ツール 続きを読む

  • Web接客ツール別の導入事例20選を紹介!失敗しない選び方とは?

    Web接客とは?Web接客とは、企業などのサイトを訪れた人に、店舗やその他での対面と同じような接客を行うことを指します。質問や疑問に答えたり購入アイテムの提案を行ったりすることで、サイト訪問者をお客さんとして囲い込み、サイトの販売率や定着率アップに繋げます。W 続きを読む

  • Ptengineを使うメリット7つ|導入手順や料金プランも紹介

    Ptengineとは?Ptengineとは、サイト運用を直感的にワンストップで最適化するサイト運営プラネットフォームのことです。現在、運営しているサイトにタグを1つ設置するだけで直感的な分析を行えます。様々なデータをヒートマップで視覚化、また簡単ABテストなど 続きを読む

  • サイト解析ツールSiTestとは?料金体系や使い方の手順も紹介

    SiTestとはSiTestとは、国内で唯一のランディングページ最適化ツールです。Webサイトのヒートマップ解析やサイト訪問者の行動を録画できる録画再生機能を装備しています。また、Webサイトの改善のためのA/Bテスト機能やポップアップ機能、エントリーフォーム 続きを読む